「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

10月の締め括りです。

西湘サーフ(西側)
2006年10月31日 火曜日 15:30~18:30
月齢8 長潮 水温?℃


久し振りに、生命感がたっぷりある海を見る事が出来た。
昨年末、西湘サーフに初めて行き始めた頃は、海にはベイトが沢山居て、マズメ時には小さなナブラがそこいら中で立っていた。
立ち上がる波の中にも、ベイトの影が沢山見えたけれど、今年はそんな状況には一度も遭遇していない・・・

初めて降り立ったサーフは聞いていた通りの状態でした。
道から海を見下ろした段階ですでにナブラが立ってるのが見え、サーフに降り立ってからは、まさにそこいら中で小魚の逃げナブラが発生していた。
e0066115_4233060.jpg

日が高いうちから投げ始め、何時何が起きても可笑しくは無い状況でしたが、反応はなく、
日没後に期待したけれど、やはり反応を出す事は出来ませんでした。
初めてのポイントとはいえ残念です。

この処、釣行回数が多く、夏に痛めた右肘の痛みがひどくなってきたので、引っ張らずに18時半で終了としました。
(余談ですが、右肘痛は”野球肘”とゆうらしく、回復には1ヶ月の療養か、1日50投以内に抑える必要が有るそうです。はっきり言って釣りのし過ぎのようです。(^^;))

ポイントの状況を把握する事は出来たので、次は夜になってから乗り込みたいと思っています。

湘南サーフ(西側)
2006年10月31日 火曜日 19:00~20:00
月齢8 長潮 水温?℃


まっすぐ帰って、体を休めればいいのに、ついつい昨日のサーフにも寄って仕舞いました。
(^^;)
1時間程度広く探って見ましたが、昨日と状況は変わらず、良い処無しで直ぐに終了となりました。
やはり、湘南サーフ(西側)は、シーバスが沢山居る訳では無く、かと言って、全く居ないわけでも無い、そんなサーフなんだと実感しました。
シーバスの居場所を把握する事が出来れば良いのですが、まだまだ到達出来ない領域の様です。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-10-31 23:59 | 釣り

ランカーチャンスのはずが・・・

湘南サーフ(西側)
2006年10月30日 月曜日 19:30~22:30
月齢7 小潮 水温?℃


休みを明日に控えた今晩は、先週末に茶筒を拾ったサーフに行ってきました。
昨年の状況を考えると、イカ=ランカーチャンスとも言えるので、マメに通ってチェックしたい物です。
とわ言え、仕事が少しばたばたしていたせいで、週末は行けず終い、今晩やっとの出撃で御座いました。(^^)

サーフに降り立つと、海は、リストデーターで想像想像して来た以上に凪ぎ凪ぎで殆ど波立ちが無く、苦戦を予感させる状況でした。
東の外れから、西に向かってランガンし、さっぱりアタリのない中、かろうじてゲットしたのは、サーフでは初めてのセイゴ君でした。
e0066115_764486.jpg

小さいけれど、タイドミノーを使っての初めてのシーバスなので、自分にとっては、大きさ以上に価値が有ります。

制限時間の10時半前まで投げ続け、小さいアタリが一回とセイゴのヒットのみとゆう寂しい結果でした。
今晩は茶筒も打ち上げられて居なかったので、ランカーチャンスは一時お休みだった様です。

明日は、お休みなので、西の初めてのサーフを明るいうちから覗きに行こうと思っています。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-10-30 23:59 | 釣り

ランカーゲット!・・・拾い物ですが(^^;)

友達のmuminは、今朝、メッキ狙いで、某石積みへ出撃を予定しているそうな・・・
人の釣行予定を聞くと自分も行きたくなって仕舞うのは釣り人のさがなのでしょうか?
仕事前もあり、あまり時間ぎりぎりまで釣りは出来ないので、1人早めに入ってサーフでシーバスを狙った後合流する事にしました。
メッキに割ける時間は、あまり無いけれど、シーバスさえ釣れれば納得出来るかな?

湘南サーフ(西側)
2006年10月27日 金曜日 3:30~4:30
月齢4 中潮 水温21.5℃


サーフに降り立つと、海況は全体的に凪って居たので、多少でもうねりが入って波立ってる処を中心に攻める事にしました。
ルアーは、何時も通りに最初はアイマは封印して、タイドやk-tenを投げます。
世間一般で信頼の高いルアー達も、自分で結果を出せなければ、意味が無いわけで、信じれるルアーを1つでも増やす為に、なんとかヒットに漕ぎ着けたいと思って居るのですが、なかなか上手くは行きません。

最初にチョイスしたルアーを投げ続けていると、ふと足下に、何か転がっています。
もしや?と思い、ライトで照らしてみると、やっぱり!今年初の茶筒が転がっておりました。
瀕死状態ですが、指で突っつくと動きます。(^^;)
ラッキー!迷うことなく、キープ致しました。

後で合流する予定のmuminの分も拾おうと思い、シーバスを一時中断して西に捜索の手を伸ばしたのですが、2杯目はゲット出来ませんでした。

捜索終了後、某石積みに移動するにはまだ早かったので、元のポジションに戻って再びルアーを投げます。
結果を出したいルアー達を中心にローテーションして行きますが、アタリ無く時間だけが経過していきます。
釣れ無くても、少しもおかしくは無い・・・
むしろ、秋シーズンが始まってからの自分の結果は出来すぎている・・・
サーフでのシーバスが、そうそう釣れ無い事は、冬のサーフで痛い程経験してきているから・・・

移動する時間が迫ってきたので、最後に残しておいた、いつものコモモを投げる事に・・・
そうは言っても、そうそう釣れ無いだろう・・・
一投目、キャスト~・・・・・・反応無し・・・
二投目、キャスト~・・・・・・反応無し・・・
三投目、キャスト~・・・・・・反応無し・・・
やっぱり・・・・・・・・・(^^;)

コモモを投げ始めて、10投目位だろうか?
予想外な事が・・・
ファーストブレイクとセカンドブレイクの間の少し掘れた所で、いきなり、ヒット!
合わせを入れて、リーリングを開始すると、えら洗い1発・・・えら洗い2発・・・
シーバス!
信じられない・・・まるっきり前回と同じパターンなのです。

ロッドは、最近サーフではあまり使用していないsps962ss-tiでしたが、シーバスのパワーに負けることなく、上手く寄せ波に乗せてランディング。
e0066115_1263142.jpg

又しても、フッコサイズですが、ゲット出来ました。
自分自身、信じられない事ですが、どうやらパターンをつかんだのかもしれません。
サイズは今一つ伸びないのも、此のパターンで釣っているから。
同じサーフで、同じ様な場所に付いているシーバスは、サイズも同じ位の様です。
贅沢な話ですが、サイズアップを望むのなら、違うパターンで釣るしかないのかもしれません。
釣れ無くても、さらなるサイズアップを目指して、自分を変えて行く・・・
かなり難しい事ですね。

4時半をもって石積みに移動後、muminと合流したけれど、シーバスタックルでメッキを狙う気には今一つなれず、直ぐに終了としました。

茶筒が居ると有れば、ビックなシーバスも入って来るはず・・・
これから先、かなり期待が持てそうです。
どんなパターンで引き出せるか、さらなる課題をなんとかこなしたい物です。
作戦練って、又、行きます。

帰ってから、茶筒を計ったら、まさにランカーでした。(^^)
e0066115_12323077.jpg

[PR]
by uniglobe1 | 2006-10-27 12:37 | 釣り

今シーズン最後のオフショア。

相模湾
2006年10月25日 水曜日 6:00~13:30
月齢2 中潮 水温?℃


仲間に恵まれたお陰で、今年から始めたオフショアでのルアーフィッシングは、釣果に恵まれたり、恵まれなかったりと、色々有りましたが、今回のイナダ狙いで、今シーズンは終わりとする事に致しました。
今回最後のターゲットは、初夏のワカシからだいぶ大きく育った、イナダ狙いでの出船でした。

前日の天候は強風が凄く、地域によってはかなりの高波だったのですが、房総半島のお陰で波裏に成ったのか?相模湾は波は高く成らずに済みました。
一夜明けて、出船の朝は、風も収まり、海は凪ぎ、汐色も良く、絶好の沖釣り日和の筈だったのですが・・・何故かイナダは何処に行っても不在で、釣れるのはサバかシーラのみでした。
彼方行ってはウロウロ、此方行ってはウロウロと、反応の有るポイントでジグをジャークしまくったのですが、反応を出す事が出来ず、そのまま沖揚がりの時間とと成りました。(T_T)
朝一にサバが何尾かは釣れていたのですが、イナダにクーラーボックスのスペースを割く為にキープはしなかったので、結局お持ち帰りは何もなく、寂しい結果と成りました。

普段は磯から沖の船団を見る事が多いのですが、今回はその逆でしたので、磯で今鯖が揚がって居るのも納得とゆう感じでした。
e0066115_1219545.jpg

来シーズンも、機会が有れば、オフショアからいろんなターゲットを狙いたいと思っています。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-10-26 12:26 | 釣り

せっせと食べなきゃ・・・

未だに夏のシーラの切り身が残っていたり、干物にしてから冷凍したサバやカタクチ達、キープしたシーバス等々、冷凍庫はまんぱん状態です。
整理する為にもせっせと食べなきゃ成らないのに、奥様は何故かほっけやアジをスーパーで買って来てしまったりする・・・困ったもんです。(^^;)

今日はお休みでしたが、強風の為釣りはお休み、夕方から有る物で夕飯用に二品ばかり作ってみました。

シーラとワタリガニのパエリア
e0066115_19122155.jpg

彩りは今一に成って仕舞ったけど、旨みたっぷりには出来ました。
何時食べても、お焦げがまいう~です。(^^)

鱸のカルパッチョ
e0066115_19134586.jpg

お店で出てくるアジと殆ど変わりなく、刺身で頂く以上に美味しいかもしれません。
オニオンスライスとのマッチングも最高でした。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-10-24 19:18 |

雨の中、1人サーフへ

湘南サーフ(西側)
2006年10月22日 日曜日 8:00~9:00
月齢29 大潮 水温20.8℃


少し気になりだした・・・いいえ・・・沢山気になり出した、サーフの様子を見に雨の中西に向かってきました。
調査に向かう途中に寄り道して、行きと帰りに30分ずつ、湘南サーフ(西側)で竿を出すつもりが、最初の30分が、余りにも反応が無いのでついつい1時間近くも投げ続けて仕舞いました。(^^;)

自分の短い経験だと、実績の有るルアーはまだまだ限られているので、少しでもそれを増やそうと色々なメーカーのものを投げ続けては居るのですが、今のところアイマを越えるメーカーが出て来ては居ません。
今夜も1時間のリミットまで残り少しで、コモモのスリムを投げていなかった事に気が付き、投げ始めて3投目でのヒットでした。
e0066115_22553295.jpg

かなり強くなった雨の中、再びフッコサイズをゲット出来ました。
このサーフのシーバスは型が50~60cmで揃っている気がします。
大きいのは何処・・・

予定時間を30分過ぎて仕舞いましたが、車で西に大きく移動。
移動後、西のポイント周辺を見て廻ったのですが、暗くてよく判らない事も沢山あり、もう一度昼間にでも再調査の必要性を感じました。
駐車ポイント等も今一つ判らなかったので、竿を出すことなく、そのまま帰途へ着きました。

又行きます。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-10-22 23:02 | 釣り

今日は運動会


2006年10月21日 土曜日 5:00~7:00
月齢28 大潮 水温?℃


今日は娘の小学校が運動会なので、お休みを頂きました。
朝4時にシートをひきに小学校に侵入、自分が一番乗りかと思いきや、ひいてあるシートがすでに多数有りました。
皆さん、お早い様で・・・(^^;)

運動会まで時間が有ったので、その間ちょっと磯を覗きに行ってきました。
大潮の朝マズメと有って、高めの潮位の中、西側裏手の磯で、小型のルアーを中心に投げて来ました。
2時間投げて、当たり1つ無く終了・・・(^^;)
ちょっと寂しい結果ですが、まあしょうがありません。
人によっては、メッキが多少揚がっていた様ですが、数自体は不明です。

奥様に怒られない範囲内の時間を持って終了としました。
e0066115_17505243.jpg

[PR]
by uniglobe1 | 2006-10-21 17:51 | 釣り

作戦勝ち!

シーズン開幕したにも関わらず、河川がらみ以外のエリアでは思った程の釣果は出て居ない様です。
最近行き始めた、湘南サーフ(西側)もかろうじて結果が出てはいる物の、アタリの余りの無さから、おそらく魚影は薄いのでしょう。
魚影が濃かったあのサーフは現状では進入不可能ですし・・・
この際、一気に今期最終目的のサーフに乗り込むとゆう手も有るのですが、今一つ釣れるイメージが湧きません。(^^;)
ポイントをどのサーフにするかは、実に難しい問題です。

そこで今回は、スクーターで移動しているメリットを生かして、あちこちハシゴする事にしました。
ランガンしている時間をスクーターでの移動に割けば、キャスティングしている時間自体は大差は無いはずです。
果たして、吉と出るか?凶と出るか?・・・

湘南サーフ~湘南サーフ(西側)~西湘サーフ
2006年10月20日 金曜日 3:00~6:00
月齢27 大潮 水温21℃


湘南サーフ
台風のせいで大幅に形状が変わってしまったサーフは現在も変わらず。
行きたいエリアは相変わらず進入不可能な状況です。

手前に有る、防波堤の突端部から多少キャストしてみる事にしました。
投げてみて判ったのですが、サーフ形状だけでなく、海面下もだいぶ形状が変わってしまった様です。
前に有ると感じた、突端から左手前方に伸びるシワの様な溝がルーズに成り、全体的に多少掘れた様な感じがしました。
河口からの流れ込みのせいでしょうか?

ダツなのか?ボラなのか?セイゴなのか?小さいアタリは多少有る物の、決してのる事はなく、引っ張っても意味が無さそうなので、40分ほど投げて、移動する事にしました。

湘南サーフ(西側)
ピンポイントだけを狙って、スクーターで近くに乗り付けました。
まだ、4時前です、流石に誰も居ません。
この処、頻繁に使用しているサスケからキャスティングを開始。
信ずる物は救われる・・・筈なのですが、アタリは出ません。
10分位投げてから、波立ちが少ないので、コモモに変更する事にしました。

今晩もアイマはやってくれました。
コモモに変更後、同じエリアで、同じ様なトレースラインで、何投もしないうちに、波打ち際でヒット!
かなり弱い寄せ波に乗せてランディング。
フッコサイズですが、シーバスゲット出来ました。
e0066115_11524716.jpg

又このカラーですか?と言われそうですが、コモモスリムはこれしか持ってないので、勘弁して下さい。(^^;)

単発のふらつきだったのでしょうか?
2匹目を狙って投げ続けましたが、その後は当たり無く、4時半前に再び移動開始です。

西湘サーフ
今日の本来の目的地に到着。
最近、河口部の工事のお陰で、サーフにエントリーしやすく成りました。
これから年末、来年に掛けてのメインと成るフィールドです。
しかし、未だに釣れるイメージが乏しいのが現状、これからそれを変えていかなければと思ってます。

サーフに降り立つと、うねりは少ない物の、波足は長目です。
場所によって波立ちが全く違うのを痛感します。

ちょい潜り目のルアー何種かを使用して東に向かってスライドして行くと、思い入れの有る、あの根回りに直ぐに到達しました。
タイムアップまで此処で粘る積もりです。

投げ続けても、反応はなく時間が経過。
5時を廻ると空も白み始め、タイムアップ寸前には、綺麗な朝焼けを見せてくれました。
e0066115_11533780.jpg

朝マズメのゴールデンタイムにも関わらず、残念な事に生命観に欠ける海面でした。
まだ、少し早いのでしょうか?
通い続けなければ判らない事ですね。

シーバスには会えませんでしたが、6時を持ってタイムアップとして、帰途に着きました。
直接、西湘に入って居たら、今朝のゲットはなかった事でしょう。
今回は、作戦勝ちと言えそうです。(^^)

作戦練って、又、行きます。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-10-20 11:58 | 釣り

リメイク

使用頻度が高いルアーは、ルアー自体もダメージを受けやすく、傷みも早い。

冬の誰も居ないサーフで向かい風の時何時も投げていたブルースコード115C、春の磯でのシーバス爆は、サスケSF125裂波レッドベリーが活躍してくれた・・・

塗装が剥がれ今では余り出番がなくなったルアー達を、一線級に戻す為に、市販の缶スプレーでリメイクしてみました。
市販品のラインナップには無いのですが、欲しかったカラーのレッドヘッドチャートに変身です。

BEFORE
e0066115_1855106.jpg

AFTER
e0066115_18563591.jpg

果たして、シーバスがヒットしてくるかどうか?
シーバスに聞かなきゃ判りませんね~(^^)
[PR]
by uniglobe1 | 2006-10-18 19:02 | その他

意外な処で初物ゲッツ!


2006年10月17日 火曜日 5:30~8:00
月齢24 若潮 水温?℃


サーフから家に戻り、仮眠を取った後、再びサーフへ戻る事も考えたのだけど、右手肘の痛みも大夫ひどかったので、おとなしく磯に行く事にしました。(^^;)

先週に、寝坊してウルメとアジを狙い損ねて居たので、今朝はしっかり5時半から竿を出せる様に磯に入りました。
この処の青物が不調を思わせる釣り人の数でしたので、釣り座も無理なく確保出来ました。
海は透明度が高く、表層にはボラッ子なのか?沢山の小魚がもじっており、時折小さなナブラが立つ魚っけは非常に有る海では有ったのですが、反面水揚げは全く揚がって居らず、ウルメとアジは不在でしたが、自分だけが、かろうじてジグサビキでかますを2尾ゲット出来ました。
e0066115_15365891.jpg

塩焼き、美味でした~(^^)

裏の様子を見ながら帰ろうと、船着き場から廻ると、小魚がナブラって居るのを発見!
ナブラを見たら投げずには居られないのが、釣人です。
ジグ以外ルアーは全く持ってきて居なかったので、その中でもシルエットが小さいメガバスバブルヘッダー1ozを使用。
まるでワカシを釣った時と同じ様な着水と同時に開始する表層ツイッチに、ヒット!
揚げて見ればビックリ、小さいけれど初物の大陸セイゴちゃんでした。
e0066115_15445253.jpg

今年はシーバスにほんとに縁が有るようです。
もっと小型のジグなら入れ食いになりそうな中、チェイスは多数。
直ぐに2尾目がヒット!
今度はマルセイゴ(^^?)
e0066115_1547359.jpg

群れに、大陸とマルが共存しているのでしょうか?
不思議な感じがしました。

この後、群れが離れたのかヒット無く終了となりました。
意外な処で、初めての大陸鱸(セイゴですが)が釣れたので、小さいですが、ちょっと嬉しかったりします。

サーフに通う日々がこれからも続くとは思いますが、休みの日の早朝は地元の磯でのんびり釣りもいいですね。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-10-17 15:25 | 釣り