本格開幕のはずが・・・


9月に入り、本格的な秋のサーフシーズンの開幕かと思われたが、最初だけで、この一週間は思った以上にぱっとしない。
ベイトの接岸量はイカにしてもカタクチにしても少なくなった事は感じるが、それ以上に全体的な釣れている量自体が昨年に比べて少ない気はする。
今月後半どうなるか非常に心配だったりする。
自分自身、昨年末の様にシーバスを見失わない様にしたい。


9月2日 湘南サーフ 
9月に入り早速初日を出すために、湘南サーフに出た。
先月末のいいイメージが残った状態なので、精神的にはかなり余裕はあったが、それに反して全く反応は出なかった。
そこで、朝マズメは、かねてから情報が有ったサーフへ移動。
日の出寸前のベイトの動き始めを狙う。
Kさんと合流して二人で広範囲を探索したが、こちらも不発に終わった。
しかし、自分があがった後に回遊はあったと後で知る。
明るく成り切ってからも集中力を途切らせず投げ続ける必要性を感じる。


9月4日 湘南サーフ
前回釣行と同じパターンで攻めて見たが、見事に無反応。
ベイトは今朝も居るのだが、前回よりも少なくなった気がする。
潮目の出ている目の前の浜でランカーが上がっていたが、サーフ全体での唯一釣果だった様だ。


9月5日 湘南サーフ
仕事が早く終わりったので、日没前にサーフへと向かう。
先行者は居ない様だが、南風が強く、コンディションは理想的とは言えない。
こんな時はペンシルに頼るのが一番と、スナップにはハニートラップのチャートカラーを装着。
所定のエリアを西に向かってランガン。
時間は早く細かく探って行ける。
探索を開始して30分程度で、カレントの強いエリアに差し掛かった。
強い離岸流を感じながらもシーバスの反応は出なかったが、カレントを外れた1投目にバイトを感じた。
波裏より少し先でヒットしてきたシーバスはレギュラーサイズながらも今月一本目の嬉しいシーバスとなった。
e0066115_2363642.jpg

途中からseabearさんも登場して、2人して探り続けた。
時間の経過とともに南風は弱まったが、波っ気もなくなり出る気がとてもしない状態に・・・
次なる反応は出なかった。


9月8日 湘南サーフ各所
前回釣行時に今年の初日は出たのだが、サイズアップを求めて気持は貪欲な状態にあった。
休日の前夜なので長丁場狙う事が出来るならば、潮位に合わせてその状況にあったサーフを移動して狙い、4場所を各2時間ずつ探索し、各所ワンヒットずつ、4ヒット4ゲットを狙った。

秋サーフ開幕とはいえどうも渋い状況は続いて居る様に感じる。
当然、各場所でヒットを狙ってはいてもすでに1場所目で砕け散った。
計画通りに進むなら苦労しないわけで、今夜も状況の変化から4場所目はキャンセルして3場所目で朝マズメを迎える事にした。

移動を少なくした分時間は出来た。
過去に結果の出ていないエリアはあまり探らず、その分実績のあったエリアを細かく探って行く。
昨年末にランガンするよりも回遊待ちに歩が合った事を思い出す。
動くべきか動かざるべきか、常に悩み続けている。

意外な事に、朝マズメの時合いを前にして反応が出た。
昨年も一昨年も実績はあったポイントだが、今年は初めてのこと。
?マークの付く鈍いアタリにしっかりと合わせを入れると、ロッドからは頭を振っているのが確りと伝わって来た。
走り以上にランディングでは重く、思った以上に大きいのかと期待したが、上がって来た魚体は普段あまり見慣れないものだった。
e0066115_311377.jpg

ジグでは何度かキャッチしてはいたが、プラッキングでは初めてのことだった。
バイトの感じから活性が極端に高いようには感じられなかったが、おかげでより集中力が高まった。
再び探索開始から20分後、また鈍い当たりを感じた。
合わせを入れるとエラ洗い一発、今度は本命だった。
e0066115_3344881.jpg

レギュラーサイズながら嬉しい一本。

この処の状況から、予想できている時合いは4時以降だったのだが、時間が経過しても回遊は無く、さらにゲットを目指集中し続けたが反応は出なかった。
ランガンの帰り道にワンヒットをかろうじて拾えたがラインブレイクでバラシ・・・
やはり、4ゲットとはならなかった。

○水さん、Kさん、お疲れ様でした。
ブツモチ写真と、顔のアップ写真、ありがとでした。(^^)
e0066115_450980.jpg



9月11日 湘南サーフ 
2時入りを目指したが、微妙に寝坊して仕舞い、急いでなんとか3時半入り。
時合いまでの時間が余り無かったので、大雑把にランガンして要所要所を多少細かく打ってみる。
前回、マゴチを釣ったエリアでワンヒット。
ドラグを数秒引き出された後に、ロットから首を振っているのが伝わって来たが、直ぐにフックオフ。
まだまだこれからと集中して投げ続けたが、後にも先にもこれっきり・・・
時合いのはずが回遊がなければ時合いにはならない。
魚影の薄さを感じる。

KENさん、Kさん、サバボウズさんお疲れ様でした。


9月14日 湘南各所
仕事がひと段落して月曜に休みが取れた。
早速、休み前の長丁場探索を試みた。
海況は、台風のうねりが入っているのか波は高く、波足が長く、サーフによっては全く期待が持てないと思われた。
この処の状況からも、一本でも出せれば上出来な感じだったが、何場所かをまわって結果は出ず。
厳しい状況だった。
ただ、この処行っていなかったエリアで情報を拾うことは出来たので、無意味ではなかったのだが、継続しての調査は必要。
9月後半戦をどう攻めるか悩みは尽きない。
[PR]
by uniglobe1 | 2008-09-17 05:23 | 釣り
<< たまにはマッタリと。 8月総集編 >>