<   2007年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ベイトは居れども


2007年5月29日 火曜日 4:00~13:00
月齢12 中潮 水温?℃


休日釣行の今回は、リンク先のalainさんがゲストとして登場しました。
公休を取っての来訪だそうで、なんとか釣らせてあげたい処なのですが、自分自身も釣れるかどうか判らない状況では、何とも出来ず、苦戦する事は予測出来ました。

今朝の海はカタクチが多く、期待は持てましたが、釣れども釣れどもカタクチばかりで、それを補食する大きな魚はさっぱり揚がりません。
気負ってもしょうがないので、気持ちを楽に投げ続けていると、根際でヒット!
労せずに揚がって来たのは、今期最大サイズのイシモチでした。
e0066115_1401177.jpg

この後、もう一尾、尺弱がサビキにヒット。
運良く、朝の時合いでイシモチ2尾を確保出来ましたが、磯全体ではカタクチ以外は全く揚がって居らず、サバもやって来ない、かなり渋い状況でした。
当然、alainさんへのガイドも失敗と終わりました。
次回は、良い状況での来訪にしたいものですね。

alainさんが帰った後も自分は粘り続けて珍しく昼過ぎまで磯場で竿を振りました。
海面には、かなり大規模なイワシの反応が出るものの、逃げ回る訳でもなく、最後まで平和な海でした。

昨年同様の写真を撮ってみました。
e0066115_210279.jpg

1ヶ月以上遅れた、イシモチの今年の乗っ込みでした。
[PR]
by uniglobe1 | 2007-05-29 23:59 | 釣り

渋い状況は変わらず・・・


2007年5月22日 火曜日 4:00~12:00
月齢5 中潮 水温?℃


休日の釣行なので、気負わず構えず、のんびりと釣りをしてきました。

前回釣行時に比べカタクチがだいぶ多く、カタクチを拾い釣りしながらチャンスの到来を待ちます。
100m沖には潮目が横に走り、表層に魚の気配を少し感じました。

40㌘のギャロップウロコ仕様をフルキャスト!
テンションをかけたままのカーブホール中に、鈍い吸い込む様なアタリが・・・
距離90以上でヒット!

遠距離でのヒットだっただけに、ランディングまで長い時間が掛かりましたが、なんとか無事ゲット出来ました。
e0066115_21261946.jpg

しかし、ヒットは全く続かず、渋い状況には何ら変化は有りませんでした。

今年はほんとにサバがすくないですね。
大量接岸が待ち遠しいです。

お昼前まで磯場で遊び、カタクチも40匹弱をアンチョビ用に追加で仕入れました。
[PR]
by uniglobe1 | 2007-05-22 23:59 | 釣り

夕マズメ


2007年5月20日 日曜日 17:30~19:15
月齢3 中潮 水温?℃


仕事をさっさとやっつけて、夕方少しだけ時間を作る事が出来ました。
ネットの情報と今朝磯に行った潤平君の話から、今日は今一つだとは判っていても、“潮が動く夕方はひょっとしたら良いかも知れない“などと勝手に思い、結局釣り場へと足が向かって仕舞うのでした。

潮は濁りが入って、深い緑色に空を映して居ました。
ジグサビキを投げると程なく魚信が伝わって来ます。
ベイトのカタクチは今日も健在の様ですが、群れが小さく数も少ない様です。

棚やポイントを変えたりして、広範囲を探りますが、今一つ大きな反応を得る事が出来ません。
朝と変わらず夕方も今一つの様です。

日没に逢わせて風が強く成りました。
e0066115_054138.jpg

良い時もあれば悪い時もあり、そんな事を感じながら釣り場を後にしました。

本日の釣果は、カタクチのみ、
e0066115_0545024.jpg

チャンスを待って、又行きます。
[PR]
by uniglobe1 | 2007-05-20 23:59 | 釣り

カタクチ様々です。

仕事がお休みの本日は、サバが居る事が判ったので、本格的にジグサビキで青物狙いをしようと思っています。
と言っても、小物釣りの合間にですが・・・
2007年バージョンのアンチョビも作りたいと思っているので、カタクチイワシも大量確保しなくては成らないからです。


2007年5月15日 火曜日 4:00~11:30
月齢27 大潮 水温?℃


白々と明けてきた磯場に降り立つと、風もなく、海は凪っていて、釣りをするには久しぶりの良いコンディションです。
この処釣れている情報が無いせいか、釣り人少なく良い案配です。

今日はタックルを2セット持ち込みました。
Max50gのショアジギングロッド LSJとmax30gのシーバスロッド EX-TIです。
4本針のショートなサビキに40gのジグと8本針のサビキに28gジグを組み合わせました。
カタクチを磯際から遠方まで補足する為に選んだタックルです。
今年のカタクチは、型が大型なのでアンチョビにするには良い案配です。

今朝はカタクチの魚影が濃く感じられます。
魚が掛かってもピックアップせずに、追い食いさせているとサビキは鈴なりに成ります。
これはこれで楽しいものです。

今一つサバは釣れる気がしないので、カタクチの確保に努めていると、予定外では無く、有る意味計画的でもあるのですが、大きな反応が出ました。
前日同様に、サビキに掛かったカタクチを何かが補食したようです。

スピーディーにリーリングして浮いて来たのは、磯場では初めてのフラットでした。
e0066115_092760.jpg

サビキにヒットしたのかと思ったのですが、ジグをしっかりくわえて居ました。
おそらく、”サビキに掛かったカタクチの暴れるさまが集魚効果を発揮して、一番目立ったジグにヒットした。”のではないのでしょうか?
これも1つのメソッドでしょうかね~

同じ方法で、カタクチ確保を続けて居ると、再び反応が出ました。
今度は小さめ?
e0066115_020098.jpg

揚がってきたのは、初物のワニゴチでした。
珍しい獲物が続きます。

その後、サビキにフッコが掛かり、ジグでマサバもゲット!
サビキでは何と!マイワシまで掛かり、カタクチも入れると、本日6目を達成しました。
e0066115_023518.jpg

つい先日までさっぱりな状態だったのに、ベイトが入ると変わるものですね。
カタクチ様々です。

昼近くまで、のんびり釣り続け、満足して釣り場を後にしました。
[PR]
by uniglobe1 | 2007-05-15 23:59 | 釣り

2007年バージョンは、果たして・・・

去年仕込んだアンチョビは、1年近く経って角も取れ、そのまま食べても酒のつまみに成る位、美味しく成ったのですが、1つ悔やまれる事が・・・

去年はカタクチを手開きして身だけにしてから塩漬けしたのですが、本場ではは頭と内臓を付けたまま塩漬けするそうな・・・
より発酵が進み、きっともっと美味しいはず・・・

其処で今年バージョンはそのまま塩漬けして作る事にしました。
果たして美味しくできるのやら?不安がありますが、即実行です。

今朝釣れた70匹は氷締めしてきたので新鮮です。
素材としては最高の状態。
e0066115_0364922.jpg

量が多いので2種類の塩を混ぜて使いました。
e0066115_040594.jpg

塩漬け後はこんな感じです。
e0066115_0415852.jpg

我が家最大のタッパー2つに漬け込み冷蔵庫の中で暫く熟成を重ねてもらいます。
2ヶ月は寝かす積もりです。
[PR]
by uniglobe1 | 2007-05-15 23:59 |

シーズン初の真サバでした。

仕事を早く切り上げる事が出来たので、夕方再び磯場へ顔を出しました。
今朝、今シーズン初のサバをまっちゃんが釣り上げるのを目撃したので、自分の青物シーズンを開幕させる為にも、是非釣り上げたいと思っていたりします。
とは言っても確立は低そうなので、ジグサビキでカタクチを拾い釣りしながら様子を見る事にしました。


2007年5月14日 月曜日 16:00~19:30
月齢26 中潮 水温?℃


夕方の磯場は朝とは違い釣り人少なく、その反面観光客が多く何か妙な感じがします。
何時もの釣り場は先行者も居らず、好きな立ち位置を選んでジグサビキを投げます。
4本針のサビキには時々カタクチが付いてくるので、ベイトは今朝以上に居る様です。

投げ続けていると、向こうの磯場で投げ釣りをしているお兄さんのロッドが大きく絞り込まれました?
何がヒットしたのかと観ていると、驚いた事に揚がってきたのは大きなサバでした。
投げ仕掛けに掛かったカタクチをサバが食った様です。
朝同様、少ないながらもサバが入って来ている事は間違い無い様です。
しかし、今一つジグには反応が有りません。
カタクチはぼちぼち釣れているのですが・・・

春に成ってやっと再開出来たジグサビキはやはり楽しく、“小物釣り”ながらプルプル感はたまりません!
追い食いさせて、針掛かりを増やしていくと、鈍い生命反応ながら重さは増しロッドが大きく絞り込まれます。
青物用でなく、シーバスロッドを今日は使用しているだけに尚更です。

サバを余り気にせず、カタクチを追い食いさせるのを楽しんでいると、プルプルがいきなりゴゴゴゴに変わりました。
過去に経験のあるこの変化は、サビキに掛かったカタクチを大きな魚が食べた事を告げています。
シーバスロッドは大きく絞り込まれていますが、掛かった魚に主導権を渡さない様に一気にリーリングして、抜き揚げやすいポジションに移動。
ロッドが柔らかいのでためらいは禁物!表層に浮かせ、波が持ち上がるのに逢わせて一気に抜き揚げました。
揚がってきたのは、今季初のマサバでした。
e0066115_23543031.jpg

サビキへのヒットなので、有る意味泳がせ釣りですが、まあ良いでしょう。
久しぶりに青物の引きを楽しめました。

二匹目のサバは流石に釣れる訳もなく、カタクチを20匹程確保して終了と成りました。
今晩は久しぶりにカタクチのナメロウとシメサバを頂く事が出来ます。
竿を出すたびに、釣れない季節が終わり、良い季節が来た事を感じます。
[PR]
by uniglobe1 | 2007-05-14 23:59 | 釣り

青物開幕目前です。

先週末は彼方此方からカタクチイワシの接岸が伝えられ、それに伴って西のサーフからはサバが揚がったとの情報が入ってきました。
沖でもサバが沢山釣れ始めた様なので、地元の磯でのジギング開幕が寸前に迫って来ている事を感じます。
そんな状況の中、いてもたってもいられず、休み前日にも関わらず仕事前釣行をしてきました。


2007年5月14日 月曜日 4:00~6:30
月齢26 中潮 水温?℃


まだ薄暗い磯に降り立つと、釣りものが少なかったせいでなのか、今朝も釣り人は少なめでした。
ルアーマンが数名と、籠釣りのおじさん達数名程度ですので、何処でも投げ放題です。
何時もの磯から、ジグサビキを投げます。

何投もしないうちに、カタクチがサビキにヒットしてきました。
竿先から伝わるプルプル感!
良い季節がやって来た様です。
8月一杯まではジグサビキの世話になりっぱなしな事でしょう・・・

ベイトが入ると色んな魚が急に寄って来る様です。
投げ続けていると、昨年もこの磯場でこの時期に釣れたイシモチがヒットしてきました。
e0066115_2234383.jpg

ジグへのヒットではなくサビキに掛かりました。
サビキを食べようとしたのか?サビキに掛かったカタクチを食べようとしたのか?
どちらかは正確には判りませんが・・・

磯から釣れるカタクチの群れはまだ小さく、サバ等はベイトの動向次第な事を感じました。

仕事前少しだけ余裕を残してタイムアップ。
e0066115_22503150.jpg

急に賑やかになってきた海を感じれて嬉しくなった釣行でした。
最終的にカタクチ15匹とイシモチを2匹確保して帰途に着きました。
[PR]
by uniglobe1 | 2007-05-14 21:50 | 釣り

掟破りかな?

釣れたカタクチが1尾ではどうしようもないので、近くのフジスーパーに買い出しに行きました。
狙いは、腰越産シコイワシ!
釣れなかったけれど、どうしてもおつまみにしたかったので、最終手段です。
狙いの腰越産は無かったけれど、三重県産で代用しました。
e0066115_233512.jpg

腰越産は小型なマアジとマイワシ、カマスのみ?
カタクチは近場にあまり居ないのでしょうか?
シーバスもイシモチもサバも、全てカタクチ次第なだけに、少し不安を感じたりもします。

とはいえ、気にしていても始まらないので、カタクチの酢締めと刺身で一杯やる事にしました。
e0066115_237199.jpg

久しぶりの味に舌鼓を打ちながら、幸せな休日を過ごす事が出来た事に感謝しました。
[PR]
by uniglobe1 | 2007-05-09 23:08 |

再び、通うぞ~!

仕事の方で、色々有りまして、かなりの窮地に陥っていた事は間違いなさそうです。
でも、運が良いお陰で、なんとか乗り越える事は出来ました。
プライベートを充実させる為にも、仕事は何としても安定させておきたいものです。
厄年だからと言って、負けていられません!
5月からは、心機一転、公私共に頑張ろうと思っています。

世間の連休も明け、やっと落ち着き、休みが取れたので、地元の磯場を覗いて来ました。
昨年の今頃は、さっぱり釣れない冬も終わり、青物開幕前にカタクチの束釣りやフッコ爆、ビックなイシモチなど色々釣れていたのに、今年は釣りに行けていないせいもあり、さっぱり釣果を揚げれて居ません。
そろそろ、ジグサビキででも、結果を出したいと思っていたりします。


2007年5月8日 火曜日 3:30~12:30
月齢20 小潮 水温?℃


余り釣りに行け無いで居るうちに、日の出の時間がすっかり早く成って仕舞いました。
現状の日の出時刻だと、釣り場に4時前、出来れば3時半位には入りたいものです。
事前情報のお陰も有り、モチベーションが高く、予定の時刻に釣り場に入る事は出来ました。

釣り場にはいると、予定外にうねりが高く、潮位が高いせいも有って、磯場は冠水状態でしたが、波のせいで釣りが出来ない程では有りません、安全な釣り座を確保して、投げ続けました。

釣りに行けていないながらも、サビキを作り足したり、リールのラインをまき直したり、準備はしっかりして居ります。
いつ何時に祭りは始まるかはわからないからです。

でも今日は開催はありませんでした・・・
青物開幕までは、まだ少し時間が掛かりそうです。
マズメ時に辛うじて今年初、ジグサビキによるカタクチを1尾だけですが釣る事が出来ました。
e0066115_21393146.jpg

昼間で粘って釣り場を後にしましたが、コマセを使ってる方もヒイラギしか釣れていませんでした。

秋から冬にかけてはプラッキングが中心でしたが、この先夏の終わりまでは昨年同様にジグとサビキが大活躍してくれるはずです。
青物開幕を心待ちにしながら、釣り場へと通うつもりです。
[PR]
by uniglobe1 | 2007-05-09 21:53 | 釣り