<   2006年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

いつもの事ながらも・・・

西湘サーフ(東寄り)
2006年3月28日 火曜日 4:30~7:00
月齢28 大潮 水温14.5℃


忙しい中、何とか休みが取れたので、サーフへ暗いうちから出撃致しました。
江ノ島のカタクチは何処かへ消えてしまった様なので、サーフに行く事にしたのですが、此方もさっぱりで、大潮の朝マズメとゆう最高の条件にも関わらず、お魚の姿は全く拝めませんでした。
左右1㎞に10数名のルアーマンが竿を振っていましたが今ひとつ。
同日に東の外れでは弓角でサワラが揚がったようですが、ルアーのレンジ外だった様です。
寂しすぎます。(T-T)

いつもの事ながらも、全く持って納得出来なかったので、夕方今度は裏磯に行ってみたのですが、朝とはうって変わった風速10m位の強風のせいか釣り人は一人も居ませんでした。
釣り師の居ないボラ場は完全に観光地と化しておりました。

船着き場から、割れ磯方面にルアー投げるも、キャスト練習にも成らず、早々に撤収致しました。

自然相手の遊びの難しさを感じている今日この頃で御座います。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-03-28 23:59 | 釣り

良い条件になかなか当たらず

今日は仕事が大磯で終了!
例によって、タックル持ってそのままサーフに出たのだけど・・・

あれ?強風、高波?そんな予報だったかな・・・
ミノーでなくジグを付けて取り合えず投げては見たけど、お話にならず、1時間も居ないで撤収しました。
最近サーフに行くと荒れてる事多いです。(T-T)
少しだけでも、キャスト出来れば納得して帰る事は出来るのですが、なかなかお魚には出会えませんね。

明後日は、何とか休みを取れそうだけど、海の状態はどうなってるのか気になるな~
[PR]
by uniglobe1 | 2006-03-26 22:12 | 釣り

カタクチイワシ再調査!

先週にド級さんが作ったカタクチの丸干しがあまりに美味しそうだったので、今回は裏磯カタクチ再調査に行きました。
先週末にだいぶ海が荒れたので、まだ居続けているか心配も有りましたが、今回は久しぶりでの本気の投げサビキをして来ました。

江ノ島裏磯
2006年2月22日 火曜日 4:15~11:00
月齢22 小潮 水温14.5℃


日の出が大夫早くなったとはいえ、4時過ぎではまだ真っ暗、裏磯には流石に誰も居ません。
今日は水曜日だし、居るとしたら、やっぱりド級さんかな?

時間が短いながらも、暗いうちは割れ磯でルアーを投げます。
ベイトが沢山入っているとしたら、何らかの反応が有るはず!
波無く、北風もそれほどは強くないので良い案配なのですが、ライズもモジリもボイルも無いので、当然の様にルアーには反応が出ません(TT)
暫くは投げ続けたのですが、カタクチが気になってすぐにやめる事にしました。
カタクチは投げサビキで釣った事は無いけど、ウルメと同じなら明るくなるのと時合いは一致するはずだから、暗い内からサビキ始めれば理想的なはずです。
明るくなりきってからでは遅いはずですから~

ボラ場に移動してジギング用の段取りと投げサビキの段取りをしていたら、ド級さんが登場しました。
ド級さんは長身で歩き方に特徴が有るので暗くてもすぐに判りました。(^^!)

去年の投げサビキの教訓から、本来ならば手製魚皮色々サビキの12本バリ仕様を使用したい処なのですが、今回は時間が無かったので市販品を連結して間に合わせる事にしました。
(キャスティングで購入したハゲ皮使用、短ハリス、5本針仕様を2連結で使用しました。)
ロッドも長さに合わせて、磯竿2号を使用する事にしました。

段取り終え、ボラ場でさびき続けていると、明るくなるとタイミングを合わせるかの様にロッドが重く成りました。
まるで、ビニール袋を釣った様で生命反応は今一無く、それでもイワシが鈴なりに・・・
何かビックリ!同じイワシでも釣り味はウルメとは大夫違い、ロッドに伝わる生命反応は少ないですね~!
まっそれでも、楽しい事には変わり有りませんが(^^!)
コマセを使わずにサビキのみで釣る投げサビキは、ジギングに通じる物を感じます。
ワンピッチジャークに間とショートジャークを入れる感じかな?

キャスティングの¥100サビキも侮れません!
忙しくてサビキ作れないなら、これは十分代用が効く気がします。
結構、買いかも?湿った魚皮も良い感じです。
スナップスイベルが弱そうですが、まっ¥100ですからね。(^^;)

思ったほどの大きな反応は無いけど、丸干しは作れそうなので、時間を6時半まで切ってサビキ続けました。
ボラ場と大平の中央に居るド級さんはジグサビキを投げ続けていますが、カタクチはリリース?
カタクチをベイトとしている奴に狙いを定めて居る様です。

時間が来て、本日の丸干し目標は達成したので、ジギング一本に変更。
表層も良い感じです。
小規模ながらも、海面がざわついて、イワシが何かに追われている様です。
ド級さんに底で反応が出ました。
底~~~表層?底?どっちにする~~~~
などと考えて居るうちに、ド級さんヒット!
サワラか~?と思って居るとかなりの大物、抜き上げが厳しそうなので、お手伝いに、浮いたお魚は、それなりに良い型ののシーバスでした。
ウェーダーを履いていたので、波打ち際まで降りてハンドランディングを試みます。
ハンドランディングやった事無いけど、責任重大です。(^^;)
心配するほど暴れる事無く、無事ランディング成功、正直ホッとしました。
60アップのシーバスは綺麗な鰭を持った価値ある一匹でした。
ド級さん、おめでと~!

その後、ジグには反応無く、タコ狙いも不発で、本命のカタクチを揚げれたにも関わらず、微妙な結果となってしまいました。
まっ割といつものパターンに嵌ってしまったとゆう感じですかね。(T-T)

でも、次は自分が大きいの釣る℃~
悔しくなんて無いやーーーーーい!!

カタクチ君は予定通り、丸干しにします。
e0066115_1752890.jpg

[PR]
by uniglobe1 | 2006-03-22 17:13 | 釣り

Photo Garary

西湘サーフ(東寄り)
2006年3月19日 月曜日 16:30~18:00
月齢19 中潮 水温14℃


今日も段取り良く、4時過ぎに大磯で仕事が終了!
車には、装備一式が乗せてあるので、そのままサーフへ行っちゃいました。
サーフに降り立つと、予報とは違って凄い波、おまけに西風が強くとても釣りには成りませんでした。
日没後、風向きが変わり、キャスティングするには問題ない状態には成ったのですが、波は収まるどころか強くなる一方、暗くなる前に諦めて帰って来ました。

500m~1km位沖合には鳥山がそこら中に立っておりました。
カタクチの群れが、かなりの数が入っていると聞いては居たのですが、そのせいなのか?
鳥の数は半端じゃなく、自分が今まで西湘で見た最大規模の鳥山群でした。
e0066115_21123510.jpg


荒れてるせいも有り、日曜の夕マズメにも関わらず、釣り人は殆ど居ませんでした。
e0066115_21181798.jpg


サーフに降り立った際に降っていた雨も上がり、雲の切れ間から日が差し込み始めました。
e0066115_2120136.jpg


そして誰も居なく成りました。
e0066115_21225032.jpg


波が収まって、ベイトの群れが接岸してくると良いですね。
又、様子見て行ってみます。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-03-19 21:25 | 釣り

初体験!

先日のカサゴ君は、チルドに寝かして措いたのですが、本日無事お腹に収まりました。
かねてから、念願の根魚しゃぶしゃぶ!
e0066115_21153680.jpg

量は少なかったですが、十分堪能する事が出来ました。
初体験なお味で、かなり気に入りました。
シー様も釣れたら、しゃぶしゃぶしてみたいな~。(^^)

PS バラは作れませんでした。(T-T)
[PR]
by uniglobe1 | 2006-03-17 21:17 |

様子を見に行って参りました。

近いうちに、知り合いの夫妻と釣りに行く予定があり、サーフでルアーとゆう訳にはいかないので、漁港での小物釣りを計画しています。
ちょうど、コイワシが釣れている様なので、かき揚げのネタをゲット出来れば良いな~と考えて居るのですが・・・

平塚で仕事した後ちょっと港に寄ってみました。
e0066115_1735448.jpg

携帯のカメラでもそれなりに写るもんですね(^^!)
釣り人少なく、見かけた魚はヒイラギぐらいで、まったりとしていました。
コイワシ狙いの釣り人が、7~8名居ましたが釣れてる様子は無かったです。

ついでに河口も様子を見に行きましたが、海はまだ大荒れでした。
e0066115_17393350.jpg

突端部でルアーを投げていれば、間違いなく死ねる状況。(^^;)
早く荒れが収まって欲しい物です。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-03-17 17:44 | その他

終わり良ければ全て良し!かな(^^?)

ド級さんに誘ってもらった根漁船での”カサゴ、メバルを釣って、根魚しゃっぶしゃぶ企画”が、今年は船宿が鬼カサゴ狙いで有るが為に、NGと成って仕舞いました。(T-T)
竿はともかく、電動リールなんて買えないし~(^^;)

そこで、持ち上がったのが、地元漁港での、ぶっ込み根魚狙い!
メバル、カサゴを狙いながら、シー様やタコさんも狙っちゃうとゆう、欲張りな企画です。
”朝まで釣り”の長丁場になるので、身エサ(サンマとサバ)と青イソメはそれなりの量を確保、わらしべ長者になれるかどうかは、運次第なのですが、例によって行く前は釣れた気になちゃいます。(^^)
この処、ルアーばかり投げていたので、久しぶりに竿と道具箱を引っ張り出しました。

地元漁港
2006年3月13日 月曜日 21:00~11:00
月齢13 大潮 水温?


稚鮎が入って居る上に、カタクチ情報まで有ったので、シー様はもう釣れた気で、釣り場に到着です。
置き竿とタコ狙いカニマンを段取った後、手持ちの竿は夜光浮きを付けて中層狙い、青イソメを房掛けして、よさげな所に投げ入れます。
東京湾で割とやっていた此のパターンの釣りは、ルアーに比べると疲れないので、長丁場でも大丈夫なのですが、釣れないと眠く成ちゃいます。

潮の流れに乗せた浮きの赤い光が海面にモワァ~と消し込む・・・
予定だったのですが、時間が経っても、さっぱり!反応無しです。
潮が動いて無い上に、潮位が低く案配は悪そう、ふっと、今まで一度も、大潮の夜釣りで良い思いをした事が無かったのが、頭をよぎります。
お魚さんが不在で有れば、餌使ったからって、釣れやしないんですよね。(T-T)
10時過ぎにド級さんが登場、結局、抜け駆けする事は出来ませんでした。
残念(^^!)

ド級さん登場に合わせて、釣り座を外側の防波堤に移動。
沈み根付近に仕掛けを投げ入れて、浮き釣りはテトラ際を狙います。
しかし、全く持って状況変わらず激渋で、この港名物のゴン様すら掛から無い状態です。

反応無いまま時間が過ぎていきましたが、1時位に成って潮が動き出したのか、ド級さんが本命のカサゴをゲット!
流石です。
記念撮影してるその姿が、又楽しそうで、うらやまし~~~
その後、自分の竿にも反応が出てお魚ゲットするも、ゴン様にフグ様のオンパレードで、正に何時ものパターン通りです。
中層での反応が全くないので、ぶっ込み竿2本体制で狙い続けますが、本命に出会えないまま、朝方には再び反応が遠のいて仕舞いました。

ビックリしたのが、釣れ無くて、まったりしている自分に反してド級さんの釣る気は衰えません!
ぶっ込みが反応無いならとルアーロッド持って遠征に出かけました。
恐るべし、ド級さん(゚ o゚;)
集中して竿を出し続ける事が、お魚さんへの近道で有るのは判っているのですが、自分は、”先週のS君の気持ち判るな~”としばし睡魔に・・・・・・

ド級さんが遠征から戻って暫くすると、日が明けて来ました。
e0066115_2058799.jpg

ゴールデンタイムにも関わらず、寝ぼけて今一。
本命をゲット出来ないまま、そのまま明るく成って仕舞いました。
寒過ぎます。
ホントに寒いです。
挙げ句の果てに雪まで降り出す始末・・・

日が昇って明るく成っても反応は有りませんが、ド級さんは、最後まで諦めては居ない様です。
流石です。
自分も最後の気力を振り絞って、ロストして無くなった仕掛けを作り、残りの身餌を付けて投げ入れます。
一晩中繰り返していたのと同じように、何投もしないうちにすぐ根掛かりしますが、ハリスを5号にしたので無理が利きます。
根掛かりを外して巻き上げると、ラッキーな事に、仕掛けにはお魚が着いていました。
e0066115_21221917.jpg

27cmのカサゴ君、久しぶりの本命ゲットです。
ド級さんは、ビックリ外道じゃなくて残念そうでした。(^^)

同じ根掛かりメソットでちびカサゴを追釣!
その後、反応が無くなったので、11時で終了と致しました。

久しぶりの長時間釣行でしたが、今回は改めてド級さんのすごさを垣間見た気がします。
釣りに対する気持ちの強さと集中力は感じる物が有りました。
又、機会を見て御一緒したいと思ってます。

途中、様子見に来たmuminとなんちゃって釣り人さんも一緒に行きましょうね。
差し入れ有り難う~

次は何処いこか~!
[PR]
by uniglobe1 | 2006-03-15 21:35 | 釣り

春ですね。

昨晩、トライを連れて片瀬川の側道を散歩してると、どこからか沈丁花の甘い香りが漂ってきました。
玄関脇のヒメシャラの木の袂に植えた雪柳も、小さい白い花を付け始め、春が来たことを感じます。

時折、寒い日がやって来ますが、完全防寒装備も、もう必要では無くなって来たので、ホントに寒いのは、僅かな期間だけでした。
ネオプレーンのウェーダーも仕舞う日が近そうです。(^^)

厳冬期のシーバスは、結局揚げれなかったけど、去年とは違ったサーフでの釣りを、今年は満喫出来そうです。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-03-11 12:13 | その他

思い立ったら釣り!

地元河口
2006年3月8日 月曜日 25:30~26:00
月齢8 小潮 水温?


仕事が一息ついて、体が楽なせいで再び宵っ張りな生活を送っています。(^^)
小イワシが、江ノ島近辺にも入って来たのを聞き、急に様子見たくなって、近くの河口に行ってきました。
e0066115_2292571.jpg

河口先端部から橋の下までを移動しながら探ったのですが、当たりが一回あったのみで、それ以外は何も反応有りませんでした。
もじりやライズも多く魚の気配は多数感じるのですが、ボラ以外は何かは不明?です。
潮回りのせいもあるのか、流れもあまり無くまったりとしていました。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-03-09 02:32 | 釣り

やっぱり海は気持ち良い~!

西湘サーフ(東寄り)
2006年3月5日 月曜日 16:30~18:15
月齢5 中潮 水温14.5℃


今日は巧い事に、大磯で最後の仕事が終わったので、そのままサーフに行っちゃいました。

夕マズメは久しぶり!
日が延びたのもあって、黄昏時にはまだ余裕が有ります。
一服しながら、タックル用意して、サーフに降り立つと、見える範囲には釣り人3名ほど。
状況は変わり無い様で、一発を狙うしかないだろうと思いながらも、久しぶりの昼間のサーフはそれでも気持ちが良い物です。

いつもの流れ込みで取り合えず、キャスト~
南西の風が強くそれほど飛距離は出せませんが、まあ良いでしょう。
一部では小イワシ情報が入ってきている様ですが、ベイトの気配は全くありません(^^;)
波間に魚の気配はなく、一発を狙うしかない状況は、やはり変わってい無い様です。
暫く投げた後、東に向かって海を見ながら移動。

大きく移動した先でキャストし続けます。
投げ続けながら、ふっと思うのが先日のサメ君、本命とは全く違ったのですが、何かが吹っ切れた様な気がしました。
お魚を釣りたくて竿を出してはいるのだけど、無欲?に投げる事が出来てる気が・・・

そんな事考えながら投げ続けていると、波間に魚影が見えました。
それなりにでかい!
波打ち際すぐ其処なので、ショートキャストを繰り返していると、ズンっとロッドに重さが伝わりました。
何故か、生命観に乏しく、でもやたらと重い?
波打ち際でリーダーを掴んでズリ揚げると見た事のないお魚が・・・・・・
e0066115_052549.jpg

「竜宮の使い」、「ミズウオ」と言う深海魚の様です。
某ホームページに出てましたが、ホントに見れるとは、ビックリ!
よく見ると、背びれはボロボロで体は傷だらけ、半分死にかけて居る様。
綺麗に口にフックが掛かっていますが、口にスレ掛かりしたんじゃないかな~
と思う生命感でした。
胴が腕ぐらいの太さがあり、食べられそうでしたが、ちょっと怖いので、海にお帰り頂きました。

日が大きく傾き久しぶりに見る日没です
e0066115_1111852.jpg

仕事に追われてると、決して見る事が出来ない風景。
そういえば、昔 ”あなたは1日に何回空を見上げますか?”ってコピーがあった記憶が有ります。
普段は1日に何回空を見上げるかな~・・・

日没後も暫く投げ続けましたが、風が強く、波も高くなったので引っ張らずに終了致しました。
西湘サーフでのシー様情報も少し有るので、チャンスを信じて又行きます。
今度は夜から朝マズメに掛けて竿出したいと思ってます。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-03-06 01:19 | 釣り