せっかくなのに・・・

11月24日 湘南サーフ 

干潮に合わせてフィールドに入り先日と同ポイントから立ち込んでシーバスの回遊を待った。
冷たく激しい雨の上に、北風が強く、コンディションとしては最悪のものだったが、べた凪の海には濁りが入り、十分魚たちの警戒心を解く状態ではあった。
雨後の爆を期待しながらも、雨量が思った以上に多かったせいで濁りはきつく、良い状況は明日へ持ち越してしまう様な気もしていた。

回遊を待ちながら約2時間、微妙に立ち位置を変えながら投げ続けたがノーバイト。
このまま朝まで浸かって居たら、肝心の朝マズメには集中力も無く成り釣りどころでは無くなってしまうと思ったので日付が変わる前に一旦撤収。
仕切り直しとする事にした。

11月25日 湘南サーフ 

日付は変わって早朝に再びサーフに降り立つ。
冷たい雨に激しく打たれ、冷え切っていた身体は、入浴と2時間ばかりの睡眠ですっかり回復した。
潮位が高くなったので、今度は陸から回遊待ちを決め込む。
さっきまでのノーバイトなど全く気にせずにポジティブシンキング。
この処のパターンである朝マズメ回遊を信じて投げ続けた。

5時近くなり、ベイトが動き出したのか、比較的近いエリアにベイトが溜まって来た事がロッドから伝わって来た。
確率変動を感じていると・・・・・・・・・

思った通り、ベイト溜まりの近辺でヒット!
e0066115_128213.jpg

ベイトをたくさん食べているからなのか、かなりの引きを見せてくれた。
一瞬ランカーではと期待を持たせたが、何度計っても、78cmに変わりはなかった。

写真撮影してからリリース、直ぐに2匹目を狙ったが直ぐには反応を出せず。
投げ続ける事30分、次の群れが入って来た。
e0066115_12104460.jpg

レギュラーな70サイズ。
さらにさらにさらに
e0066115_12123167.jpg

70前後の個体の多い事多い事。
e0066115_12132544.jpg

廻りもすっかり明るくなり、もう終わりにしようと思っていると沖合でヒット!
メタボな魚体は素晴らしくパワフルでワンサイズもツーサイズも大きく感じてしまう。

あれほど強く降っていた雨も完全に上がり、風も収まり気持ちの良い朝がやって来ました。
ウェーディングでは結果を出せなかったが、その後の陸っぱりで朝の回遊を捉えて4ヒット4キャッチと満足行く結果と成りました。

寝不足の身体も結果を残す事が出来たので、帰り道は軽く感じる事が出来ました。
[PR]
by uniglobe1 | 2008-11-25 16:53 | 釣り
<< 連釣を維持。 貪欲に >>