<   2006年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

大晦日

昨年以上に、今年は1年が早く過ぎた気がします。
お休みだけでなく、仕事前や夜間に釣りをして、忙しく過ごしたからも有るのでしょうか?
何はともあれ、楽しめた1年でした。

昨年得た情報を頼りに、今年の釣りは展開して行ったのですが、時に思った以上の成果を上げる事も出来ました。
落胆する様な事も有りましたが、出来過ぎでの上の事で、むしろ贅沢な話です。
苦しい事も有りましたが、今では良く覚えていません。(^^)
むしろ、知らない世界にどんどん入って行って、パズルを1つ1つ解いていく、そんな楽しさに満ち溢れて居ました。
来年は、何処へと向かって行くのでしょうか?
分からないだけに、さらに楽しみな気がします。

このブログも、昨年に以上に定期的に見てくれてる方が増えました。
非常にありがたい事です。
来年も、日々起こる、喜びや落胆、感動と興奮、などなどを共有して頂ければ幸いです。

それでは、来年が、皆様にとって良い一年であります様に!
良いお年をお迎え下さい。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-12-31 17:00 | 釣り

竿納め

湘南サーフ(西側)~湘南サーフ~西湘サーフ
2006年12月30~31日 土曜日 23:30~25:30 2:00~3:00 3:30~4:30
月齢9 若潮 水温14℃


今年最後の締め括りは、夜のサーフでシーバス狙いとしました。
9月の半ばから始めた、秋サーフでのシーバスフィッシングを締めくくる釣行でも有ります。

時々、零度台に気温が下がる中、サーフには先行者もなく、好き勝手に投げれる状態で、期待は持てたのですが、シーバスからのコンタクトは無く、当たり1つ無く終了と成って仕舞いました。
3場所を移動しての釣りだったのですが、何処でも状況は変わりませんでした。

締め括りの西湘サーフは、思い入れを持ちながらも、このシーズンでシーバスを揚げる事は出来ませんでした。
来年への持ち越しとなったので、厳冬期に再び挑みたいと思っています。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-12-31 16:30 | 釣り

冬磯

昨日から、仕事もお休みに入ったので、昨日はド級さんと、そして今日は潤平君と一緒に、二日続けて磯場を覗いて来ました。
お正月用のタコの仕入れをしながら、シーバスも狙うとゆう贅沢な企画のはずだったのですが、先日通過した台風並みの低気圧のお陰で、予定は大狂いに成って仕舞いました。

海は荒れ模様な上に、川からの泥濁りが入って、水しぶきがしょっぱく無い程、塩分濃度が低下した模様です。
濁りはシーバスには良いとしても、タコにはどうやら凶の様です。
ベイトも見あたらず、魚っけの無い海でした。

二日通して見かけた魚は無く、自分では初日に辛うじてワンヒットが有ったのですが、リーリング中にロストして仕舞いました。
今回から新規導入のアイマのHONEY TRAP 95Sによるヒットでしたが、おそらくセイゴかメッキでしょう。

昨日に続いて、引っ張らずに終了としました。
天気は良かったんですがね~
e0066115_1743352.jpg

大晦日には流石に竿を出せそうに無いので、なんとか明日、何処かで時間を作って、今年最後のサーフにでも行きたいと思っています。
出来るかな?
[PR]
by uniglobe1 | 2006-12-29 17:39 | 釣り

長距離ランガン

湘南サーフ(西側)
2006年12月26日 火曜日 3:15~7:00
月齢5 小潮 水温?℃


今朝は仕事がお休みだったので、時間を気にすることなく、釣りをする事が出来ました。
干潮は2時22分だったので、ひたすら上げを釣る事になるのですが、潮位はマズメ時になっても比較的低めな状態での、釣行でした。

予報では、朝まで雨は降らないはずだったのですが、サーフに降り立つと冷たい雨がすでに降っていました。
常に十分な雨対策はしてあるので、何時雨が降っても大丈夫ですし、釣り場が空いていたりもするので、雨の中の釣りは結構好きだったりします。
今朝も、見渡す限り、人っ子1人居ませんでした。

空には厚い雲が掛かって居て、街の明かりを映しそれなりの光量をもたらしてくれて居ます。
海は、波が沖のサンドバーで横一文字に崩れ、さざ波に成って押し寄せて来ている状態でした。

今一つな状態に感じるのは自分だけでしょうか?
少しでも水深が有りそうな処を求めて、西に向かってランガンしていきます。

サーフの底形状は行くたびに変化しています。
久しぶりに潮位が低い状態での釣行でしたが、思った以上にヨブが無くなり、ランガン前半部はフラットな底形状をしていました。
今一だと思うのですが、釣れ無い訳ではなく、先週は知り合い2人がヒットを導き出していたりもします。
方程式では割り切れない部分が多々有る事を感じている、今日この頃です。

普段は折り返しているポイントを過ぎ、更にランガンして行くと、変化のないサーフの後に、良い感じの処が連続して有りました。
おそらく、某有名ポイント近辺だと思うのですが、シーバスが此処に居ない訳は無いとゆう位しっかりと変化が有り、居るとしたらばこの際だろうと狙ってキャストを繰り返したのですが、期待に反して反応無く、先に進まざろう得ない状況に成って仕舞いました。
これでヒットが導き出せれば、”思った通り”と言えるのですが、そうは問屋が卸してくれませんでした。
残念です。

反応が無いままランガンし続け、初めて、このエリアの外れまでたどり着いてしまいました。
集中して居たからか、思った以上に距離を感じませんでしたが・・・

帰り道は、大雑把にランガンして、良さそうなポイントと実績の有るポイントで集中的にキャスティングを繰り返します。
決して、諦めず、集中力を切らすことなく、投げ続けました・・・
e0066115_16144686.jpg

最終的に反応は出せませんでしたが、雨の中の長距離ランガンは何故か心地よく、何かが少し吹っ切れた様な気がしました。
釣果を求めながらも、それ以外の物も探しながら楽しむ事が少しは出来たのかもしれません。
自分のシーバスフィッシングは次のステージへ向かおうとしている事を感じます。

夢を心に描きつつ、又、サーフ行きます。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-12-26 23:59 | 釣り

思い通りには行かないものですね。

西湘サーフ~湘南サーフ(西側)
2006年12月22日 金曜日 3:40~5:15 5:30~6:15
月齢1 大潮 水温?℃


今朝は、凪って居た海も前線の影響で波が立つ事が予想され、気圧は低下、潮回りは大潮で潮位も高く、自分的には良い条件が揃った出撃でした。
サーフに降り立つと先行者も無く、高い集中力を発揮出来れば、必ず釣れると感じたのですが、意に反して反応無く、タイムアップ寸前に、このままではダメだろうと、場所を移動したのですが、そちらでも反応を出す事は出来ませんでした。

この処、2時間程度のトライでは、ワンチャンスを作る事が出来ずに居ます。
良い感じの海だからと言って、シーバスはなかなか釣れる物では無くなって仕舞った様です。
次回は出来れば、長時間広範囲をランガンして、探し出す釣りをしようと思っています。

冬サーフの本当の厳しさが、少しずつ近づいて来て居る様ですね。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-12-22 23:59 | 釣り

砂メッキ

湘南サーフ
2006年12月20日 水曜日 4:30~6:30
月齢29 大潮 水温?℃


年内も残り僅かに成って来ました。
チャンスをこの手につかむ為に、今朝もサーフへと向かいました。
サバさんが、先行で湘南サーフ(西側)をランガン中の為、自分は久しぶりの湘南サーフへ行く事にしました。

この秋のシーズンインを飾ってくれた、このサーフは久しぶりです。
サーフに降り立つと、海はベタ凪で、まるで湖の様な状態でした。
あまり期待は持てないかと思いながらも、集中しなくては始まりません。
邪念を捨てて、ルアーを投げ続けます。

開始から15分。
東から西へと細かく刻んで行くと、ゴツゴツとアタリがロッドに伝わってきました。
大きなアタリに反応すると、フックアップ成功!
リーリングを開始すると、手応えから、魚の大きさはシーバス以下で有る事が判明しました。
セイゴ?
大きなアタリの割には、するすると巻き上げられて、揚がってきたのは意外な事にメッキでした。
e0066115_8504640.jpg

サーフでメッキが釣れたのは、初めての事です。
先日のサスケでのゲットに続いて、今度はコモモスリムで釣れてしまいました。

ポジションを固定して投げ続ければ、メッキのアタリは多数発生します。
が、本命を探すべく、更にランガンして行く事にしました。

。 ・ ゜ ・ 。 ・ ゜ ・ ☆。 ・ ゜ ・ 。 ・ ゜ ・ ☆。 ・ ゜ ・ 。 ・ ゜ ・ ☆。 

西の外れまで行って折り返し、再びメッキが釣れた近辺まで戻ってもシーバスからの反応は出せませんでした。
残念ですが、厳しい状況が続きそうです。

タイムアップまで彼方此方をウロウロしてから会社へと向かいました。

年末モードで忙しくなかなか釣行出来ずに居ますが、竿を出す機会を増やさなければ、シーバスにはなかなか遇えそうに有りませんね。
諦めず、作戦を練って、又行きます。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-12-20 09:05 | 釣り

せっかくのお休みがぁ~・・・・・・

本日はお休みのはずだったのですが、年末モードにて、1日仕事に成って仕舞いました。
実に久しぶりの休日出勤なので、贅沢は言えないのですがね~

その後の釣りは・・・
潤平君と行くはずだった、先週末の裏磯への釣行は、寸前に状況を判断して、行き場所をサーフへと変更しました。
早朝、2時から6時までの4時間が有れば、結果を残せる可能性は高いと判断したのですが、連日の仕事の疲れから、寝坊しまして、起きたのは潤平君からの”湘南サーフのシーバス初ゲット”を知らせる電話ででした。
(^-^)ノ∠※PAN!。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・:*オメデトウ

スーパーダッシュでサーフへと向かうと、駐車ポイントには、潤平君の車だけではなく、昨晩にサーフへ入ったサァファーさんの車も止まっていました。
サァファーさんは釣れたのだろうか?と思い電話してみると、何と!ランカーをゲットしたとの事でした。
★オメデ大砲!☆(ノ^o^)♂ドド-ン‥‥…━━━━
初シーバスに、初ランカー、お二方の感動と感激はたやすく想像出来る物でした。

負けじと釣る気満々でランガンしたのですが、1時間もしないうちに風向きが南に変わり、風速10m以上の強風と成って仕舞い、タイムアップを待たずに撤収せざろう得ない状況と成って仕舞いました。
残念です。

サーフについて直ぐに、潤平君の初シーバス75cmを写真に納め、釣行終了後に、サァファーさんのランカー85cmを写真に納めました。

本日も再び、カメラマンにて終了と成りました。

自分も釣って仲間に入りたかったなぁ~(^^;)
[PR]
by uniglobe1 | 2006-12-19 21:38 | 釣り

調査釣行


2006年12月14日 木曜日 6:30~8:00
月齢23 小潮 水温?℃


週末に、仕事前だけれど潤平くんと磯への釣行を予定しているので、今朝は調査がてら磯場に顔を出して来ました。
普段行っているサーフに比べると近い上に、明るくなり始めてからが時合いに成るので、朝はゆっくり目でOKです。
・・・が、油断しすぎて寝坊してしまい、6時少し前にダッシュで磯場へと向かいました。

磯に降り立つと、まだ時合いは来ていない様で黙々とみなさん投げておりました。
自分も少し遅れて戦線に参加です。
この処好調だったメッキも昨日は水温の低下のせいでなのか?サッパリ釣れ無かった様です。
今朝も不安が無いわけでは有りませんが、気にしてもしょうがないので、小型のジグで広く表層を探ります。

さっぱりアタリがない中投げ続けていると、視界の右端で何かがライズしました。
波紋が広がっています。
メッキ?
身体の向きを変え、波紋の辺に集中的にキャストしていると、今度は視界の左端で又ライズしました。
シーバス?

タックルは1/2OZ負荷のバスロッドにPEの1.5号がメインラインなので、かなり大きなシーバスまで対応は可能です。
ルアーをそれまで投げていたリトルビットからサスケ・ボラカラーにチェンジ。
ライズのあった中間点辺りにキャストします。

投げ始めて3投目、バイト!
反射的に合わせると、30m位の距離で魚が跳ねました。
えら洗い!
シーバスです!
目測50前後。
すかさずリーリングを開始すると・・・・・・・・・テンションが抜けましたぁ~
フックアップ失敗です。
(T_T)

かなり残念ですが、落ち込んではいられません。
群れで来ている可能性もあるので、投げ続けます。

暫く投げ続けていると、再びバイト!
今度は、フックアップ成功です。
引きは弱く、セイゴの様に思いましたが、なんと揚がってきたのは、メッキでした。
e0066115_172721100.jpg

サスケに襲いかかるとはたいした奴です。

シーバスを狙って投げ続けますが、メッキの細かいアタリのみで、大きいアタリはなく、この後、メッキもう1尾をサスケで追釣し時間切れで終了と成りました。
何時もの事ながら、仕事前釣行は後ろ髪ひかれまくります。
まっ、またすぐに竿を出せるのだからと、自分を納得させました。

水温低下で心配されたメッキも、もう少しの間ゲームは出来そうなので、少し安心しました。
シーバスも入って来ているので楽しみが増えましたね。
又、磯行きます。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-12-14 17:40 | 釣り

みたび西湘へ

何処のサーフへ行くかは、常に悩みどころで、みんなも色んな戦略を練りながら、何処へ行くかを決めているのだと思う。
沼津から帰って一仕事を済ませ、帰宅せずに直接サーフへと向かいました。
満潮が14時半過ぎなので、早ければ早い程潮位は高い状態です。
自分の中で迷いは禁物、湘南サーフも気にしながらも、前回と同じ西湘サーフへと行く事にしました。

西湘サーフ
2006年12月11日 月曜日 18:00~21:00
月齢20 中潮 水温16℃


夕マズメのせいもあるのか、平日にも関わらず、サーフに降り立つと先行者が3~4名見受けられます。
フィールドに降り立った以上はポジティブに考え、自分の世界へと集中をはかります。
海は、相変わらず波打ち際のブレイクで波が立ち上がる状態で、そこから先の沖合には波立ちが見られません。
先日来た時より、波に厚みがあり、波足も少し長めなようです。
特に前回から新たな情報は無いので、今夜も細かく刻んで行くようです。
東に向かいながらランガンを開始します。
何時も、この時思うのが、シーバスは何メートル以内ならベイトを補足出来るのかなのです。
どの程度の間隔で刻んで行くかはそれによっては変わって来てしまうからです。

まあ、そうは言ってもよく判らないので、フィーリング任せで刻んでいきます。
1km位の距離を東に向かっていきます。
先行者は3名程の様です。

ファーストリトリーブで手替えしよく広範囲を探って行きます。
アタリは無し・・・
折り返しを過ぎて帰り道、それまで居たアングラーが夕飯前釣行だったのか、誰も居なくなりました。

これは良い・・・
より一層集中して探っていると・・・
波裏直ぐの駆け上がり上でバイト!
ヒット!
エラ洗い一発!
ロッドを寝かし、押さえ込んで、追いあわせを入れます。
リーリング開始。
力はありますが、耐え難い程ではなく、波足の長い寄せ波に一気に乗せました。
手前に迫ってくるのを感じながら、寄せ波の中魚体を探します。
いない?
引き波に乗って逃げ始めました。
う~~~~~やばい~~~~~
ドラグを効かせながら糸は出ていきますが、フックアウトする不安が頭を過ぎります。
逃がせない!逃がしたくない!
魚体を確認出来ないまま、次の寄せ波に一気に乗せました。
良い感じで魚体迫ってくるのを感じます。
引き初めてもラインを緩めることなく、波が引いた後には、シーバスがその魚体をさらしていました。
獲れた・・・
e0066115_14553037.jpg

60アップのシーバス。
その大きさ以上に緊張しました。
侮れない物です。
テールフックのみが掛かっていて、タイドの175がまるでジグの様です。
あぶない処でした。

。 ・ ゜ ・ 。 ・ ゜ ・ ☆。 ・ ゜ ・ 。 ・ ゜ ・ ☆

1時間以内で一本目が獲れると精神的にはかなり楽になります。
次のシーバスを探して、更に高い集中へと入っていきます・・・

ランガン2往復目に、又してもアトムさんと遭遇、その後もう撤収しようと考えているとalainさんが登場しました。
皆さん、考える事は同じ様です。(^^)

2本目のヒットは引き出す事は出来ましたが、40mぐらいの距離でエラ洗い一発でフックアウト!
ラインのテンションが抜けたのが原因でした。
しかし、久しぶりの複数ヒットは、嬉しい物があり、次への期待として繋げたいと思います。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-12-12 13:23 | 釣り

フィールドで会いましょう!

この1年は、ネットで色んな方と知り合う事が出来ました。
東扇島に通っていた10年前には考えられない事です。
思えばあの頃は、釣りに関して孤独だった様な気もします。
今は、恵まれた環境に成りました。

昨日、土曜日の晩には、ブログに書き込んでくれたサァファー さんとフィールドで会う事が出来ました。
ブログを通して知り合えた訳で、それは非常に有りがたく、これから先もそんな知り合いが増えて行けばと思っていたりします。

今日もネットで知り合えた、mowさん、usaさん夫妻のマイボートのお披露目会が有りました。
仕事の合間を縫っての参加でしたので、逆に気を遣って仕舞わせたのではないかとも思うのですが、めでたい席だけに参加出来ればしたい物で、サバさんと共に無理なスケジュールで顔を出させて頂きました。

冬のサーフで会ったきりのJUNさん、初対面のハモさん、骨屋さんとお会いする事も出来ました。
来年は、一緒に釣りをする機会も有るかもしれませんね。
楽しみです。

これから先も、より良い出会いがあります様に・・・
[PR]
by uniglobe1 | 2006-12-11 23:59 | 釣り