メモリアルフィッシュ。

12月5日 湘南


景気が悪いながらも月末月初で仕事は忙しい。
幸いモチベーションは維持し続けれているので、睡眠を削ってなんとか今朝も仕事前釣行に出た。

普段のサーフとは違った場所で、ベイトを探しながらキャスティングを繰り返し未だ暗い時間帯に反応が出た。
e0066115_1093133.jpg

朝マズメに回遊している個体とは明らかに違う、サイズの小さい群れの様だった。
時々バイトがあるが活性が低いのかなかなか乗らない。
やっとの事で2ヒット目を拾う。
e0066115_10111084.jpg

この後、群れが移動してしまったのか?反応が無くなり、完全に明るくなりきるまで粘って投げ続けたが、朝の回遊は無かった。
少し下降気味なのかもしれない。



今日の海は、南岸を低気圧が通過するせいで、時間の経過と共に波が高くなった。
南西の風が強く、海は白波で覆われていた。
この処の調査結果から西のポイントへと向かうべき処だったが、だいぶ前から気になっていた場所があり、この機会に調査釣行と行く事にした。

仕事を早々に切り上げ、帰宅後夕飯をさっさと済ませる。
本当は食事どころでは無いのだが、そんなそぶりを見せれば奥様のお怒りをかう事は間違いなく、焦ったそぶりなど見せることなく夕飯を済ませ、食事後の釣行の許可を取った。

ここからはダッシュ!

フィールドに降り立つと先行者はなし。
飛距離の出るルアーを使用しながら広く探った。
ベイトの気配は感じない物の、小さなバイトらしき反応は有る。
シーバスがこのエリアに入って居る事を信じながら投げ続ける事30分。
割と呆気なく結果が出た。
e0066115_10275392.jpg

産卵前の雌のシーバスをゲット。
抱卵度合いはまだまだこれからの様だが身に厚みが有ってえらくパワフルだった。
居ると判れば、ルアーをチェンジしながらバイトの出る泳層と動きを探した。
そして僅か10分後。
2本目がヒットした。
e0066115_103067.jpg

サイズダウンしたが、完全に群れで入っている事を確認。
絨毯爆撃の開始である。
そして15分後に3ヒット目をキャッチ!
そして気が付けば、この1本で今期、西湘・湘南エリアでの100本目のシーバスとなった。
驚いた事にメモリアルフィッシュはレコードフィッシュでもあった。
e0066115_10391614.jpg

88cm 
ウェイトは、舞い上がって居たのか?量り忘れたが、ブツ持ち写真を撮る際は重さに手がしびれた。
e0066115_11181689.jpg

90アップ達成者には成れなかったが、まだまだチャンスは有るはず。
記念すべき100本目にふさわしいシーバスと出会えた事を感謝したい。

リリース後、更に釣果を伸ばすべく投げ続けたが、消化試合の感も有り。
それでも追加で3本のシーバスをキャッチする事が出来た。

4本目
e0066115_10502752.jpg

5本目
e0066115_1051426.jpg

6本目
e0066115_10513936.jpg

深夜になり、波も収まってくるとシーバスからのコンタクトは減っていき、ついには無くなった。
この場所も荒れているからシーバスが溜まって居たのかどうなのかは継続しての調査をしないと何とも言えないが、良い釣りが出来た事には違いはない。
湘南の海に感謝してフィールドを後にした。
[PR]
by uniglobe1 | 2008-12-05 23:59 | 釣り
<< サイズは出ず。 何が違うのか? >>