2日酔い

11月13日 湘南サーフ

いい状況に当たったなら、釣れるだけ釣るつもりで挑む。
次に釣れる確証は無いのだから、チャンスと思えばたたみ込む様に通う。
実際は、仕事でなかなかそうも行かなかったりしますが、結構鉄則だと思ってます。

昨夜は高校時代のバスケ部の友人と寿司屋で一杯やってきました。
メタボ対策に、最近家では飲まない様にしていたので、お酒の美味いこと美味いこと・・・
早い時間から飲み始めたせいもあり、1人焼酎のボトルを一本ずつ飲んでしまいました。
何cc入りだったんだろう?
ロックで飲んでいたので結構酔っぱらって仕舞いましたが、翌朝はなんとか釣りに行くつもりで居たので、比較的早い時間に気持ちよく帰宅しました。

帰宅後、少しでも睡眠を取る為に、直ぐに目覚ましを沢山かけてベットイン。
そこまでは良かったのですが・・・
2時半過ぎに目が覚めると、ほんの少し2日酔い。
”気持ち悪~”
普段なら、仕事前でもあるのでそのまま二度寝する処でしたが、今は確変モードに突入中、そんなことは言っては居られません。
急いで身支度をし、気持ち悪いのを我慢しながら海へと向かいました。

フィールドに降り立つと少しは気持ちが引き締まり、気が紛れましたが、流石にランガンはせずに回遊待ち。
気持ち悪いと思いながらも、来た以上は釣りたいので我慢して投げ続けました。
そんな中、肝臓は一生懸命アルコールを分解してくれています。
時間の経過と共に徐々に気持ち悪いのも薄れ、徐々に集中していきました。

最初のヒットは、まだ暗い5時過ぎにやって来ました。
沖あい40メートル付近でヒット!
寄せにはいると遠くでエラ洗いを繰り返しエキサイト!
ロッドを寝かしてエラ洗いを押さえ込み、寄せに入りました。
いいランを何度かかわし、無事にランディング。
e0066115_20285211.jpg

70cm丁度のシーバスでした。
この処釣れているレギュラーサイズと言った感じです。

坊主を逃れると気持ちは楽になり、2尾目を気楽に狙うことが出来ました。
ベイトっ気は少ない物の、回遊はしているのでしょう。
もうワンチャンスは空が白々と明るく成ってから訪れました。
e0066115_20325673.jpg

72cmのレギュラーなシーバスはやはり沖合でヒット!
エラ洗いを激しく繰り返し、太った見事な魚体を見せてくれました。

今朝は雲が少なく快晴に近い状態だったので、明るくなるのが早く、短い朝マズメの高活性タイムだった様にに思います。
3度目のチャンスは流石に訪れませんでした。

帰る頃にはすっかり2日酔いも収まってました。
[PR]
by uniglobe1 | 2008-11-13 20:42 | 釣り
<< 好転待ち。 ウェーディングシーバス。 >>