<   2006年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

シェイクダウン

湘南サーフ
2006年9月28日 木曜日 20:45~22:30
月齢5 小潮 水温23℃


今晩の釣行は、家庭の事情で時間制限有り、タイムリミットは10時半です。(^^;)

サーフに降り立つと、海は凪ぎ、波が立っているのは、水深が殆ど無い処に限られています。
前回釣れた時以上に波立ちが少ない状態です。
波が立っている処は、サーフからは狙えないので、防波堤の突端から狙う事にしました。

今夜の釣行は、新しいリールのシェイクダウンも兼ね、ルアーも新規導入の、コモモスリムSF130レッドヘッドをまずは使用します。
波の際の水深のあるポイントを狙って、キャスト~・・・

ルアーが着水後、ベールを戻し、竿を煽って糸ふけを取ってから、リーリングを開始。
何時もと同じ動作をしていると、初投にも関わらず、”ゴツゴツ”とあたり・・・?
リーリングの速度を抑えると、”グ・ググ~ン!”ヒット・・・・・・?
ドラグが効き、ラインが出ていきます。
エラ洗い!
フックオフ~・・・・・・(T_T)
いきなりですか~! 
ルアーでの釣りは突然とは言え、一投目からでは余りにもビックリしてしまいます。
俄然やる気が出て、投げ続けますが、その後は反応が無くなってしまいました。

こうゆう時は、場を休めた方が良いのかな?と思い、今度はサーフへ移動。
波打ち際を様子を見ながら歩いて行くと、リンク先のalainさんがキャストしていました。
今夜の状況など、暫くお話しをしていると、正面でライズ!シーバス?
投げずには居られません、再び戦闘開始です!

波打ち際を、西に向かって、ランガンして行きます。
明確な当たりはあまり無いものの、波打ち際の至近距離でシーバスらしき、ミスバイトは有り。
釣れそうな状況で有る物の、ヒットにはなかなか居たらず、今晩一緒に行ったmuminに追いついた頃には、残り時間は30分に成って仕舞いました。

残り時間は、西の外れでキャストをし続ける事にしました。
西の外れは、部分的に水深が浅く成って居る様で、フルキャストして巻いてくると、途中でルアーが底付きしている感じです。
投げ続けていると、アタリを感じ、反射的に合わせると、ドラグがなき、ロッドが絞り込まれます。
ヒット!・・・・・・・・・しかし、直ぐに生命反応はなくなりました。
ボラ?シーバス?
同じ様なアタリがもう一度あり、3度目でついにのせる事に成功!
重量感が有る引きですが、夏場にいろんな青物やシーラなどを釣っていたお陰で、落ち着いてやりとりが出来ています。
波打ち際でも、無難にランディング!
ボラじゃなくってほっとしました。(^^)
e0066115_756286.jpg

タイムアップまで10分ちょっとの残りでした。
揚がったシーバスを見て、muminは俄然やる気に成っていたので、ヒットルアーのコモモを渡して帰途に着きました。

あがって来たシーバスは、実に何年振りかでのスズキサイズで、相模湾では初です。
開幕戦のフッコに続き、さい先の良いスタートが切れました。
シーバス秋の陣用に新たに購入したc3000も無事にシェイクダウン出来ました。
非常に調子よく、良い戦力に成ってくれそうです。

ランカー目指して、頑張るぞ~お~!
又行きます。(^^)
[PR]
by uniglobe1 | 2006-09-28 23:59 | 釣り

なんとかゲットしたけれど・・・

相模湾
2006年9月27日 水曜日 6:00~12:00
月齢4 中潮 水温?℃


本日は、ド級さん、S君と一緒に、平塚港の庄治郎丸でメジ・カツオを狙い、ジギングしてきました。
朝一は、波も大夫収まり、日の出まで拝め、”普段の行いの良さ?”を感じたのですが、結果的には大錯覚でした。(^^;)

河口部を抜けて、海上に出ると、かなりの広範囲に海鳥が飛び回って居たのですが、魚を見つけれずに探索し続けている様子でした。
自分たちも、鳥たちと同じ状況に置かれ、メジを探して、あっちこっちをウロウロ状態で、気がつくと探索の範囲はかなりの沖合まで達していました。
沖に出る程に波は高く、乗り物酔いしやすい自分にはかなり辛い状況に・・・
向かいに見える船の船首の底が波間に見える様な状況下でしたが、なんとか本命をゲット!
しかし、その時点で集中力が切れ、船酔いでダウンしてしまいました。
粘れれば、もう少し追釣出来たと思うのですが、残念です。

その後、体調は回復することなく、雨脚も激しく、雷も見えたそうで、結局昼前に早上がりと成りました。
最終的に、メジ1、シーラ2、サバ3とゆう結果です。
オフショアで船酔いダウンでは話にならない様な気もしますが、遠足のバスで何時も窓からパクパクしていた自分なので、しょうが無いと言えば、しょうが無いのかもしれません。

なんとかゲット出来ました、初物のメジ35cmです。
e0066115_21374820.jpg

カッタクリでもこの処、数は出て居ない様なので、釣れただけラッキーだったのでしょう!
また機会が有れば、挑戦したいと思います。

夜に予定していた、サーフでシーバスは波高の為、中止しました。
明日の晩にでも、覗いてみます。(^^)
[PR]
by uniglobe1 | 2006-09-27 21:40 | 釣り

やっぱり朝の海は気持ち良いです!

湘南サーフ
2006年9月22日 金曜日 3:45~6:00
月齢29 大潮 水温23.8℃


今朝も、眠い目を擦りながら、サーフに行ってきました。
時間が少しでも取れるので有れば、海に向かって居たい様に思っています。

サーフに降り立つと、前回以上に波っ気が無く、まるで湖の様な海で、波打ち際だけがわずかに波打って居る状態でした。
サーフ自体がワンドになっているせいで、大磯などの一直線なサーフに比べ波立ちが大夫悪い様です。
そのせいで、変化が無さ過ぎて、ポイントを絞り込めません・・・
波立ちの重要性を、ポイントの絞り込みとゆう面からも感じました。

明るく成ってからも、ランガンしていると、昨年お世話になったあのイカ君の子供らしき物体が打ち上げられて居ました。
e0066115_20465536.jpg

早い物で、去年のイカ拾いからもうすぐ1年が経とうとしています。
当時の自分に比べて成長をする事が、果たしてどの程度出来たのでしょうか?
これからのシーズンでその結果を問われると思っています。

制限時間いっぱいまで粘ったのですが、この1尾のみのゲットでした。
e0066115_20552762.jpg

綺麗にお口にフッキングしていました。(^^)

次回のサーフは出来る事であれば、もう少し西方面を覗いてみようかと、思っています。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-09-22 20:58 | 釣り

やっぱり甘くは無いですね~

湘南サーフ
2006年9月20日 水曜日 3:30~5:30
月齢27 中潮 水温24℃


前回の釣行後、雨が上がった後は風と波の海に成ってしまいましたが、今朝方になってやっと、波、風、共に収まったので、仕事前に早起きしてサーフを覗いて来ました。
釣れるイメージたっぷりでの釣行だったのですが、裏腹に当たり1つ無く終了となり、そうそう簡単には釣れてはくれない事を再認識しました。

今回は、一カ所に留まらず、あちこち移動してポイントをチェックしました。
地形チェックは出来たので、次ぎに繋げる釣行とゆう処でしょうか!

又、時間作ってサーフ行きます。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-09-20 14:06 | 釣り

秋の陣

9月に入り急に涼しくなりました。
短パン、Tシャツでの釣りは出来なくなり、秋の気配を感じ始めております。

ここ数日は、夏限定の装備を仕舞い込み、秋仕様の装備へと衣替えをしています。
今夜も秋にメインで使うC3000のリールのラインを交換しました。
作業しながら、気持ちは、サーフでのシーバス秋の陣へと思いが募ります。

釣りしたい・・・

今夜は雨・・・(T_T)

釣る人は、雨の中でも釣行して、しっかりと釣ってくる様ですが、夜に暗いサーフで雨の中、釣れる気がするとゆうのは、自分には嘘に成ります。
釣る気に成って行くには無理が有るので、少しだけ様子を見てくる事にしました。(^^;)
シーバス秋の陣を開幕するのは普段行き成れて居ないサーフなので、駐車ポイントや、サーフの水深のチェックをかねて、行く事にしました。

奥さんには、見始めたばかりの、”パイレーツ オブ カリビアン”を見終わる前には帰ってくると言い残し、釣り場へと向かいました。

湘南サーフ
2006年9月17日 日曜日 20:30~21:00
月齢24 長潮 水温24℃


サーフに降り立つと、思っていたポイントのイメージと少し違いました。
地図や写真で見ていただけだったので、実際に歩いてみるのとは大夫違うものです。

今夜は、波立ちが少なく、何処も凪って居ます。
唯一波がまともに立っているのは一カ所だけで、狙うとしたら、波立ちの脇なのでしょう。
時間が有れば、美味しそうなポイントは後に残して、凪って居る中をランガンしながら、少しでも変化のある処を、少しでも水深が有りそうな処を攻めていこうと思っていたのですが、時間がないので、最初から波のあるポイントに入る事にしました。

波立ちの右脇は、見事に波がなく、水深が有る事が容易に想像出来ます。
時折、ボラがライズする中、ちょっと気になるライズが幾つか有りました。
シーバス?
そんなに上手くは行かない事は判っています。
でも、信じて、イメージして投げ続ける事が結果への最短の道だとゆう事が、この1年ルアーを投げ続けて、よく判りました。

気持ちを託すルアーは、今日は濁りがサーフにも入って居たとゆう話を聞いていたので、手持ちでアピール力が有りそうな、サスケ コットンキャンディーをチョイス!
サスケの泳層で、サーフの水深の浅い処もチェックするつもりです。

ボラのライズが有る中、やはり気になる奴が居ます。
それも、1尾でなく、何尾かです!
立ち位置から向かって右方にも、左方にも気配が有ります。
居るのかも?

風に負けない様に投げ続けていると、”コ・コン”とあたり?
のる訳ではなく・・・

投げ続けていると、今度は明確な当たりが・・・
反射的に合わせを入れると・・・・・・・ヒット?

ヒットです!竿先から、生命反応!

ボラ・・・?
シーバス・・・?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・えら洗い?!

ラッキー!

ばらさない様に、結構焦ってランディング!
なんとかゲット出来ました~(^^)/
e0066115_0501098.jpg

この秋、サーフでの開幕を飾ってくれた、シーバスです。
フッコサイズですが、十分嬉しく満足出来ました。

興奮したせいか、撮影にもたつきシーバスはキープせざろう得ない状況に成ったので、調査を中止して帰途に着く事にしました。
本格的な調査は次回に持ち越しです。
釣れたからでは無いのですが、短時間の調査ながらも、得る物は有った様に感じます。
更に準備を進めて、秋の陣に斬り込みたいと思います。

今年の秋は、追い風が吹いてくれる事を期待します。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-09-17 23:59 | 釣り

朝のお散歩

トライの朝の散歩は近場で済ませる事が多いのだけど、今朝は早起きが出来たので、砂浜まで足を伸ばしてみました。
砂浜に降りると、波や水を全く怖がらないトライは、大喜びで海に突っ込んで行きました。
帰ってからが大変です。
e0066115_8184944.jpg

北風は思った程ではなく、波も低い状態なので、今朝は良い条件で釣りが出来た事でしょう。
海岸からは、船着場周辺に釣り人が居るのが見えましたが、魚が釣れているのかどうかまでは、流石に遠く、判りませんでした。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-09-15 08:21 | その他

惨敗で~す(T_T)


2006年9月12日 火曜日 5:00~10:00
月齢19 中潮 水温?℃


昨日はお休みだったので、磯を覗いてきました。
磯場は平日にも関わらず、釣り人多数で?
暗いうちから、磯は釣り人で一杯、左手磯の左端に廻り込んだ所でなんとか竿を出しました。
明るくなる前に、ファーストヒットを手にする物の後が全く続かす、最終的にそれのみで終わってしまいました。
暗いうちから弓角では、ソーダが釣れており、撤収する頃でもまだ釣れ続けて居ました。
弓角を投げ続ければ、つ抜けも無理なく達成出来る状態でしたが、ジグには反応悪く、改めて、ジギングの難しさを感じました。

本日の釣果 ヒラ1のみです。(T_T)
e0066115_1841878.jpg

来週からは、マズメ時だけでなく、深夜のサーフにも顔を出そうと思ってます。
さー頑張りましょうかね~(^^)
[PR]
by uniglobe1 | 2006-09-13 17:34 | 釣り

初物ゲッツ!


2006年9月11日 月曜日 5:00~8:00
月齢18 中潮 水温26℃


今朝、仕事前に時間の余裕が取れたので、磯を覗いて来ました。
磯場に顔を出すのは2週間ぶりですが、先週はソーダが好調に釣れて居た様です。

まだ暗い中、家を出て磯場に向かうと、空がピカピカして居ます・・・?
雷?音が全くしません?
ちょっと不安を抱えながらも、磯場へと降りて行くと、原因がはっきり分かりました。
正面の彼方、水平線の辺りに稲妻が光っています。
見た感じの位置だと、海面に落雷してると思われ、遠すぎて、音が聞こえないのでした。
遠いとはいえ、ちょっと恐~(^^;)
落雷に遭って、ニュースには成りたくないですからね~

風が強くてやりにくい上に、落雷も恐い、でも釣りはしたい・・・
どうしようかと様子を見ていると、いきなり大粒の雨が降って来ました。
何か最悪な展開です。(T_T)
道具はそのままに、取り敢えず崖下に待避する事にしました。
e0066115_13241088.jpg

雷もゴロゴロ!雨はザーザー降りです。
平日で元から少なかった釣り人ですが、みんな居なく成って仕舞いました。
雨装備が無いので、帰る事も出来ずに待ちぼうけです。

30分位降り続いたのでしょうか?
眠くなって,ウトウトしていると、空が明るくなって来ました。
やっぱり、おこないが良いと違いますね~(^^)
風もだいぶ収まり、なんとか竿が出せそうです。
e0066115_13502652.jpg

右手の磯から、いつものジグサビキをキャスト~
今日は、10本針のサビキにヅグ21gの組合せです。

去年の今頃は、アジやウルメが沢山釣れてた様に思うのですが、今年は今一ですね。
今朝も、小魚のあたりは全く有りません。
ターゲットを変更して、表層を意識しながら、投げ続けていると待望の当たりが来ました!
そして、ヒット!
生命反応が、竿先から伝わり良い感じです。
リーリングしてくると、それほど大きくは無いものの、横走りして逃げるその魚影は、狙い通りのあいつでした。
テンションを抜かない様に抜き揚げると・・・
思った通り、今年初のヒラソーダ君です。
e0066115_1471834.jpg

ちょっと小さいのが玉に瑕ですが、初物だし、昨年はジグで釣れて無い記憶もあるので良し!
本日の目標達成です。

2匹目を狙って投げ続けていると、空に小さな虹が見えました。
e0066115_1419342.jpg

”プチ幸せ” な感じです。(^^)
それとは裏腹に、釣りの方は、当たりもなく時間切れで終了となりました。
朝一に降った雨のせいで、河口からの濁りが入り、釣れる様な状況では無くなって仕舞ったせいも有るかとは思いますが・・・
帰り道、上から見たらくっきりです。
e0066115_14321179.jpg

まっ、仕事前に楽しめました。(^^)
[PR]
by uniglobe1 | 2006-09-11 14:26 | 釣り

再チャレンジ

相模湾
2006年9月6日 水曜日 13:30~16:30
月齢13 大潮 水温?℃


先日に続いて、平塚を午後から出船のライトルアー船に再び乗ってきました。
ド級さんとS君、自分の3人組です。
夏休みも終わり、平日なのできっとガラガラで貸し切り状態かと思いきや、出船台数が減ったせいで、前回と同じに混み混み状態でした。
ただ、今回はド級さんが早く来て申し込みをしてくれたお陰で、ミヨシに釣り座を構える事が出来ました。
ありがと~(^^)/

魔の河口を抜け、今回は西方面へと船は向かいました。
西に向かう程、鳥が増え、たどり着いたのは辺り一面がナブラってるポイントでした。
船の周り全部がナブラって鳥山が出来ています。
e0066115_11423562.gif

見えている陸の状態から、国府津の沖数キロの地点です。
サーフで巨大な鳥山を何度も見かけましたが、今回はそのまっただ中に入り込む事が出来ました。
黒い大きな固まりに成っているカタクチにはサバが付いており、ジグを投げると、何匹もの鯖が追いかけて来るのを観る事が出来ます。
ジグがホールして行かない、サバ爆を初めて体験する事が出来ました。

釣れたのは、ほとんどがゴマサバで、サイズは40弱程度でしたが、まるまると太って良いサバでしたよ。
e0066115_15362410.jpg

12尾でクーラーボックスが一杯に成って仕舞い、それ以上のお持ち帰りは諦めました。
リリース多数で何尾釣れたかもよく分からない状況でした。

冷たい小雨が降る中、前回よりも満足感を得られての帰港と成りました。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-09-07 15:37 | 釣り

シンプルな物が一番!

あれこれ、魚料理は有るけれど、旬の物を素材を生かして食すのが何よりも一番美味しい物です。
春先の鯖は脂の乗りが悪かったので、〆鯖等で頂くのが自分的には美味しかったのですが、今の真サバは、脂ノリノリなので、シメサバで食すと気持ち悪く?成るぐらいです。
其処で今回のは、腹開きにしてから一夜干し、後に塩焼きで頂きました。
油が乗って、最高に美味しく頂けました。

鯖の一夜干し
e0066115_19102718.jpg

[PR]
by uniglobe1 | 2006-09-05 19:16 |