<   2005年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

大晦日

12月に入った、と思っていたらもう大晦日・・・
時間の経つ事の早さを実感しています。

おかげさまで、今年一年は、いろいろな釣りが出来、見たことのない様な、お魚達にも出会う事が出来ました。
経験不足から、後手に回る事も多かったのですが、来年への情報としては、十分な物を得る事が出来たと思ってます。

9月から始めたこのブログも、少数ながらも定期的に見てくれてる方が、いらっしゃる様で、非常にありがたい事です。
来年も、日々起こる、喜びや、落胆、などなどを共有して頂ければ幸いです。

それでは、来年が、皆様にとって良い一年であります様に!
良いお年をお迎え下さい。
[PR]
by uniglobe1 | 2005-12-31 17:35 | その他

燻製作り

釣ってきたニジマスを、早速さばきます。
出来上がりの見た目も考えて、尾頭付きでないと格好悪いので、えらと内臓、血合いだけを取って、綺麗に洗います。
e0066115_1036594.jpg

今回の作業中画面
e0066115_10391064.jpg

毎度の事ですが、数が多いと手が凍りそうです。
今回は、2人作業なので、楽出来ました。(^^)

さばいている間に、ソミュール液を作ります。
濃い塩水に浸けて下味を付けるわけですが、レシピはこれで完璧です。
水・・・2リットル、塩400グラム、砂糖100グラム、白ワイン200cc、コショウ・ローリエ・セージ・タイム各少々。
鍋に水を入れて火に掛け、沸騰してきたら塩、砂糖、香辛料を入れ2~3分したら火を止め、冷めたら白ワインを足す。

さばき終わった、魚の水気をよく取り、バット等に並べ、ソミュール液に漬け込みます。
今回は数が多かったので、クーラーボックスでつけ込みました。
今は外気が冷蔵庫状態なので、クーラーボックスを室外に出して於くだけでしたが、夏場は冷蔵庫にて漬け込みます。

一晩そのまま寝かした後、流水で3時間塩抜きします。
e0066115_10594879.jpg

ある程度水が綺麗になったら、少量の流水で大丈夫です。

塩抜き完了後、水気を取ってから、吊せる様に凧糸を頭の後ろから、えらを通って口から出します。
洗濯干しにぶら下げて、表面がさらっとするまで、風乾します。
この時、胸の中も乾く様に、爪楊枝等で広げておきます。
e0066115_15372948.jpg

風乾が終了すればいよいよ燻煙です。
スモーカーは持ってないので、何時も当日に段ボールで作ります。(^^)
e0066115_18483565.jpg

お魚を並べて吊すと、なかなか良い感じ!
e0066115_18502817.jpg

燻材を入れずに50度で、空気穴を開けて、2時間乾燥させ、その後、空気穴を閉め燻材を入れて75度で3時間燻煙します。
スモークボックスを作るのに手間取って、火を入れたのは6時ちょうど。
完成予定は、11時です。
火の番と温度管理がこの後続きます。

燻煙終了時刻11時に火を止めて、状態を確認すると、何故か仕上がり今ひとつ・・・
過去の経験からすると燻煙を1時間程度したのと同じような感じ?
こんな事は初めて・・・
更に、燻煙時間を伸ばす事にしました。

完成したのは、最終的に13時でした。
e0066115_7462455.jpg

一晩寝かすと、煙の成分も安定します。
表面はパキパキなのに、中はジューシーなんです~
e0066115_8103293.jpg

今回のは、何故か少し薄味でした・・・?
[PR]
by uniglobe1 | 2005-12-30 10:39 |

仕入れ完了!

リバースポット早戸
2005年12月29日 木曜日 7:00~17:00


久しぶりに、釣り場に着くと、休みのせいか気持ち人が多め、と言ってもフライが流行ってた頃より、大分少なくなったと思うけど。

今日は、(何時もだけど・・・)燻製の材料の仕入れがメインターゲット
あっちこっちに配る事を考えると50匹は確保したいところだけど、今回同行したmuminも釣る気満々なので大量に釣ってしまった場合、かって無い量を燻製にしなければならないので、ちょっと不安が有ります。
燻製作りは楽しいのだけど、丸2日掛かる作業なので、あまりに大量だとめちゃめちゃ大変なのです。

朝一は気温が氷点下なのでしょう、川を区切ってる岩に氷が着いています。
e0066115_453086.jpg

今年は寒いとは思ってましたが、思った以上かも、夜のサーフの寒さなど、比べ物になりません。
おまけに、ガイドがすぐに氷付いて仕舞います。( ̄□ ̄;)!!
e0066115_8354690.jpg

朝一、気温、水温低く、お魚は沢山見えているのだけど、低活性状態(TT)
投げていると、すぐにフライを見切られてしまうので、頻繁にフライを変えながら、少しずつ数を確保していきます。
思った以上に数が伸びず、昼過ぎの段階で30匹弱、2時で終わりにする予定が、納得いかず、17時のラストまでやっちゃおう、とゆう事に成りました。

食い渋りながらも、こつこつためて2時過ぎにはそれなりの量に成ったので、今日はだいぶ前に買った”ハス・ルアー”の金と銀の2つだけ持ってきていたので、ルアーで遊ぶ事に・・・
流心の向こうに、ダウンクロスでキャスト、ゆっくり流心を通過させると、流心の底にあった大きな陰が反応しました。
追いかけてきますが、フッキングには至らず。
繰り返し狙っていると反応しなくなりました。
暫く場を休めた後、再び狙うと今度は一発でフッキング!
(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ- でっかい・・・
走り回る、小型の淡水魚とは違った重い引き味で、ゆっくりとだけど確実にラインを引き出していくそれは、重量感たっぷり!
おまけに4ポンドラインなんです~
大物と遣り取りする良い練習です。
巻いてはラインを出し、巻いてはラインを出しを繰り返して、数分後には平を打ちました。
ランディングネットですくうと、頭としっぽが、かなりはみ出てます。(^^)
50㎝位の大イワナでした。
やった~今日一番の大物(^-^)vブィ!

でも、喜びも束の間・・・
ブログに載せようと、写真とれる大きな岩に移動しようとした時、ネットからはみ出したお魚が暴れだし、焦って押さえると、凍った岩に足滑らせて、ドボン!!
(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
下腹部まで入水していますが、濡れる事より、お魚は何処に~・・・・・・・・・・・・・・
逃げちゃいました。(・_・、)"
幸い、ウェーダーのお陰で右腕が濡れただけで済みましたが、勿体ない事したな~
暫くすると、流心の底に逃がした彼奴らしき陰が見えましたが、ルアー投げても微動だにしませんでした。
悔し~

気を取り直して、薫製の材料集めをしていると、muminがスカリ持って、こっちにやって来ます。
移動かな?と思いきや、スカリに穴が開いていて魚いっぱい逃げられたとの事・・・・
後半かなり追い上げて、自分と似た量は釣ってたはずなのに、9匹だけしか残ってない!
かなり落ち込んでる様子で、”今日の努力は何だったんだ!”だって。
ん~やっぱり癒し系まっしぐらで御座いました。

17時ギリギリまで粘って、終了!

お家に帰ってシンクで数えるとトータル53匹
e0066115_934869.jpg

ニジマス49匹、ブラウン1匹、アメマス1匹、ニジマス似の違うの2匹でした。
目標達成!さあ、さばかなきゃ(^^)
[PR]
by uniglobe1 | 2005-12-30 04:53 | 釣り

ちょとだけ裏磯

夕方、少しだけ時間が出来たので、裏磯の様子を見てきました。
夕マズメにもかかわらず、ボラ場は全く釣れてない様子・・・
船着き場、割磯共にお魚何も見られず・・・
冬の磯は寂しいですね。

冬至を過ぎたからか、少し日が長くなった様?
太陽は、4時半を過ぎてから、西の山に沈んで行きました。
e0066115_19421270.jpg

[PR]
by uniglobe1 | 2005-12-27 22:50 | 釣り

今年最後のサーフ

西湘サーフ(東側)
2005年12月27日 火曜日 4:00~8:00
月齢25.5 若潮 水温14℃


今年最後の海は、4時間投げるもあたり一つ無く終わりました。
寒さのせいもあってか、昔痛めた右手首が、少し腱鞘炎気味に成ってます。
釣りのし過ぎですかね・・・(^o^)

気温0度と寒いにもかかわらず、海岸線には何人ものルアーマンがロッドを振っていて、活気がありました。
河口周辺で投げていた方が数名が、例のやつをゲットしておりましたが、自分が見た範囲では、それ以外の場所では、目立った釣果は有りませんでした。

今年になって、初めて始めたサーフでの釣りは、来年への課題として殆ど全てが残ってしまいましたが、最初の一歩から大きく踏み出し始めた事は確かなので、自分としては、良し!です。

来年もサーフ行きます。!!
[PR]
by uniglobe1 | 2005-12-27 12:42 | 釣り

マテリアル

今年の釣り納めは、29日の管理釣り場になりそうなので、毛針巻く材料を引っ張り出してみました。
色んな、動物の毛や、鳥の羽等々・・・
e0066115_21355978.jpg

7~8年前に買い集めた物なのに、未開封、未使用多数!
毛針巻くのにたいした量は使わないので、10年後も残ってるだろうな・・・

29日から冬休みだけど、明日は定休日、とりあえず、朝一は暗いうちからサーフへ出て、今年最後の海での釣りをした後、午後から時間があれば、フライを巻き巻きします。(^^)
[PR]
by uniglobe1 | 2005-12-26 21:41 | 釣り

柳刃登場。

久しぶりに、my柳刃包丁取り出しました。
東京湾のシーバスは、水質を気にせずに食べていたけど、此だけはやったこと無かったです。

フッコ君の松皮造り・・・
e0066115_2333367.jpg

臭み全然無く、レア状態のその身は、歯ごたえあって美味しいです。
脂が乗っていて、甘みも凄い!
やっぱり湘南シーバス違いますね~

48cm弱だけど結構アラがでました。
お腹の中にはプンプンの卵巣が有って、まるでタラコの様でした。
肝も一緒にお煮付けに変身。(^^)
e0066115_23402026.jpg

そして最後は、ド級さん譲りのタコキムチだ~
辛くって、うまい!
e0066115_2343152.jpg

なんか、これってとっても豊かな事ですね。
釣りが出来る、今の環境に感謝です。(^-^)ノ

アラがまだ残ってるので、明日にでも潮汁作ろっと。
[PR]
by uniglobe1 | 2005-12-21 23:52 |

久しぶりの静かな海。

江ノ島 裏磯
2005年12月20日 火曜日 7:30~14:00
月齢18.5 中潮 水温15℃弱


西湘サーフから帰って来て、寝ないで朝マズメ狙う積りだったのに、気がついたら窓の外は明るくて・・・寝ちゃった。
昨夜、枝間を詰めたサビキわざわざ作ったのに、これじゃ役に立たない、でも、まっいっか!仕事じゃないのだから、寝坊もok、取り合えず裏磯へ

此処のところ、裏磯に来るたんびに海が荒れていたけど、階段下りると、久しぶりに静かな海、天気も良くって、うん!気持ち良い。
ボラ場はそんなに混んでは居ないけど、今日はルアー1本槍なので最初から船着場へと向かう。
荷物を降ろしてとりあえず一服。 σ(^^)

ありぃ?何時も見かける弓角兄ちゃんが船着場でジグ投げてる?
側に行ってみると、潮溜まりにサバとフッコが居るじゃ有りませんか!
う~ん、恐るべしお兄ちゃん、ジグ投げても確り釣ってるのですね。
声を掛けると、朝一に数投目で釣れたとの事、早起きは三文の徳。
はぁ~やっぱり寝るんじゃなかった。

気を取り直して、頑張って釣らなくっちゃ!お兄ちゃんの隣で、とりあえず、サバ君狙ってジグを、キャスト~
投げ続けながら、へち際見てると、ボラっ子は群れで時々通り過ぎて行くのですが、それ以外のベイトは一時期と違ってほとんど居ないです。

底から表層まで、投げ続けても反応無し。
一区切り着いたとこで、投げるのを止めて、一服しながらルアータックルの準備をしていると、船着場角で投げていた方がフッコを揚げました。
嬉しそう(^ー^)
井出達からド級さんと分かったので声を掛けると、自分の事もすぐに判ってくれました。
フッコ、良いな~ 自分も釣りたいです。

一服しながら色々お話しした後、ド級さんはフッコ釣れたので、タコ師に変身するとの事。
タコさんをどうやって釣ってるか見てみたかったので、ちょうど良かったです。(^^)
自分は、投げ釣りの方が来たので、ド級さんが投げていた右角に移動して、ボイルがないのでシンキングミノーを投げることにしました。

暫く投げ続けていると、いきなりボイルが目の前で発生。
w(゜o゜)w オオー!
沸くようなのではなく、何ヶ所かでボッコンボッコンと水面に魚が体をくねらせて、補食しているのが見えます。
チャンス到来!! キャスト~
ミノーなので焦らずに泳がせながらリーリング・・・・・・・・・・ヒット!(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
乗ったよ~    う・嬉し~~
フッコの割にはすんなり上がってきません、ドラグを出されるほどでは無いのですが、目の前のヘチ際で最後の抵抗をしています。
竿の弾力でかわしながら、落ち着いたところで、抜き上げ? ズリ上げました。
e0066115_12305625.jpg

揚がってきたのは、48㎝のフッコ君です。
青物に比べればパワーは無いですが、そんな事より、シーバスがやっと釣れたのが嬉しくて、年内は少し無理かとも思っていただけに、喜びも一塩!
ド級さんも一緒に喜んでくれて、その事も嬉しかったです。(*’-’*)エヘヘ

割れ磯に日が差し込む時間以降は、いきなり活性が無くなり、静かな海になって仕舞いました。
2匹目を狙うも反応無く、釣れた喜びもあって、適当な所で終了と致しました。
初対面にも関わらず、ド級さんからは、タコさんのおみやげまで頂いて、おみやげたっぷりの帰り道となりました。

楽しく過ごせた裏磯、又来ます。
[PR]
by uniglobe1 | 2005-12-20 23:50 | 釣り

オリオンも西に傾いて。

西湘サーフ(東側)
2005年12月19日 月曜日 24:00~27:00
月齢17.5 大潮 水温14℃


少ないサーフでの経験だけど、つい行き慣れた場所へと足が向ってしまいます。
釣りたかったお魚をばらしたポイントだけに尚更です。
気温は零度を少し下まわっていて、北風冷たく、グローブをしているにも関わらす、手が凍りそうに冷たかったです。
波足は短く、明るい月が波打ち際を白く浮かびあがらせていました。

河口から東へ移動しながら、キャストし続けること3時間、当たりひとつ無く終了(/。\)
なかなか釣れそうに有りません。

サーフでシーバスを揚げれていない現状で、自分に求められているのは、ポイントの把握。
闇雲にキャストしても、広いこのフィールドで魚が釣れる確率は低く、より魚が留まりそうな場所を感じ取れるように成る事。
ん~それが難しい・・・
お魚が釣れていないだけに、尚更イメージし難いのです。

まっ、今は通い続ける事が一番だと思ってます。
[PR]
by uniglobe1 | 2005-12-20 19:35 | 釣り

準備は播但

気合は十分だけど、寒いと少しつらいです。
これからの季節、寒いサーフに通うために、今日はこんなの買っちゃいました。
e0066115_19424038.jpg

ミズノのブレスサーモ
水分を吸収して発熱するアンダーウエアです。
色んなメーカーから出ていたのですが、パッケージの極寒対応に惹かれ、値段高かったけど買っちゃいました。
フリースのマスクと合わせて使用すれば、少しは暖かくなるのでは・・・

早速、今晩使ってみます。
[PR]
by uniglobe1 | 2005-12-19 19:47 | 釣り