好転待ち。

11月14日 湘南サーフ

今朝も2時半起床で3時にはフィールドに降り立った。
昨日とは違って、二日酔いもなく、睡眠もそれなりに取れていたので気持ちよく釣りは出来たのですが・・・
それとは裏腹に状況は好転はしておらず、相変わらずベイトっ気の少ない海でした。
60クラスを早い時間にヒットさせるも、ランディングでバラシ・・・
まだまだ朝マズメにチャンスは有ると思っては居たのですが、結局不発。
今朝はシーバスをキャッチする事は出来ずに帰途へとつきました。

ビックなチャンスを手にするにはまめに通い続けるしか手はないのでしょう。
ベイトが一体何に支配されて動いているのかは判るわけもなく、只々、大量に接岸してくるのを待つしか手は無い様です。
昨年の11月~12月に自分は遭遇出来ては居ない物の、何場所かで、ランカーが大量に接岸した話を聞いてはいます。
そんな状況に今年は出会いたい物ですが、これも時の運もあり、引きの強さも必要としそうです。
[PR]
by uniglobe1 | 2008-11-14 15:26 | 釣り
<< 湘南シーバス 2日酔い >>