プチ遠征、そしてウェーディングゲーム。

1月25日

今日はほとんど寝ずに夜中の1時半から仕事前三浦方面にプチ遠征して来ました。
釣り場で知り合ったシーバスが居るのなら何処でも通って仕舞う様なビョーキな方が三浦方面にも詳しく、ガイドしてもらった次第です。
彼方此方廻ってポイントや駐車ポイントを教えてもらい、今後の釣行にプラスに成るであろう事を沢山教えてもらいました。

実釣の方は、この風なら此処でしょうとゆう場所で朝まで回遊待ち。
結果は自分はノーバイト、彼がワンバラシのみではありましたが、昨日の朝は3ゲット(内ランカー2本)している実績ポイントに案内してもらっただけでも十分な釣行でした。
○○さん、有難う御座いました。

昨日は1日釣りはお休みして睡眠を沢山取り、体力温存したとはいえ、仕事中眠くて大変でした。
20台の頃ならいざ知らず、今はもう42才・・・
無理もほどほどにでしょうかね~


そして仕事後、大磯で現場が終了したので帰り道、日没直後の相模川へエントリー。
久しぶりに下げの流れの効いた中での釣りをした。

ウェーディング開始から1時間、それまで全く無かった流れが急に出てきた。
その直後、1発目のヒットが生まれた。
バイブレーションをテンション掛けながらカーブホールさせて、川の流れで傾いたVの軌跡を描かせた。
ボトムでターンするのとほぼ同時のヒット。
良い感じ!
e0066115_9284182.jpg

1本目だったので陸まで戻りランディング。
今回も結果を出せた事をシーバスに感謝して撮影後にリリースした。

大潮下げの流れは強烈に効いていた。
見た目の表層の流れはかなり幅広く感じたが、ルアーを通すと本当の流心の幅が正確に判った。
ルアーの着水ポイントを変えていろんな軌跡を描き、泳層を変えて3Dでイメージを膨らませた。

2ヒット目はクロスキャストからのナチュラルドリフトにヒットして来た。
ルアーがターンし始めた処にバイトしてきたシーバスはサイズは小さく40cm台だったが、教科書通りなイメージでのヒットだった。
e0066115_940429.jpg

シーバスは川の中でそのままリリース元気に泳いで行きました。

チャンスはまだまだ有りそうだったが、奥様と約束した制限時間になり、3ヒット目は諦めて水から揚がりました。
サイズは出なくとも、良い釣りは出来たと思う。
よく遊んだ1日でした。(仕事もしっかりしましたよ。)
[PR]
by uniglobe1 | 2009-01-25 23:59 | 釣り
<< 足を延ばしてみても 雨が冷たい >>