<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

鳥山立つ

カタクチの本格的な接岸が始まった。
一気にどのエリアも状況は良くなって行くことだろう。
春の磯から夏のサーフでのイカパターンまで一気にシーズンは進んで行く。
自分なりの釣行の組み立てがどんな結果を出して行く楽しみではある。
どのパターンも良い時は短い、ピーク時には何とかフィールドに出ていたいと思っている。


4月16日 三浦 磯
週末に奥さんの職場の方をガイドする予定が有り様子を見も兼ねて仕事前にポイントを覗いてみた。
10m前後の北風が吹く中、波しぶきを浴びながらも広範囲をサーチしたが反応は得られず。
急な冷え込みの影響か?状況が悪化?
良い状況はやはり長くは続かなかった。


4月18日 三浦 磯
やっと天候が回復。
あまり有る事ではないが、奥さんの同僚の方と一緒に仕事前釣行。
全くの初対面では有ったが釣りとゆう共通点が有れば何とかなるものである。
今朝は風もそれほど強くなくやりやすい状況となったがシーバスは現れなかった。
週末とあって釣り人多数であったが誰の竿も曲がる事は無かった。



4月19日 伊豆 河口
ヒラ狙いで暗くなる前から回遊待ち。
キープキャスティングを心にひたすら投げては待つ作戦で12時間耐久戦に臨むつもりだっが・・・
24時を前にいろいろあって急遽撤収。
結局6時間投げ続けたがノーバイトで終了となった。

未だにキャッチ無しのポイントだけに何とかたどり着きたく思うのだが、なかなか上手くは行かない。
立ち位置、狙いどころ、ヒットのイメージ、何かが違って居るのだと思いながらも、ちょとしたタイミングの問題なのかもしれないし、正確なところはよく判らない。
キャッチしてみて初めて解かる事だろうから、通いこむのが一番だろう。


4月20日 三浦 磯
予定して居なかったが朝マズメ急遽三浦の磯へエントリーした。
平日とあって遅い時間にも関わらず先行者は1名のみ、好きな立ち位置を確保し明けの時合いを待った。
ファーストヒットはまだ明けきらない暗がりの中だった。
表層をテロテロと泳ぐシンペンにバイトしてきたシーバスは56cmと小さなものであったが磯場で暗がりの中でのファイトは根周りもよく見えないだけに緊張した。
e0066115_456339.jpg

明けきってからもボイル等は一切起こらなかったが反応を全く得る事が出来なかったわけではない。
磯場を移動しながら拾い釣りをして何とか4キャッチ。
e0066115_4564467.jpg

56cm、56cm、58cm、58cmと全体的に小ぶりであったが、明けきってからのバイブレーションでのヒットなど、獲った感のある釣りが出来た。

一進一退を繰り返しながらも季節はどんどん進んで行っている。
今朝は有視界内、沖で鳥山が立った。
カタクチの本格的な接岸ももう直ぐ其処まで来ているのかも知れない。


4月21日 三浦 磯
仕事前6時半までの時間制限有りで再び磯場を覗いてみた。
今朝も沖に鳥山は立ったがまだまだ小規模なものであった。
釣果は反応少ないながらも、2ヒット1キャッチ。
e0066115_4582811.jpg

まだまだこれからだし、ノーキャッチに比べれば有りがたい事。
釣果は仕事に向かう足取りにも影響する。


4月24日 伊豆 河口
河口絡みの小サーフに仕事前エントリー。
週末ではあるがそれほど混んではおらず、気持ちよく朝を迎える事が出来た。
しかし、流量のある川の流れにかなり期待した割には上手くは行かなかった。
結局、釣れたのはスレったこの子のみ・・・
e0066115_4595688.jpg

なかなか結果に辿り着けない。
だからこそ釣りたくてまた通ってしまう。
獲れない魚ほど自分にとっては価値があるから。


4月25日 三浦 磯
早い時間からエントリーしたが思った立ち位置には入れず、それでも何とか第3候補の立ち位置を抑える事は出来た。

明るく成るのを待ちながらもあちらこちらを気にしていると、明るくなる前にふと気がついた、岸際を泳ぐ魚影・・・
照らしたライトの光の中、ブルーバックな背と赤く光る眼、裂波140サイズのカタクチイワシが泳ぎ回っていた。

シーバスに追われて差し込んで来たイワシ達。
久しぶりの良い状況を感じながらの今朝の釣りだったが、結果を思ったほど出す事は出来なかった。
12ヒットと二桁以上の反応を出しながらもキャッチは4本。
根や藻場をかわしてのパワーファイトのせいか?食いが浅いのか?8バラシとバラシまくったのではどうしようもない。
e0066115_53425.jpg

サイズもすべて50cm台と今一つな状況だった。


4月26日 三浦 磯
昨日とは状況が一変、今朝は反応を得ることすらほとんど出来なかった。
シーバスは確かに居たのだが、上手く行かない時は全く上手く行かなかったりする。
朝、1ヒットを拾う事は出来たが寄せている最中にエラ洗いでフックオフ。
その後は、常に後手後手に回ってそのままノーバイトで終了と成った。

連日の釣りで色々準備が足りない物もあり、休釣日を利用して次へ備えたいと思っている。


4月29日 三浦 磯
前回のリベンジを胸にポイントを訪れた。
早い時間から入ったのだが今朝も先行者あり、何とか第3候補の立ち位置は確保する事が出来た。

今朝の海は流れが遠かった。
南からの風が入っているはずなのだが、風が舞って斜め後ろから吹いて来る。
追い風に乗せてルアーをより遠くへと送りこむとだいぶ沖に川の様な流れが横切っていた。

ロングキャストで沖からルアーを引いてくると途中から流れを横切る。
シーバスは流れに着いて居ると感じていたので、リーリング速度を落とし、ほとんどステイさせてドリフトさせる。
そして、ヒット!
絵に書いたようなヒットを気持ちよく引き出せた。
e0066115_544780.jpg

その後も、ぽつぽつとヒットを拾うがサイズはどれも同じようなものだった。
e0066115_551829.jpg

e0066115_56498.jpg

e0066115_564896.jpg

57cm前後でサイズはそろっていたのでフッコクラスの群れだった様である。
小さくてもファイトは一人前ではあった。
バラシも何本か有ったがキャッチは4本、立ち位置の差はそれほど出て居なかった。


4月30日 伊豆 河口
このポイント釣れた話を聞かないわけではないのだが、なかなかチャンスに巡り合えない。
かといって通い続けていなければ絶対に獲る事は出来ない。
マメに通ってチャンスを待つのが今出来る最大の事。

夕方、日の有るうちにポイント入り。
昨夜は釣友が2キャッチしていたが、彼もあぶれ続けてやっと出せた釣果だった。
自分も続きたいと思っているが、そうそう甘くは無い。

そんな彼と一緒の釣行だったが、今夜もやはり上手くは行かなかった。
結果ノーバイトで終了、同ポイントの連敗記録を更に伸ばす事と成った。
いったい何敗目なのかも分からないが、釣れた事が無いので初めて訪れた時からずっと連敗中・・・

やはり、日没後3時間位ではとてもチャンスを拾う事は出来ない。
釣れないサーフで投げ続けていた時の様に、一晩中投げ続ける積りで行かねばダメだと思っている。
時間を作ってまた行ってみます。
[PR]
by uniglobe1 | 2010-04-30 23:59 | 釣り

鱸のアクアパッツァ

e0066115_1914528.jpg

磯でシーバスを狙った後、某所でアサリを調達して来た。
ぎっしりと身の詰まった立派なもので食べ応えのあるものだった。
隠し味に使ったアンチョビは昨年の春にオイル漬けにした物の残りを使用。
e0066115_22264555.jpg

残り僅かに成って来たので今年は仕込みしなければと思っている。
[PR]
by uniglobe1 | 2010-04-16 22:30 |

春磯 序

前回の更新からバタバタと気が付けばもう2週間が経過、年間を通しても最も厳しい3月が終わり4月も半ばに入った。
良い状況はもう直ぐ其処まで来ている。

カタクチをキーワードにした宝探しはもう始まっている。


4月4日 湘南 磯
湘南エリアはシーバスが少ないとは言え、この時期磯場には良い状況が少なからず訪れるはず。
キーワードはイワシの大量接岸。
今現在、少量ではあるがイワシが磯場に接岸しているらしい。
ベイトと言ってしまえばそれまでだが、アンチョビの仕込みも今年はしたいと思っているのでイワシの動向は気になる処。
気になりだしたら即行動、確認に行く事にした。

仕事前、タックルは磯竿にSW4000HG、仕掛けはジグサビキと変な組み合わせの道具立てで早朝に覗いてみた。
手製の10本針の白皮のサビキを遠投してロッドで聴き続ける。
極端にあおる事などしなくても軽くさびいて来るだけで魚皮はシラスを演出してくれる。
さんざん通ったポイントだけに立ち位置に立てば最近はあまりやらなくなった釣りとはいえ違和感無くポイントに溶け込める。

遠くの水平線を眺めながら気持ちの良い時間を過ごせた。

釣果はカタクチ3匹。
e0066115_238493.jpg

明るくなって小一時間経ってからの回遊だった。
まだまだこれからだが、例年通りの展開に安心する。

磯場からの帰り道、すれ違う年配の釣り人の方と挨拶を交わす。
”イワシが入って来てますよ。”と伝えると不思議そうに”ルアー釣りでしょ?"と言われた。
”今朝はルアーで無く投げサビキです。”とこたえ”釣果はイワシ3匹”を伝えると釣り人はにこにこと笑っていた。


4月5日 
朝 三浦 磯
休み前日だが午前中は仕事に空きが有ったので先日の磯場へエントリーしてみた。
多少期待はしていたが、良い処無く時間いっぱいで終了。
前回もイージーな状況では無かった事を今更ながら思い出す。
シーバスの量は少なくベイトの気配も少ない。
釣友のA君を残し磯場を後にした。
釣果は無かったが知り合いの方が今日も増えた。
自分よりだいぶ年上の方だが釣りは年齢を越えて共に楽しむ事が出来ると改めて感じる。
明日釣行を同行する予定のS君は高校を出たばかり、自分の子供だったとしてもおかしくはない年ではあるが、アングラーとしては実にイーブンだと思っている。

夕 伊豆 河口 
午後からの仕事を終わらせて今度は西に向かってみる。
夕方、日没直後から21時までの限定ではあるが河口がらみの小サーフでヒラスズキを狙う。

なかなかチャンスは来なくても待ち続ける事が出来さえすれば、きっとチャンスはやって来る。
始めたころに比べて何よりも成長したのは待てる事なのかも知れない。

湘南の釣りの鉄則は待ち続ける事。
たとえ一晩中でも待ち続ける事が出来るならば釣れる確率は一気に上がる。
しかし、体力的にも精神的にもなかなかキツイ事ではある。
でも、ノーバイトにもめげずにサーフをランガンし続けた事は今の自分にとって無駄には成っていないと思う。

しかし、今夜も現れず。
制限時間いっぱい投げ続け、ノーバイトで釣り場を後にした。


4月6日 三浦 磯
釣友のS君と三浦の磯を2場所ほどまわって来た。
朝入った磯はベイトの気配も無く当然ボイル等も無く、まだまだ春磯の開幕を感じる事は出来なかった。
2場所目は昨日の磯に再びエントリー。
しかし、上手く行かない時は全く上手く行かない物だ。
ワンバイトも拾えず撃沈で終了。
全くシーバスが居なかったのかと言えばそんな事は無く、同行したS君は4キャッチ。
良い時も有り・・・
悪い時も有り・・・
これもまた釣りなり!


4月8日 横浜港湾部
年末のポイントで知り合いになった松山さんと一緒にチャーター船でナイトゲームに出た。
ボートシーバスは昨年2度程度は出たが、ナイトゲームは初めての体験だった。
ストラクチャーに付いたシーバスなどを転々と移動しながら拾い釣りをして最終的には15匹前後をキャッチ。
サイズは出なかったが、久しぶりの船からの釣りを楽しんだ。


4月11日 
朝、三浦 磯
気になる事が有り、仕事前であったが磯場を覗きに行った。
ベイトの気配を感じる事は出来なかったが、2度ほどボイルを目撃。
やる気のあるのを拾うべく遠投したがキャッチに成功したのは隣のアングラーだった・・・

磯は立ち位置によって釣果が偏る事は良く分かっているがそれだからと言って納得は出来ない。
状況を正確に把握しているアングラーの方が有利であり、残念な事だが自分は完全に後手に回ってしまった。
それでも何とか青龍をテロテロと投げ続け一本拾う事に成功した。
e0066115_22575046.jpg

57㎝フッコサイズだがありがたい1本だった。

春磯、開幕か?


夕 伊豆 河口
仕事を済ませ夕マズメは先日の河口絡みの小サーフへ。
再び、明るいうちから投げ続け、心を無にして投げ続けた。
時折、セットで入って来る巨大な波に神経をすり減らしながらも集中して無心に投げ続けた。
結果、1バラシで終了。

手前でのヒットがなかなか発生しないので気持ちを沖に切り替え投げ始めた数投目のヒットだった。
リールリングが一瞬止まり、”巻けない?根掛り?ヒット?”頭の中を駆け巡った。
合わせを入れて絞り込まれたロッドから伝わる生命感と共に沖での激しいエラ洗い!

エラ洗い2発目でフックアウト!

反応が出たのはこれ一回。
チャンスをものに出来なかった事が悔やまれる。


4月12日 
三浦 磯
強風で荒れる磯にエントリー。
平日で有るうえに強風、風波では流石に釣り人少なく良い塩梅だった。
本来、このシチュエーションで使用する予定のウインドストームがガイド交換で無いためウエダのCPS962EX-TIを使用した。
悪条件下では余裕のあるタックルセッティングが求められる。
Max30gのロッドでは背負えるルアーにも限りが有り苦戦させられたが、良い流れを掴むパターンを見出してポイントを移動しながら拾い釣りする事が出来た。
e0066115_2315138.jpg

67cm、67cm、58cm、と海では1月以来久しぶりの3本抜きを達成。
サイズは出なかったが悪条件下だっただけに満足の行く結果だった。


伊豆 磯
2場所目に予定したポイントにエントリー出来なかったので予定を急遽変更、伊豆方面へ向かう事にした。
かねてから訪れていたポイントでは有るが入った事のないエリアにエントリーしてみたかったから。
海は東からウネリガ入り磯場はさらしていた。
e0066115_2332020.jpg

潮位を見ながらしばらく探索してみたがなんとなく出る気はしなかった。
タイミングを見て場所を移動。
その後2場所ほど見て回ったがノーバイトで終了となった。


4月13日 三浦 磯
陽一さんとデーゲームで磯遊び。
朝一、ワンキャスト目でヒットを拾うがその後は全くノーバイト。
e0066115_2352122.jpg

64cm、運よく拾った体型の綺麗なシーバスだった。

釣りも早々に切り上げ磯遊びをして昼間を過ごしたが、”我ながらよく遊んでいる!”と変な関心をしたりして・・・

釣りは今一だったけど、陽一さんも磯遊びを満喫出来て楽しそうでした。
[PR]
by uniglobe1 | 2010-04-14 23:06 | 釣り

お騒がせして申しわけありません。

事の発端は、最近初めて入ったポイントの常連の方が、記事の写真と文面にもう少し気を使って欲しいとゆうものでした。
非公開でしたが、決して悪意のある書き込みではなく自分の通い場を大切にしたいとゆう気持ちからであることはよく判りました。

ブログを書いていく上で、自分なりには常に気を使って、ポイント名や写真もピンポイントでの場所の特定は出来ない様に心がけて居るつもりではあります。
しかし、その場に通い込んでいるエキスパートな方達は対象として入れては居ませんでした。
同レベルな方には自分のブログなど情報源としての価値は無いと思っているからで、当然その分ボカシ具合も最小限に留めてきました。
今回のブツ持ち写真はカットを小さくして背景を少なくし、対岸はボカシを入れてあります。
立ち位置はボカシを入れませんでしたが、自分としては何処の磯か特定出来ないと判断してそのままにしました。
磯に置いて撮った写真も同じ判断基準でした。
ボカシだらけの写真を使ったり写真自体を無くしては味気ないブログに成って仕舞うと思うので、正直なかなか難しいです。
でも、他のアングラーに不快な思いを与えてしまう事は避けたいと思っているので、いろんな事の判断基準を自分なりにもう少し考えてみようと思っています。

ブログを止めて仕舞う積もりはありません。
シーバスフィッシングは今となっては趣味の範囲を超えてライフスタイルと成って仕舞いましたし、ブログ自体も更新こそなかなか出来ては居ませんが他のアングラーとの接点の1つだと思って大切にしていきたいと思っています。
ミクシィのCMじゃないですが、”繋がっている!”わけですからね。
今後ともよろしくお願いします。

毎日が日曜日 飯田
[PR]
by uniglobe1 | 2010-04-03 10:49 | その他