「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

アングラー

秋のシーバスが開幕してから、湘南サーフでは、平日の深夜になってもアングラーの姿が絶える事はない。
そんな中、結果を求めて、人の少ないサーフを選んでいても、ランガン中に先行者と交差することは多々有ったりする。
アングラー達は、孤独に竿を振り続けるその姿とは裏腹に、話好きな人が多く、声をかけると面識もないのに長話になって仕舞ったりする。
楽しい会話の中には、自分の知らないその人なりのノウハウを覗かせてくれたりもして、今回のヒットはその会話による物と行っても過言では無いです。

湘南サーフ 9月29日
本来ならば、何時も通りに早めに寝て朝マズメを攻める処なのだが、先日の世田谷のアングラーとの会話の中で、時合いに関する会話をし、それが気に成ったので深夜のサーフへと出撃しました。
seabearさんが早い時間から釣行中でしたが、反応は今一つの様で、活性が低い事が予測されていました。

サーフに降り立つと海は凪ぎ、月は厚い雲の覆われて見えず、西に向かってランガンします。
今日はタイド140の鮎アルミ箔貼りから・・・

スライドし始めてまもなく、波裏直ぐでバイト?が有り、綺麗にフックアップしました。
ドラグをならしてラインが出ていきます。
走るのを止めたところで、リーリングを開始すると、何か嫌な予感が・・・
つい先日、某所で味わった座布団の引きを感じます。
今回は、ハードタックルだったので、前回程ランディングに時間は掛かりませんでした。
ズリ上げると、前回より一回り小さい位ですが、その雰囲気は恐ろしい物があります。

NO PHOTO

更にズリ上げようとすると、ルアーのフックが外れナチュラルリリースに成功。
フックは折れてしまいましたが、あまり売っていないルアーを回収出来てホッとしました。

気おとり直して、最近おきまりのタイド175に変更してから、再びランガン開始・・・
30分経過・・・
反応なし・・・
seabearさんは自分が入った直後に一本揚げている・・・
多分、状況は良く成って行くはずなのだが、反応は無い。
でも、気負いは無く、良い精神状況を感じながら、投げ続けて行けます。

時間が来たseabearさんが帰宅後、側に居たアングラーとこのポイントについて長々と話をした。
自分は、去年から偵察には来ているとはいえ、まだ数度しかこのサーフには来ておらず今一つ掴みきれない物を感じて居たのだが、その方は此処がホームらしく、興味深い話を色々聞く事が出来た。
釣り方のスタイルは違っていても、フィールドを見る目は参考に成る物です。

そのアングラーも帰宅して行き、話の中にヒントのあったポイントに移動。
投げ始めて僅か3投目。
至近距離5mでヒット!
追い合わせを2発入れながら、ロッドを寝かし込み一気にリーリング!
波を待たずに一気にズリ上げると、銀色の魚体が砂浜に現れました。
e0066115_9431038.jpg

何か、頂いて仕舞いました。

その後もウロウロとランガンを繰り返し、二度目も至近距離でのヒットでした。
e0066115_9451682.jpg

男は黙ってタイド175、良い仕事をしてくれます。

明日も仕事があるので引っ張らずにでタイムアップ。
投げているのと、話し込んでいるのが同じぐらいの釣行でしたが、これが良い結果を引き出してくれたのは間違いなさそうです。
このサーフの時合いとポイントを少し把握出来た感じがしました。

又、行きます。
[PR]
by uniglobe1 | 2007-09-30 23:59 | 釣り

南風

今朝も定刻に起床出来たので、早朝のサーフトライしてきました。
ネットでチェックしていなかったのですが、サーフに降り立つとひどく強い南風で、海は風波で白波が立って居る始末・・・
空には雲が無く、ほぼ真上に、満月に近い月まで有ります。
かなり最悪の条件でした。

それでも、開始直後にワンバイト有ったのですが、フックアップはしきれなかったです。
チャンスはそれっきりでした。

ランガン中に2人のアングラーと会い、内1人はKさんでした。
e0066115_642523.jpg

釣れる気がしなかったので、いつもより少し早めにサーフを後にしました。
[PR]
by uniglobe1 | 2007-09-28 06:07 | 釣り

本格開幕

子供の頃、毎年夏になると夢中になって虫取りをした。
友達との間で自慢出来るのは、真っ赤で大きなカブトムシだったっけ・・・
ミヤマクワガタなどは取れた事がなかったけれど、ノコギリクワガタやカブトムシで十分に満足していた。

夏休みには、早朝3時位に起き出して、誰よりも先に雑木林の狙いのポイントに行った。
闇の怖さを感じずにライトを頼りに虫取りをした。

”あれから30年以上経つのに、やってること変わらないな~”とキャスティングを繰り返しながらサーフで1人、ふと思った・・・


今朝は、昨日に続いて同じエリアをランガンして来ました。
条件はほぼ同じで、海は凪ぎ、空には雲が全面にかかって居て適度な光量を与えてくれていました。
同じポイントから西に向かってランガン、先行者は無し。

違う点は、時間に少し余裕が有ったので、細かく刻んで行った事だけど、昨日のヒットポイントを過ぎても反応は出ず・・・

早々、甘くは有りません。

隣の芝生は青く感じる物で、”seabearさんの居る、東のサーフの方が状態良かったりするかな~・・・”
そんな邪念を振り解きながら、なんとか集中の世界へと入り込んで行きました。

どんどん移動しながらも、変化の際やカレントを感じるポイントは複数キャスティングしてチェック!
バイトが無い物の、昨日の状態からシーバスが入って居る事は信じられ、救いに成ります。

そして、キャスティングを繰り返し、ついにその時がやって来ました。

30m程沖合で、ルアーにバイトを感じました。
軽くエラ洗いされて、物の3秒ほどでフックオフしたのですが、何故か再びルアーにアタックしてくる気がして、近くに居るであろう其奴に向かって投げ続けました。
フックオフから3投目、ルアーを変えるかと考えて居ると、再びバイト!
今度は至近距離!
一気にリーリングしてべた凪の中、波に乗せることもなくランディング成功。
テールフックしか掛かって居ませんでしたので、抵抗させる隙を全く与えないで正解でした。
e0066115_20323385.jpg

ヒットルアーはタイドミノースリム175RH。
60チョイのレギュラーサイズながら、良く太って綺麗な魚体をしています。

気持ちが楽に成りました。
更に西に向かってランガンを続け、同じポイントで折り返し。
折り返し地点の波打ち際の地形が変化の有るポイントに立ち、何かを感じたので数投すると、今度も沖目でバイト!
・・・が、又してもフックオフ!
昨年もそうでしたが、沖目でのバイトは、フックアップしきれずにばれることが多く、今一つ物に出来て居ません。
今回は直ぐにルアーチェンジ、例のシェル仕様をチョイス。
一投目。
又しても、波裏直ぐでバイト!
追って来ていたのでしょうか?
追いあわせを入れ、一気にランディング。
e0066115_20201180.jpg

ヒットルアーはコモモスリムアワビ貼りBH。
フッコサイズにサイズダウンして仕舞いました。
でも、良しと出来、満足出来る結果です。

満たされた気持ちを感じていると、西の空に、雲の合間から満月が顔を出しました。
e0066115_2030769.jpg

これだから止められません・・・


折り返して帰り道はタイムアップ寸前の為殆ど投げず、東のサーフに居るseabearさんの処に顔を出してから、撤収しました。
>seabearさん
ぶつ持ち写真有り難う御座いました。

良い状況が続いているので、まだまだ寝不足の日は続きそうです。
[PR]
by uniglobe1 | 2007-09-27 20:30 | 釣り

予想通り

一昨日ぐらいから、普段行っているサーフの西側と東側から釣果情報が聞こえ始め、昨晩も自分の先行者の方は、ワンヒットワンバラシと言っていた。
つまり、台風後、広範囲でシーバスが再び接岸したことは間違いが無さそうです。

今は月の出ている大潮なので、月が西に傾いた早朝いつもの様に2時間ばかりサーフで竿を出しました。
サーフに降り立つと、さすがに平日の早朝とあって釣り場に人の姿はなく、良い状態です。
海はべた凪状態だけど、やる気のあるやつはきっと波裏に潜んで居るはずと細かく刻んで西に向かってランガンしました。

ランガン開始から300m位の地点で思った通り波裏直ぐでバイト!
至近距離4m以内でのヒットです。
波打ち際でバシャバシャとエラ洗いを繰り返しながらもズリ上げられた魚体は、久しぶりのシーバスでした。
e0066115_622349.jpg

目測で約60cm台前半
(メジャー忘れました。)
今釣れているレギュラーサイズなシーバスでした。

リリース後、更に西に向かってランガンし、昨晩世田谷から来ていたアングラーの方がヒットしたポイントで折り返し。

空がだいぶ明るく成って来ました。

折り返し直後、今度は着水地点近くでヒット!
が、まるでシーラの様なエラ洗いを見せて、フックオフ!
残念!

その後も波裏直ぐでバイトと思われるアタリが一回有り、現状が良い事を更に印象付けさせられました。
本格的なシーズンの開幕でしょう。

5時半までルアーを投げ、釣り場を後にしました。
[PR]
by uniglobe1 | 2007-09-26 06:34 | 釣り

初物かな?

休みの前の昨晩はは普段より西のサーフへと行って来ました。

はなっから、人が多めの回遊待ちポイントには入らず、長距離をランガン。
某メジャーポイントにさしかかると、ランガン中は気が付いていなかったのですが先行者が居た様で、魚を揚げた様子でした。
話しかけると、昨年末にもこの近くのポイントでお話しした事のある世田谷から通っているアングラーさんで、60位のシーバスが揚がったそうで、尚かつ2ヒット1バラシと、羨ましい事でした。
大潮に入って状況はやはり変わった様です。

時間の経過と共に釣り人も居なくなり、集中してキャスティングを繰り返します。

そして、ついに、ヒット!

鈍いアタリの直後、緩めに設定したドラグを鳴らしてラインがどんどん出ていきます。

まだ、使い始めたばかりのライン、どの程度まで耐えられるか判らず、少しずつドラグを締め込みます。

走るのが止まったのを逃さずに、リーリング、寄せに入ると・・・

でかい?

浮かすことが出来ないまま、波裏まで来て・・・・

重すぎてランディングが出来ない・・・

ロッドは絞り込まれた状態でラインテンションを保ったまま、波打ち際での行ったり来たり。


スーパーランカーを期待していたのだが、エラ洗いもせずに浮いてこないことから、違う生物への不安が気持ちの中で大きくなって来ました。

片手でライトを取りだし、寄せ波に乗せた瞬間を照らすと、銀色の魚体ではないそのフラットな魚体を波間に確認・・・

はぁ~残念だ~

20分以上をかけギャフ打ちをしてズリ上げた魚体は座布団の様でした。
e0066115_21564182.jpg

サーフでのシーバスの一番の外道なのかも知れません。
初めての体験だったので、これでやっと一人前?に成れたかもしれません。

諦めきれずにその後もランガン。
連日の疲れとビックファイトとのせいで、最後にはリーリングしながら寝ている始末で・・・
朝は磯場に行くつもりだったので、少なくとも3時位までランガンする積もりだったのですが、危険なので2時に終了としました。

回復の兆しが見えた海。
月内にもう一本揚げたく思っています。

シーバスを期待して行った磯場は、反応を出せず。
岩場で少し仮眠を取ってから、ジグサビキでウルメを釣って終了と成りました。
e0066115_2265633.jpg

ウルメは最大19cmと巨大で、マイワシも混ざって居ました。

磯場にはこんな可愛い小魚たちも居たりします。
コバルト色が見事でした。
e0066115_648779.jpg

[PR]
by uniglobe1 | 2007-09-25 22:07 | 釣り

釣り三昧

今朝は、新しいラインとリールのテストも兼ねての釣行でした。
仕事前釣行とゆうには余りにも長丁場過ぎる様な気もしたりする・・・

昨晩は、疲れているはずなのに頭の中がハイな状態でなかなか寝付けなかった。
眠りが浅いせいなのか?予定の起床よりも早い時間に起きてしまい、2度寝すると起きれなくなるので、そのまま支度をしてサーフへと向かいました。

スクーターを使用して、3場所を移動。
各所で粘るが、バイト1つ無くそのまま朝を迎えました。
渋い状況には変わらず・・・
睡眠を削って居るのだから、少しは良い事が有ってもバチは当たらないと思うのですがね~

新規導入のラインとリールは現状では良い感じ。
ただ、思った程飛距離は伸びていない気もする。
コストを考えると、微妙かも・・・

今回の大潮は月の明るい夜だけど、雲が多ければ決して条件は悪くは無いはず。
明日はお休みなので、今晩は寝ずに徘徊してきます。
[PR]
by uniglobe1 | 2007-09-24 20:53 | 釣り

地元のサーフへ

昨晩は、遅くまで起きていたのですが、12時少し前に急に地元のサーフへ行ってみたくなり、2時間程、砂浜を徘徊して来ました。

この処、余り芳しくない状況が続いているので、現状を打破する為にタックルを変更する事にしたのです。
当初は、シーズンイン直後のランカーを狙って、ヘビカバ気味のラインシステムを組んでいたのですが、肝心のシーバスは岸際に今一つ寄って居ない様にも感じられます。
ラインが太いせいで飛距離は伸びず、波裏直ぐのヒットがメインターゲットだったのですが、それも厳しい状況です。

其処で、状況が好転するのをのんびりと待って居る訳にもいかないので、ヒットさせる事を最優先にラインを細くして飛距離を稼ぎ、より広範囲を探れる様に変更する事にしました。
ラインだけでなくロッドも負荷を少し下げた物に変更して、メインで使っている10g台のルアーのロッドへのノリも良くする積もりです。

そんな事を考えて居ると直ぐにでもロッドを振りたくなってしまう物です。
ラインは用意出来て居ないまでも、久しぶりに使うロッドの調子を見たくて、急遽、徘徊となった訳です。
e0066115_2039479.jpg

2時間徘徊して、バイトはゴミのみ・・・
ヒットはお預けとなりました。

予想外に浮遊しているゴミが多く、殆ど釣りには成ら無かったけれど、久しぶりに使うロッドのキャストフィールは非常に良く、この秋のメインロッドとして申し分のない物でした。

今晩は、新たに100m¥7.560もするPEライン(TORAY製、F0)を買って来ました。
自称、1号で18lbだそうです。
又、直ぐにでもロッドを振りに行きたく成って仕舞います・・・
[PR]
by uniglobe1 | 2007-09-23 21:03 | 釣り

起きれませんでした。

週末の忙しさに埋もれてしまう前に、今朝はサーフに行きたかったのだけれど、疲れからなのか起床時刻の2時には起きられず、気が付けば4時半過ぎ・・・
この時間からではどうしようもないので、久しぶりに地元の磯場を覗いて来ました。
早朝の磯場は、何時もの顔ぶれが揃っていて、誰も目立った釣果も無く、マッタリと竿を振って居ました。
e0066115_23579.jpg

新しいルアーやリメイクしたルアーのスイムチェックを中心に7時過ぎまでルアーを投げ、その後帰途に着きました。

次の休みには、平日釣行が今一つ出来ていない分、しっかりと釣りをしたいと思っています
[PR]
by uniglobe1 | 2007-09-20 23:09 | 釣り

リメイク

先週の台風の影響は未だに残り続けている。
海は依然として泥濁り状態で、ゴミこそ少なくなった物の、良い条件には程遠く、オマケにその後やって来ている台風の影響で、海岸では南風が強く更に条件を悪くして仕舞っています。
でも、やっと風向きも変わりました。
状況が好転する事を期待したいです。

今日は、家庭の事情で朝は海に行けず、仕方ないので塗装の剥がれたルアーのリメイクをして午前中を過ごしました。
メタルジグが中心だったリメイクですが、ルアーでは昨年のレッドヘッドチャートに続いて、古くなったルアーでも、一軍のそれも中心選手に格上げするべく、今回は市販品では無いカラーのシェル仕様にする事にしました。

魚の口にルアーが付いたままで暴れられると、あっとゆう間にルアーはボロボロに成って仕舞います。
e0066115_1821422.jpg

このルアーは昨年末に何尾かをキャッチさせてくれた物です。
アイマのサスケとコモモスリムは自分の中ではタイドに並んで外す事の出来ないルアーです。
e0066115_18185259.jpg

相変わらずエアブラシは購入出来ていないので、何時ものブラックヘッドですが、結構怪しい輝きがあって、すれたシーバスには効くかもしれません。
タックルケースに入れて、早速使用してみます。
[PR]
by uniglobe1 | 2007-09-18 18:20 | その他

雨降る中・・・

昨日は休みにも関わらず。連日の釣行と仕事の疲れから、目が覚めるともう6時半!
サーフは諦め地元の磯場に顔を出して来ました。
前日はかなり好調だったとゆう情報が有り、イナダやフッコが釣れる事を期待して居たのですが、小魚すら全く釣れず、相変わらず良い日が二日と持たないままなのだとゆうことを実感しました。
11時過ぎまで大して投げもせずだらだら過ごし、早めに家に帰って家族サービスをすることにしました。
せっかくの休日なのに今一でした。

体を休めて、明ければ再び仕事前釣行です。
今朝は昨夜からずっと雨、シトシト・・・ザーザー・・・雨・・・

雨は決して嫌いではなく、むしろ好きかも知れない。
それなりの装備を身につけていれば、雨は全く気には成らず、釣り場は空いているし、雰囲気はあるし、良い事づくめと思っている。
オマケに、良い結果が出たりもする・・・

サーフに降り立つと、海は凪で波打ち際でブレイクする程度、所々潮目が沖に伸びており、雲が厚いお陰でそこそこの光量が有る、波っ気は足りないけど、決して悪い感じでは無かった。
でも、2時間ランガンして、ノーバイト・・・

波打ち際で帯状に成っていた繊維質のゴミ達も殆ど無くなり、条件は日増しに良くは成っていると思う。
でも結果は出ず・・・

釣れても釣れなくても、考察を怠らず、良い結果を求め、ポジティブシンキングで通い続けるのみ!
そんな風に思っている。
[PR]
by uniglobe1 | 2007-09-12 23:59 | 釣り