「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

7月初日

とうとう7月がやって来た。
夏が来たら次の秋はもう直ぐ其処だろう。
朦朧としながらランガンするサーフでの釣りももう直ぐ其処に来ては居るが今は夏の釣りを楽しみたい。
昨年までは行って無かったエリアも何場所か好調の様では有る。
何処へエントリーするか悩む日が続きそうだ。


7月2、5日 西湘サーフ
先日の3連続ヒットに気を良くして再び同ポイントにエントリーしたが、前回とは打って変わって全く反応を得る事は出来なかった。
確かにシーバスが出ていると言っても其処に居るアングラー全てが手に出来ているわけではない。
釣れる人と釣れない人の境目は何処に有るのかと常々思う。
”どうやれば釣れるのか?”あれこれ考えて、次はチャンスを掴みたい。


7月6日 西湘サーフ~三浦 磯
休み前の晩では有ったが、疲れからポイントへ向かう途中パーキングで寝てしまった。
本当なら一晩中でも投げ倒してキャッチ出来る可能性を上げたいと思っていただけに不覚を取った。
キャッチ率を上げる最も簡単で確実な手段だったのに・・・
あわや朝まで寝て仕舞いかねなかったが、何とか起床、だいぶ遅れたけれど1時にはポイントにエントリーする事が出来た。

前夜23時の満潮から潮はどんどん朝に向かって下がって行く。
ブレイクの手前でのヒットを期待するには潮位が低すぎるだろう。
シンペンメインでローテーションを組んでブレイクの先を回遊するシーバスにアピールしてブレイクでのヒットを狙い続けた。
シャローエリアなので波はかなり沖でブレイクする。
ブレイクを過ぎたルアーは早いタイミングで高速回収して手数を増やした。

2連続であぶれただけにネガなイメージが無い訳では無かったが、そんな事気にしていられない。
ひたすらバイトをしてくるイメージを持ち続けて投げ続けた。

潮位が下がるにつれてブレイクの手前の水深は無くなり、瀬に立ち込むと沖のブレイクにだいぶ近づける様に成った。
ルアーをブレイクの先でより広範囲泳がせる事は出来た。

ヒットは明けの時合いにブレイクの少し向こうで起きた。
バイトと同時のエラ洗いは見事なもので、バレたら最後なのだが、サーフシーバスの堪らない魅力の一つを感じる。
ロッドを寝かせてエラ洗いを抑え込み、立ち込んでいた場所から波打ち際まで後退してランディングを試みた。
ロッドから伝わるシーバスのウエイトは重く”簡単にズリ上げ”とは行かなかったが、波のタイミングと浮力を感じながらの落ち着いてする事は出来た。
e0066115_20262058.jpg

62cm 2kgのシーバスをゲット
ヒットルアーはオリカラのハニートラップ95S・ラメ入りスケルトンブラックアルミ貼り
自分にとってはシャローエリアでの最も多いパターンでのヒットだった。

ベイトを確りと食べている見事な魚体をしていた。
数は獲れなくても満足出来る1本だった。
その後は追釣を狙う感じではなく、少しだけ投げて朝の部は終了とした。


西湘から帰宅後、愛犬の散歩を済ませて少し休んだ後待ち合わせ場所の七里ガ浜のセブンイレブンへと向かった。
今度は松さんとデーゲームでシーバスをねらいに磯場へと向かう。
単独でも行く気では有ったが、2人の方が楽しいに決まっている。

久し振りに訪れたポイントだが、釣れて居る話は入って居た。
ただ、昨日沢山釣れても、今日はどうなるか分からないのが釣りだと思っているので期待は禁物。
まずは1本獲る事を目指して釣り場へと入った。

しかし、程なくファーストキャッチに成功。
状況は悪くは無い様である。
e0066115_2028216.jpg

バイブレーションの表層早巻きにバイトしてきたのはサイズは50cm台後半の小さなものだが引き味は抜群だった。
此処のシーバスもベイトを確りと食べていて太ったお腹をしている。
パワーが有って当然な魚体だ。

その後もヒットが続くが、バラシの多い事多い事!
食いが浅いからなのか?エラ洗い一発フックオフが何度も発生。
そんな中でもかろうじて乗せきれたものはばらさない様にランディングした。
2本目
e0066115_20284230.jpg

3本目
e0066115_20292041.jpg

4本目
e0066115_2033131.jpg

サイズは50~58cm
どのシーバスも太っていてサイズ以上の引きを見せてくれた。

松さんも何バイトも拾い、3キャッチに成功。
後半、食いが悪くなっても集中してバイトを拾い続け、磯場での釣りを愉しんでした。
昼過ぎまで投げ続けて終了とした。

潮が良ければ、もっと違う結果を拾えた気もするが、それはそれ。
又、近いうちに遊びに行きたいと思っている。


7月7日 西湘サーフ
昨日のヒットパターンを再現すべくポイントにエントリーした。
前回ヒットした立ち位置周辺は先行者が居たので、50m程度手前の瀬を選んで立ち込んだ。
今朝は波足が長かったのでより飛距離重視でスライドスイムミノー120を中心にルアーをローテーション。
斜め前方からの風向きが悪くなかなか飛距離は伸びない。
セットで入る波でベストまでずぶぬれだが、より深く立ちこんで少しでも沖へとルアーを送りこんだ。
ハニートラップより1割り増し。

前回よりも早い時間にヒットが発生した。
未だ暗い3時15分の事だった。
e0066115_21374221.jpg

52cmと小振りではあるが、今朝も結果を手に出来て正直嬉しかった。

ほぼブレイクでのヒットは寄せてくる波にもまれフックアウト寸前だったと思うが良く耐えてくれた。
新しく導入したリールの巻長95mmも機能してくれたのだろう。
テンションが抜けそうになる寸前で回避してくれた。

早い時間のファーストキャッチは2本、3本と追釣を期待させたが、その後は反応なく夜は明けて行った。
5時までは投げ続けようとルアーをローテーション。
反応が出ないので飛距離をより出す事に期待をしてギグを選択した。

その時、魚が跳ねた。
シーバスでは無い、ぼら?
取り合えずライズした周辺にルアーを投げ込んでみた。
”飛距離はギリギリ、少し横に落ちたかな?”そんな事を考えながら糸ふけを取ると、驚いた事にロッドから生命感が伝って来た。
フックアップしたのは・・・
e0066115_21391386.jpg

48cmのコチ
狙っていたとはとてもいえない感じのヒットで有ったが、まあそれはそれ。
今朝は小さいながらも2目ゲットと成った。


7月9日 西湘サーフ
昨日は家庭の事情で家を出れなかったので1日明けてのエントリー。
潮も変わりつつあり、思った以上に潮位が高く、沖のバイトを拾うにはやりにくい状況だった。
潮位がもう少し高くなればブレイクの手前のヒットも期待出来る様に成ると自分的には思っている。

今朝はベイトが薄く、反応は今一。
釣れたのは、明けてから、ギグのツイッチングに反応してきたショゴが2匹
e0066115_21394941.jpg

小あじサイズなのにルアーにアタックしてくるファイターだった。

週末は荒れ模様。
週明けにでも再び覗いて見ます。
[PR]
by uniglobe1 | 2010-07-09 21:40 | 釣り