<   2006年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

たまには、落ち込んだりもします。

今日は正直だいぶ落ち込みました。

去年の夏に、サバが爆弾投げている人には入れ食いにも関わらず、ジグには無反応だった事が有りました。
あの頃は、コマセに狂ったサバはジグで釣るのが難しいとは知ら無かったので、ただただ納得いかず!と悔しく思ったのですが、今回はそれのシーバス版、かなり似た様な状況でした。

昨日の夕方は先日から少し気になっていた裏磯を偵察に行きました。
久しぶりに、魚っけが多い、生命観の有る海を観る事が出来たのですが、2時間ばかり投げるも、無反応?
明日の朝があるから、まっいっか!と思っていたのですが、明朝想定外なことが・・・。
朝から居た、ボウズ知らずのド級さんも珍しく魚類確保無しでした。

夜はいつもの西湘へ、魚っけの多い海を見た直後だけに、集中力が持たず2時間で打ち切り。
稚鮎が来ればシーバスも寄って来るとゆうけどけど、体験がないので、どの程度の物かは見当つきません。
サーフで一匹目を揚げれるとだいぶ気が楽になるのですがね!
まだまだ通う日が続きそうです。

家に帰って2時間ばかり仮眠を取った後に、今度は誘っていたmuminと再び裏磯へ。
4時位からキャスト開始。
シーバスのライズが有り、岸近くで時々ボイルするものの当たりはなく、ルアーを変えまくって表層から底まで探るも無反応?
でも、魚が居るのを感じながらキャストするのは久しぶり、5時位にド級さんがフッコをゲットしたのもあり、キャストに気持ちが入りました。

でも釣れませんでした。(TT)
明るくなってからもエサ釣りでは釣れ続けていたのですが、ベイトが大量に接岸しておりルアーには無反応で、なすすべが途中から無くなり、釣りたいのだけど、投げ続ける気力も無くなってしまいました。
10時過ぎには終了して、降ってきた雨の中、帰途に着きました。
寂し~

でも、家に帰って来て、お酒飲んで昼寝したら、元気が出てきました。
ベイトが居て、シーバスが居る、この事だけでも十分に良い事!
問題はどう攻略するかで有って、落ち込んではいられません!
作戦練って、今度はマズメでなく夜にでも行ってみます。
ちょっとこわいですけど~~~(^^;)
[PR]
by uniglobe1 | 2006-01-31 23:59 | 釣り

防寒対策

昨日、お話しした方から教えてもらったのですが、手の防寒用に最適なので紹介します。

気温が低いと、グローブしていても手が冷えますよね!
自分は、ワークマンのネオプレンのグローブを指先2カ所最低限だけ切って使ってるんですが、左手はともかく、リールの足に触れている右手は、熱を奪われて、気温零度位だと大分辛い物が有ったのですが、解消されました。
グローブの中、汗かく位です。\(゚o゚;)/ウヒャー

通常サイズの半分位のホカロンを手首の内側(手の平側)に貼るだけなのですが・・・・
(低温火傷にはご注意を、アンダーウエアの上に貼るのがよろし)
動脈が暖められて血行が良くなるのかな?
何でかは正確には判らないのですが、別世界なのでお試しあれ!
グローブの中、汗かきますよ~
[PR]
by uniglobe1 | 2006-01-29 13:15 | 釣り

CPS現場復帰

西湘サーフ(東側)
2006年1月28日 土曜日 24:00~27:00
月齢28 中潮 水温?


干潮前には、サーフに入る予定だったのだけど、家庭の事情でだいぶ遅れた上に、駐車場で片付けをしていたルアーマンとお話しをしたので、結局24時に成ってしまいました。(TT)
サーフに降り立つと、海は干潮からの波立ちとは、この事かとゆう様な状態で、時折背丈を超える波しぶきが上がっていました。

久しぶりにCPSを持って行ったのですが、やっぱり飛びます!
(ブルースコード115Cを付けて、バイオの5000で巻数100を超えて行きました。)
CPSは昨年末に、キャスト中にジョイント部から外れ、1㎝位のクラックが入ってしまったので、クラック部分の下巻をほどいてケプラー糸等で補強後、エポキシで再コーティングを施したのです。
補修後初の現場復帰なのでした。(^^)

此処の処、当たりすら無い状態が続いて、巻き上げ中にルアーがベイトに当たる感触なども全く無かったので、今日はより遠くへ、より広く探ったのですが、反応は出せませんでした。

潮が引いているせいで、波打ち際の変化は少なかったのですが、波の立ち方で、掛け上がりの急な所とそうで無い所はよく判ったので、次ぎに繋げたいです。

3時の時点でこれ以上引っ張ると朝まで居かねないので、さすがに終了と致しました。
又、月曜の晩にでも行ってみます。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-01-29 12:52 | 釣り

月の夜、星の朝

西湘サーフ(東側)
2006年1月24日 火曜日 4:00~8:00
月齢24 小潮 水温13℃


今朝は、雲一つ無い晴天で、サーフに降り立つと蠍座が目の前に輝いていました。
こんなに頻繁に星空を眺めるのは、中学生の時以来だと思う。
天体観測とゆう大義名分で夜遊び(ホントに星は観て居たのだけど)をしてたあの頃、流れ星を何百と観たと思うけど、大人になるとそんな機会も無く成って・・・
東京湾で夜釣りをしてた時も、空に星は殆ど見えなかった。
海から観る南天の空は光害が少なくってホントによく見えます。
明け方には、有明月が海面を照らし、朝焼けの空には金星が光って居ました。
e0066115_17454933.jpg

4時間それなりに集中してキャストしたのですが、当たり1つ無く終了!
すっかり昼間になった海を眺めながら、一服してから帰途へ着きました。

明日仕事だけど、今晩も行くか~・・・?
[PR]
by uniglobe1 | 2006-01-24 17:49

残雪もとけて

西湘サーフ(東側)
2006年1月23日 月曜日 3:30~7:30 16:00~17:00
月齢23 小潮 水温12℃


先日の雪が残っている白いサーフをイメージして行ったのだけれど、雪はもう残って居ませんでした。
サワラフィーバーも事実上終わったのか?寒いからなのか?誰もいない砂浜、始めのうちは、サーフ独り占めしちゃいました!(見える範囲内ですけど~)

移動しながら投げ続けたのですが、相変わらず当たり無く、生命感に欠ける海でした。
正直、反応が無さ過ぎると集中力の維持が厳しくなってきます。
そこで、東のはずれまで大移動して、朝マズメを迎える事にしました。

しかし、大きく移動してはみた物の、海の状態は変わりなく、隣の芝生が青く見えただけだった様です。
波間に見えたイカ君達も、こっちにも居ませんでした。

日が昇る寸前に、包み込む様な当たりが有り、反射的に合わせを入れたら、竿先から明確な生命反応が出たのですが、巻き上げ中にフックアウト(TT)
貴重なチャンスを物に出来ませんでした。
シーバスでは無さそうですが、残念です。
その後も、期待一杯にキャストし続けたのですが、当たり無く終了と成りました。

夕方、再び西湘同ポイントに行ったのですが、向かい風とうねりが強く、1時間弱投げたのですが、釣れる気がしないので、すぐに撤収致しました。

明朝、又、行きます。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-01-23 23:59 | 釣り

おぼろ月夜

サーフに通い始めて2ヶ月半、もっと時間が経ってる様に感じるのは、頻繁に行ってる性なのかな?
行ってる割には、思った様な釣果は揚がって無いけど、もっともっと通って結果に繋げたいと思ってます。
誰でも簡単に釣る事が出来ないから、面白いとゆう一面も有りますからね!
自分も釣れない方に入ちゃってますけど~(^0^)

西湘サーフ(東側)
2006年1月19日 木曜日 22:00~24:30
月齢19 中潮 水温13℃


家事とトライのお散歩を済ませてから、134号線を西に向かう。
道すがら、思うのは”今日こそは遇えるかな?”って事。
シー様は、直ぐにでも、釣れそうで有り、ずっと釣れなそうでも有り・・・怖~

サーフに降り立つと、空には月も見えず、薄い雲が架かっているせいで、何時もより暗いです。
さすがに、釣り人は少なく、ルアーマンが2名ばかり波間に見えるだけです。

先ずは、河口の西から 何投かしながら東に移動していきます。
暫くして、東の空におぼろ月が昇ってきました。
光量が増えるのは吉のはず、よし!、気持ちを込めてキャスト~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、当たりは、さっぱり無いです~

予定していた時間の半分で折り返し、帰り道も、何か変化を感じたらキャストを繰り返します。
今の課題は、ルアーを色んな処で投げて、変化を感じる事だから、手替えし良く少しでも沢山投げなければと思ってます。
お陰で、キャスティングは飛躍的に巧く成りました。(^^)!

帰り道は、薄曇りも取れて月が明るく海面を照らし、良い感じに成ってきたと勝手に思っていたのですが、結局、当たり1つ無いまま最初のポイントに戻って来てしまいました。(・_・、)"
しょうがないので、”釣れません~・・・でも釣りたいよ~・・・”と海に訴えてから、帰途につきました。
ちゃんちゃん!

やっぱり今日も癒し系まっしぐらで御座いましたが、釣れるまで頑張ります。
又いくど~!お~!
[PR]
by uniglobe1 | 2006-01-20 22:03 | 釣り

お寝坊様で御座います。

ん~・・・気が付くと快適に寝ていました。
昨日、夕飯を食べた後ぐらいからの記憶がありません?
どうやらソファーでゴロン!そのまま寝て仕舞った様です。
久しぶりに、今日は寝て曜日に成って仕舞いました。
せっかくのお休み、もったいな~い(TT)

一日丸々竿出さないのも勿体ないので、夕方から久しぶりに裏磯を覗きに行きました。
割れ磯には釣り人の姿無く、船着き場にはルアーマンは一人だけ?
ボラ場では、4人位の方が爆弾投げていますが、先週散々釣れていたはずのサバも全く釣れていない様子で超まったり状態でした。
日没少し前に、アジが廻ってきたのですが、ジグサビキにはのらず終いでした。
カタクチが入っていると思っていたのですが、姿見えませんでしたね~

日没後、割れ磯にてルアーを投げるも反応無し。
海面は、まるで湖のような状態でした。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-01-17 18:33 | 釣り

チューブ巻いてるし~

西湘サーフ(東側)
2006年1月16日 水曜日 15:30~17:00
月齢16 大潮 水温14.5℃


平塚観測塔のリストデーターは、大分荒れが収まった様なデーターだったのだけど、サーフに降り立つと・・・・・?
結構波足長く、波高、依然として、海は荒れておりました。(TT)

取り合えず、キャスト以前に、前回知った某ポイントの視察をする事にしました。
現場にたどり着くと、それほど海岸線に変化は有りません。
ただ、西方面とは少し違って、サーフの堆積物から、沈み根が多く点在している様な感じはします。
ルアーを何度か投げてみると、巻いた感じが普段投げている場所より、妙に軽く?払い出してる訳ではなさそう・・・
それ以外は特に判らず・・・

波があまりに高いので、いつもの辺りまで戻る事にしたのですが、此方も波高いです。
おまけに、チューブ巻いてるし~
暫く投げたのですが、波高く、濁りが入っていて、釣れる気がしないので、すぐに撤収致しました。

まともに釣り出来なかった分、明朝は早めに現地入りしてみます。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-01-16 21:15 | 釣り

かなりの重傷で御座います。

レースをやっていた頃は、毎日走る事しか考えて無くって、生活の全てがそれを中心に廻っていました。
ここ数年は、暫く仕事ばかりしていたのですが、今では、釣りがそれに変わって仕舞った様です・・・

レースを始めた頃は、ライディングやセッティング以前に右も左も判らなかったので、行ける限りサーキットへ足を運びました。
レーサーのタイヤは3時間しか持たなかったし、パーツ代もバカにならなかったので、レースウィーク以外で、サーキットへ行けるのは週一程度がやっとだったのだけど、少しずつ色んな事を学んで、回り道もしたけど(誰かに教えて貰ったりした訳でなかったので)、タイムを削って行き、上のクラスへ上がる事が出来ました。
タイムが0.1秒早くても、ひけらかしたり、高飛車になったりする様なやつも居たけど、たいていは良い友達で、遠征先のトランポの中で夜はお酒飲みながら、ライディングやセッティングの事を語り有ったりしてました。
新潟や、仙台、色んな地域に住んで居ながらも、サーキットで会えば、仕事や居住地域に関係なく、みんな友達でした。
サーキットで知り合いになった友達は、今ではあまり合う事も出来ないけど、一生涯の友達だと思ってます。

釣りは海が其処にあるので、道具さえ揃っていれば、何時でも時間さえあれば行けてしまう、有る意味危険な?趣味と最近感じています。(本業と思ってないだけ、まだ良いのですが・・・)
それだけに、レースやってた頃と似てるんですよね。(^^)
嵌れば嵌るほど、同じ様な感性を持った人と知り合いに成る様な気がします。
同好の士は、ホントに良い友達に成れると思ってます。

サワラじゃないけど”青臭い”って言われそうですけどね(^^)

西湘サーフ(東側)
2006年1月11日 水曜日 3:30~7:00
月齢11 若潮 水温?


駐車ポイントに着くと、工事関係車両なのか?何故か車が一杯!
止める場所を探して奧に入って行くと、あれ?見た事有る車が止まってます。
良く会いますね(^^)、原○さんでした。
駐車スペースが無かったので、車、止められる様に、寄せてくれました。
(有難う御座います。)
車止めて、お話しをしていると、相模川河口で知り合ったおじさんも登場!
4日と同じ顔ぶれ、が揃っちゃいました。

サーフは、休み明けから、日を追うごとに人は減って行って居る様です。
見える範囲で、7人位の方が波打ち際に立ってます。
まだ明るいので、先ずは西の方に行ってみました。
やっぱり変化少なく、今の自分には、良さげな所は今一つ判らず(TT)
ただ1つ判ったのが、こないだから感じては居たのだけど、ベイトの数が場所によってだいぶ違うって事。
これって重要な事だよね~、1つお利口になりました。(^^)

日没以降は、東方面に移動して、根際を狙って、ルアーを泳がせます。
今回から導入の、コノシロカラーのコモモさんです。
”お魚潜んで居ないかな~”など考えながらも、集中して、投げ続けるのですが、反応はなく、7時を持って終了と致しました。

駐車ポイントに戻ると、井戸端ってる方が居ます、原○さんに加えて、なんと、MOWさんとJUNさんでした。
(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
いつか、お会いする事も有るかとは思いましたが、こんなに早く遭遇出来るとは、ビックリ!
やっぱり、世間は狭いですね~
MOWさんには、良い物も見せて頂きました。
\(∇⌒\)☆オ☆メ☆デ☆ト☆ウ☆(/⌒∇)/


やっぱり苦戦し続けてますが、懲りずに又サーフ行きます。
原○さん、河口のおじちゃん、MOWさん、JUNさん、又どこかでお会いしましょう。(^^)
[PR]
by uniglobe1 | 2006-01-12 01:03 | 釣り

ちょっと、肉体疲労気味かな~

西湘サーフ(東側)
2006年1月10日 火曜日 4:00~8:00 15:00~17:30
月齢10 長潮 水温15℃弱



連休も終わり、雪予報も出ていたからか、釣り人は少なめでした。
今まで、行った事の無かった、西方面に足を伸ばしてみたのですが、海岸線の変化は少なく、正直、何処が良さげなポイントかは、よく分からず仕舞いでした。
浜が大きくせり出している脇数カ所で、竿を出したのですが、払い出しを探したりするべきなのかな?(やった事無いけど)などと思ったりもしました。

日の出寸前には20名位のルアーマンが並んで居たにもかかわらず、揚がったお魚は3匹位と寂しい内容でしたが、70アップ位のシーバス(袋に入っていたので顔の大きさしか判らなかったけど)も含まれていたので、お魚居ないわけでは無い様です。

お魚揚げられた人の、立ち位置も周りに比べて特に良かったとは思えず、キャスティングや雰囲気から、スーパーエキスパートとも思えなかったので、自分にもチャンスは有るはず!
とわいえ、なかなか釣れないですね~


家に帰って昼寝したら、元気が再び出てきたので、懲りずに夕マズメも行っちゃいました。
(^^)

波裏にベイトは多数見受けられたので、黄昏時に期待したのですが、当たり1つ無く終了となりました。
夕マズメには、ヒラメやフッコのライズもあったりしたのですが、活性が高く感じられたのは、ほんの一時で、暗く成りきっていないのに、直ぐに静かな海に戻ってしまい、ちょっと拍子抜けしました。
朝の方が条件は良いのかもしれないです。

やっぱりなかなか釣れません!
セイゴ、フッコの数釣りが出来た東京湾でも、この時期は厳しかった記憶もあり、これから先の苦戦が容易に想像出来るのですが、とりあえず通い続けるつもりです。
又いくど~・・・・・
[PR]
by uniglobe1 | 2006-01-11 12:34 | 釣り