8月初日。

ブログをお休みしている間に既に10月に成って仕舞いました。
釣りをして居なかった訳ではないのですが、筆を取るモチベーションが低く、なかなか再開する事が出来ませんでした。
釣りは、8月末からシーバスモード全開と成り、連日海へ川へと通っています。
ここにきて水温の低下のお陰かたいぶ状況は上向いて来たようです。
チャンスを求めての徘徊を今年も続けて行きます。


相模川に参戦し始めたのは8月末。
状況を見ながら参戦するタイミングを見ていたが正直乗り遅れました。
”もう一週早く参戦してればな~”と感じたのですが、スポットで参戦では上手くはそうそう行きません。
経験の積み重ねもまだまだ足りずなかなか思ったようには行かないリーバーでの釣りでした。


8月24日
日没前からエントリー。
イナのたまっているポイント近くで回遊待ち。
暗く成りきる前にチャンスはやって来た。
久し振りの70アップ。
やはり大きき事は良い事だ!
74cm
e0066115_15301414.jpg


8月27日
日を開けて再び同じパターンを狙って60アップをキャッチ。
夕方の回遊実績は其れなりに有る事を感じる。
65cm
e0066115_15312746.jpg

少しずつ実績を増やしてパターンを掴んで行きたい。
[PR]
# by uniglobe1 | 2010-10-01 15:31 | 釣り

ハンティング

9月26日

昨日は台風の影響が残り、朝のうちの雨は大したことない物の激しい風は吹き続けていた。
”こんな状況で仕事前にわざわざ無理して出かけることないか~”2時に目覚ましで起こされるとまず思ったのはそんな事。
しばらくの間ボケボケの頭で止めようと考えていたが、”こんな時こそチャンスがあるかも!”そう思ったら行かずには居られなかった。

3時前には相模川にエントリー。
水温低下と増水、流れの強さなどを考えて前回のランディングし損ねたポイントに入った。
流石に貸切状態。
出る可能性は十分に有ったと思う。
強い北風を斜めに背に受け、風に乗せてダウン気味にルアーを送り込み続けた。
・・・が明けきった5時半まで投げてノーバイト。
キャッチどころかバイトすら得る事は出来なかった。
”こんな時こそランカーキャッチ!”っと思ったけれど甘くは無かったです。
でも、それは其れ。
行かなければチャンスは無いのだからエントリーした事だけである意味十分な結果だった。


家にいったん帰ったが仮眠を取る間もなく仕事の時間。
仕事はエコ減税絡みで忙しく睡眠不足から来る頭がボーっとした状況に成る事もあったが、順調にこなした。

そして、帰宅後は残業で帰りが遅くなった奥さんに代わって家事をこなした後、再び相模川へエントリーした。


昨夜は結果的ではあるが、大場所2個所でディープにウェーディングしてシーバスを狙った。

1場所目は潮位はソコリに近い状況で有ったが流れは充分にあり雰囲気は悪くは無かったがベイト感には欠けた。
流れが緩んだ時にベイトの波紋一つ出無い様では釣れる気はしない。
一時間近く投げたが、反応が全く無いのでベイトが入っていると聞いていたエリアに移動する事にした。
やはりと言えばやはりなのだが、岸際に戻った際もシャローに居るベイトの量は著しく少なかった。


2場所目には先行者が居たのでかなり離れた下流に入った。
潮位は底寸前。
水の無さから仮眠を取ったりと休んでいる人も多いのだろうが、今夜は干潮前後がお目当て。
沖に有るスリットを狙う積りでディープに立ち込んだ。


”時合い待ち”ってしてますか?
”ポイントに入っても投げずに時が来るのを待つ”のだそうが、それって”どんな時を?”
自分は今までそんな事全くして来なかっただけに疑問は沢山有る。
時合いを把握していればそれはそれで理解できるが、経験不足ではそんな事解かる訳も無く。
でも、今回は解からないながらもそんな事少ししてみた。


立ち位置でじっとしながら投げずに川面をじっくりと観察。
ベイトの動き気にしながら、五感を研ぎ澄まして行く。
変化の有った時と何かを感じた時だけキャスティングした。
投げ続けていないと落ち着かなかった事が嘘の様にこれはこれで集中する事が出来る。
獲った感のある釣りを目指したいと思っているだけに、少し閃くものが有った。


ファーストヒットは少し上げ始めてから。
ベイトが沖でざわめいたのを見逃さなかった。
(自分の視力では全く見えて居なかったので、正確には聞こえたのだが・・・)
だいたいの方向にキャストしたが距離は少し足りて居なかったと思う。
しかし、一発でヒット!
エラ洗いをかわしてランディングした。
e0066115_1641451.jpg

サイズは61cmだが体高があって綺麗な魚体をしていた。
有りがたい1本目。


追釣を狙いながらも、スタイルは崩さず。
変化を狙い。
撃ちすぎには注意を払った。

2ヒット目はセイゴ。
e0066115_16424566.jpg

サイズは小さいが少し上流でのベイトの動きに変化を感じてキャストした結果。
ベイトの動きが分かる事が重要なのは間違いない様ではある。

その後、上げの潮に期待したが、ワンバラシのみで終了。
3時半まで粘って仕舞ったが、さすがに仕事に支障をきたすと思い朝を待たずに終了とした。


今までやってきたシーバスフィッシングとはだいぶ違うがハンティング的な要素が強いこの釣りの魅力を感じずには居られない。
今更ではあるが、リバーシーバスフィッシングの魅力的な一面なのかもしれない。
[PR]
# by uniglobe1 | 2010-09-26 23:59 | 釣り

せっかくだったのに~

9月23日

さっきまで雨の中相模川を撃ってました。

夕方、明るいうちにエントリーして状況を観察。
まだまだ獲った事のにパターンに胸躍らせて、あれこれ想像しながらチャンスを待ちました。
川はダム放水中とあって普段より軽く1mは潮位が高い状況でした。

結果・・・
e0066115_16311640.jpg

脂乗って居てメチャメチャ旨いです!

狙ったわけではないですが、2ゲット出来ました。
これがかなりのサイズです。
e0066115_16293561.jpg

ルアーにアタックしてきているのか?
”落ちアユの時期はでかいルアーで無いと釣れる気がしない”と知り合いが言っていた事納得です。

それはさておき、実釣は・・・

此処では出せないと思いポイント移動。

移動先では早々にヒットを引き出しランディングしたものの、増水している状況では土手の傾斜面を利用するしかなく、ランディング直後にフックオフ・・・
手で押えたものの暴れてさよなら~っとなって仕舞いました。
サイズは50㎝台だから大したことは無いのですが、0と1とではだいぶ違うので獲っておきたかったとゆうのが正直な処です。
おまけに先日ランディング用のネットまで購入していたのに・・・

まっ!又頑張って獲りましょう!
[PR]
# by uniglobe1 | 2010-09-23 23:59 | 釣り

月明かりの下。

9月20日

昨夜は22時位から相模川にエントリー。
ベイトの波紋も先日の雨後の中では最も多く、良い状況を期待させた。

やはり風波が無い方がベイトの動きや流れのよれなど水面の変化が判りやすい。
今夜は月明かりに照らされた水面は明るく、ベイトの波紋が明瞭に見てとれた。
ボイルは無いものの、時折ざわめくベイト達の状況からシーバスの存在を感じる事が出来る。

時間の経過と共に月は西に傾き光量は減ったが、それでも街の明かりを反射した空は明るく十分な視認を確保出来ていた。

無駄撃ちを減らして、ベイトの動きにリンクさせてルアーを投げ続けていると、反応が出た。
明確なバイトの直後から激しいエラ洗い!
ロッドを寝かして抑え込んでも更にエラ洗い!
やたらめったら元気なシーバスがヒットした。

飛び跳ねまくるシーバスはシルエットからそこそこサイズ。
エラ洗いの勢いを使って一気にランディングした。
e0066115_16231226.jpg

ヒットルアーはガロン13。
今夜から初使用のアルミ貼りナチュラルカラー。
ローリング具合が堪らなく良い。
e0066115_16244884.jpg

早いタイミングでのキャッチにサイズアップを期待して追釣を狙ったがなかなか反応は出なかった。
期待した下げの潮に入ってからとゆうものベイトのザワメキも無くなりシーバスの気配が消えた。
獲れる状況では無くなって行く。

明けの時合いでワンヒット拾う事は出来たが、ドラグを出されてフックアウト、シーバスだとしたらそこそこのサイズだったはず。
完全に明るくなるまで続けたがその後の結果は出せなかった。
[PR]
# by uniglobe1 | 2010-09-20 23:59 | 釣り

予定通り?かな・・・

9月17日

今朝は仮眠を取った後、深夜1時から相模川にエントリーした。
エントリーしたポイントのシャローにはベイトがちらほら見受けられ、シーバスが入って来る可能性は十分ある様に思われた。
後はタイミングの問題。
予定通り、迷いを振り切って下げ狙いの回遊待ちの釣りに徹した。

小規模な移動はしたものの基本的にはブレイク狙いでルアーを投げ続けた。
時間はどんどん過ぎて行く。
まちの明りは空を明るく水面を照らしているので、表層の変化は真っ暗な中でもよく見える。
時折、単発でベイトが逃げる波紋が見受けられたが、ボイル等は一切おきなかった。

投げ始めて2時間以上経過した頃、下流側キャスト圏内2箇所で魚の跳ねによる波紋が立った。
"シーバス?”
近い方にルアーをキャストすると波紋の向こう側に着水したのが目視出来た。
”距離は足りた!”
テロテロとリトリーブすると波紋の位置を過ぎてもバイトは無い。
”違ったか?”そう思った直後、バイトが発生してエラ洗い!
”やった!”
引きの強さからそれほどのサイズで無い事は直ぐに判ったが、獲った感のある1本には違いなかった。
大事な一本、写真撮影の為に陸まで戻った。

サイズは53㎝。
e0066115_16175796.jpg

ヒットルアーはガロン13。
表層をテロテロ引いてのヒットだった。

写真撮影してリリース後、朝が明け切るまで投げ続けたが2度目のバイトは無かった。
厳しい状況は変わらない様である。
[PR]
# by uniglobe1 | 2010-09-17 23:59 | 釣り

右往左往

9月16日

昨夜も相模川にエントリーした。
夕方少し覗いたが今一つピンと来るものが無かったので一度帰って仮眠を取り深夜からエントリーしなおした。

目を覚ましたのは久保田君からのランカーキャッチメール。
何時もの事だが、激しく目が覚める一品!
”おめでと~(^^)!” と言いながらも自分も釣りたいのはアングラーとして当然の事。
この秋、まだランカーのキャッチの無い自分としては最も欲しい結果。
ホントに羨ましい!

しかし、これでペースを崩しては行けない事も過去の経験で知ってはいる。
確り、自分のペースを守り、自分なりのやり方で攻めていかなければ結果まど出ないと思っている。

久保田君をはじめコタカさんや松山さんなど、助言をしてくれる釣友が居るのはありがたい事だけに、結果に辿り着いて報いたく思っている。

しかし現実は厳しく、今夜は3場所を廻ってシーバスを探したが、ノーバイトで終了。
なかなか上手く行かない。
ただ、思ったのは獲れてる人でもキャッチ数は少ない。
紙一重の状況は自分程度の時合いの読みでは移動を繰り返すと外す事が多くなりかねない。
経験の薄い人ほど動き過ぎる傾向がある事は、自分の過去からも感じられる。
サーフでの”ランガンすべきか?回遊待ちするべきか?” と同じ命題であると感じた。

ならば、じっくり行きましょう!
今夜は深夜からの下げ狙いじっくり回遊待ち。
絞ったエリアで時合いをじっくり投げながら待つ事としました。

仮眠後に出撃します。
[PR]
# by uniglobe1 | 2010-09-16 23:59 | 釣り

経験不足

9月15日

昨夜は予定通り19時ぐらいから相模川に釣行。
下げ止まり周辺の2時半位までかけて、2場所を廻ってシーバスを探索したが、最後まで反応を得ることは出来なかった。

予定外の強い雨の中ではベイトが居るのか居ないのかもよく判らず、過去の実績だよりでルアーをおくり続けた。
しかし、ポイントによっては全く実績の出せていない場所も有り、自分の経験からしか判断できないのは集中力を維持する上ではマイナスの要素に成ってしまう。
獲れる状況なのか、獲れない状況なのか、その判断が付かない事にはどうしようもない。
釣果を出し続けて学んでいくしかないのだろう。

今夜も相模川に行って来ます。
[PR]
# by uniglobe1 | 2010-09-15 23:59 | 釣り

秋の湘南サーフ開幕はどうなる?

9月14日

湘南のサーフエリアで唯一数サイズともに狙える初秋のイカパターンだが、9月半ばに入ってもとても開幕といえる状況には成って居ない。
猛暑の影響で海水温は高く、今日の平塚観測塔での水温は26℃台、昨年の同日では22℃台だった。
ここ数年は8月中から開幕だったが、今年はどうなる事やら・・・
現状ではまだまだ川に入っていた方がキャッチ率は高そうだ。

昨夜は早い時間から湘南サーフへ入った。
状況を見ながらサーフが振るわない様であれば深夜から朝にかけては川に入ってシーバスキャッチを目指そうと思っていた。

サーフは下げが効き始めてからは良い流れが出た。
ベイトも見受けられボラやダツの跳ねも多数だったので状況は良かった。
雰囲気は何時出てもおかしくは無かったのだが、反応は薄く、何バイトか拾う事は出来たが、明確なヒットは発生しなかった。

深夜に吹き始めた北風は強く、川で釣りをするには最悪の条件、プランがにみるみる崩れて行く。
結局朝までサーフでルアーを投げ倒して、撃沈!
思った様な釣りの出来ない夜だった。

今夜は下げが効き始めた頃から相模川に入ろうと思っている。
[PR]
# by uniglobe1 | 2010-09-14 16:08 | 釣り

9月初日

9月に入りfimoに登録。
e0066115_15342734.gif

まだまだ参加している人も少ないが、自分的にはこれからを感じさせる物がある。
同内容に成ると思うが此方でも釣りログを載せて行こうと思っている。
先行で、9月からアップを開始していたのでこの分を今回はアップします。


シーバスモード全開中
9月12日
まだまだ残暑は厳しいけれどサッパリな夏は終わりシーバス秋の陣が開幕した事を感じる。
今一だったモチベーションも8月後半からむくむくと盛り上がってきて今週はシーバスモード全開と成った。
ランカーのキャッチ情報なども多くなり、バイト・ファイト依存症としては良い薬をなんとか処方したいと思っている。

例年ならば、釣る事は難しくてもサーフを中心として展開を考えてきたが、今年は相模川の経験をだいぶ増やせたので、良い状況を判断しながらサーフに入るか川に入るかを考えて行こうと思っている。

そんなわけで今週はガッツリと相模川へエントリー。
仕事と家庭の許す限り、集中してキャッチを目指して来ました。

結果

9月7日    4ヒット2キャッチ
1本目
e0066115_15575324.jpg

2本目
e0066115_15582573.jpg


9月9日    3ヒット3キャッチ
1本目
e0066115_15593480.jpg

2本目
e0066115_160749.jpg

3本目
e0066115_1604877.jpg


9月10日   2ヒット2キャッチ
1本目
e0066115_1612096.jpg

2本目
e0066115_1615271.jpg


サイズは63cmが最大と今一つでしたが、サッパリな状況の中でも時合いを待ちバイトを引き出す事が出来たと思ってます。
まずまずなのかな?

昨年の1月から本格参戦を開始した相模川、まだまだエントリーした事のないポイントも多い位なのでいろんな意味でより経験を積まない事には熟練アングラーにはとうてい太刀打ち出来ないと感じています。

”この秋、成長出来る様がんばれねば!”
そんな風に思った朝でした。

今朝キャッチ成功したシーバス。
1本目53cm
e0066115_1624191.jpg

2本目50cm
e0066115_1633276.jpg

[PR]
# by uniglobe1 | 2010-09-12 23:59 | 釣り

7月初日

とうとう7月がやって来た。
夏が来たら次の秋はもう直ぐ其処だろう。
朦朧としながらランガンするサーフでの釣りももう直ぐ其処に来ては居るが今は夏の釣りを楽しみたい。
昨年までは行って無かったエリアも何場所か好調の様では有る。
何処へエントリーするか悩む日が続きそうだ。


7月2、5日 西湘サーフ
先日の3連続ヒットに気を良くして再び同ポイントにエントリーしたが、前回とは打って変わって全く反応を得る事は出来なかった。
確かにシーバスが出ていると言っても其処に居るアングラー全てが手に出来ているわけではない。
釣れる人と釣れない人の境目は何処に有るのかと常々思う。
”どうやれば釣れるのか?”あれこれ考えて、次はチャンスを掴みたい。


7月6日 西湘サーフ~三浦 磯
休み前の晩では有ったが、疲れからポイントへ向かう途中パーキングで寝てしまった。
本当なら一晩中でも投げ倒してキャッチ出来る可能性を上げたいと思っていただけに不覚を取った。
キャッチ率を上げる最も簡単で確実な手段だったのに・・・
あわや朝まで寝て仕舞いかねなかったが、何とか起床、だいぶ遅れたけれど1時にはポイントにエントリーする事が出来た。

前夜23時の満潮から潮はどんどん朝に向かって下がって行く。
ブレイクの手前でのヒットを期待するには潮位が低すぎるだろう。
シンペンメインでローテーションを組んでブレイクの先を回遊するシーバスにアピールしてブレイクでのヒットを狙い続けた。
シャローエリアなので波はかなり沖でブレイクする。
ブレイクを過ぎたルアーは早いタイミングで高速回収して手数を増やした。

2連続であぶれただけにネガなイメージが無い訳では無かったが、そんな事気にしていられない。
ひたすらバイトをしてくるイメージを持ち続けて投げ続けた。

潮位が下がるにつれてブレイクの手前の水深は無くなり、瀬に立ち込むと沖のブレイクにだいぶ近づける様に成った。
ルアーをブレイクの先でより広範囲泳がせる事は出来た。

ヒットは明けの時合いにブレイクの少し向こうで起きた。
バイトと同時のエラ洗いは見事なもので、バレたら最後なのだが、サーフシーバスの堪らない魅力の一つを感じる。
ロッドを寝かせてエラ洗いを抑え込み、立ち込んでいた場所から波打ち際まで後退してランディングを試みた。
ロッドから伝わるシーバスのウエイトは重く”簡単にズリ上げ”とは行かなかったが、波のタイミングと浮力を感じながらの落ち着いてする事は出来た。
e0066115_20262058.jpg

62cm 2kgのシーバスをゲット
ヒットルアーはオリカラのハニートラップ95S・ラメ入りスケルトンブラックアルミ貼り
自分にとってはシャローエリアでの最も多いパターンでのヒットだった。

ベイトを確りと食べている見事な魚体をしていた。
数は獲れなくても満足出来る1本だった。
その後は追釣を狙う感じではなく、少しだけ投げて朝の部は終了とした。


西湘から帰宅後、愛犬の散歩を済ませて少し休んだ後待ち合わせ場所の七里ガ浜のセブンイレブンへと向かった。
今度は松さんとデーゲームでシーバスをねらいに磯場へと向かう。
単独でも行く気では有ったが、2人の方が楽しいに決まっている。

久し振りに訪れたポイントだが、釣れて居る話は入って居た。
ただ、昨日沢山釣れても、今日はどうなるか分からないのが釣りだと思っているので期待は禁物。
まずは1本獲る事を目指して釣り場へと入った。

しかし、程なくファーストキャッチに成功。
状況は悪くは無い様である。
e0066115_2028216.jpg

バイブレーションの表層早巻きにバイトしてきたのはサイズは50cm台後半の小さなものだが引き味は抜群だった。
此処のシーバスもベイトを確りと食べていて太ったお腹をしている。
パワーが有って当然な魚体だ。

その後もヒットが続くが、バラシの多い事多い事!
食いが浅いからなのか?エラ洗い一発フックオフが何度も発生。
そんな中でもかろうじて乗せきれたものはばらさない様にランディングした。
2本目
e0066115_20284230.jpg

3本目
e0066115_20292041.jpg

4本目
e0066115_2033131.jpg

サイズは50~58cm
どのシーバスも太っていてサイズ以上の引きを見せてくれた。

松さんも何バイトも拾い、3キャッチに成功。
後半、食いが悪くなっても集中してバイトを拾い続け、磯場での釣りを愉しんでした。
昼過ぎまで投げ続けて終了とした。

潮が良ければ、もっと違う結果を拾えた気もするが、それはそれ。
又、近いうちに遊びに行きたいと思っている。


7月7日 西湘サーフ
昨日のヒットパターンを再現すべくポイントにエントリーした。
前回ヒットした立ち位置周辺は先行者が居たので、50m程度手前の瀬を選んで立ち込んだ。
今朝は波足が長かったのでより飛距離重視でスライドスイムミノー120を中心にルアーをローテーション。
斜め前方からの風向きが悪くなかなか飛距離は伸びない。
セットで入る波でベストまでずぶぬれだが、より深く立ちこんで少しでも沖へとルアーを送りこんだ。
ハニートラップより1割り増し。

前回よりも早い時間にヒットが発生した。
未だ暗い3時15分の事だった。
e0066115_21374221.jpg

52cmと小振りではあるが、今朝も結果を手に出来て正直嬉しかった。

ほぼブレイクでのヒットは寄せてくる波にもまれフックアウト寸前だったと思うが良く耐えてくれた。
新しく導入したリールの巻長95mmも機能してくれたのだろう。
テンションが抜けそうになる寸前で回避してくれた。

早い時間のファーストキャッチは2本、3本と追釣を期待させたが、その後は反応なく夜は明けて行った。
5時までは投げ続けようとルアーをローテーション。
反応が出ないので飛距離をより出す事に期待をしてギグを選択した。

その時、魚が跳ねた。
シーバスでは無い、ぼら?
取り合えずライズした周辺にルアーを投げ込んでみた。
”飛距離はギリギリ、少し横に落ちたかな?”そんな事を考えながら糸ふけを取ると、驚いた事にロッドから生命感が伝って来た。
フックアップしたのは・・・
e0066115_21391386.jpg

48cmのコチ
狙っていたとはとてもいえない感じのヒットで有ったが、まあそれはそれ。
今朝は小さいながらも2目ゲットと成った。


7月9日 西湘サーフ
昨日は家庭の事情で家を出れなかったので1日明けてのエントリー。
潮も変わりつつあり、思った以上に潮位が高く、沖のバイトを拾うにはやりにくい状況だった。
潮位がもう少し高くなればブレイクの手前のヒットも期待出来る様に成ると自分的には思っている。

今朝はベイトが薄く、反応は今一。
釣れたのは、明けてから、ギグのツイッチングに反応してきたショゴが2匹
e0066115_21394941.jpg

小あじサイズなのにルアーにアタックしてくるファイターだった。

週末は荒れ模様。
週明けにでも再び覗いて見ます。
[PR]
# by uniglobe1 | 2010-07-09 21:40 | 釣り