8月初日。

8月2日 湘南サーフ
今日の仕事は大磯で終了。
仕事のピークを何とか乗り切り、連休前の残りの仕事はもう消化試合の様なものとなった。
気持ちもかるい。
折角、海の近くに居るので、家には帰らず、そのままフィールドへと向かう事にした。

何時ものポイントに向かう前に、他の場所で偵察を兼ねて一流しした。
久しぶりの他のサーフは非常にフレッシュに感じたのだが、此方でもステルスがヒット、そしてSLDをロスト・・・
行っているポイント全てに彼らは居る様だが、病院のお世話にはなら無い様にしたいものです。
こわぁ~

何時ものポイントには21時半に入った。
先行者はコタカさんと初めてお話したkobaさんのお2人で週末の割には空いていました。
南風が強く投げ辛い状態でしたが、適度に波っ気が有って良い感じ。
潮の流れが良い状態に成るのはきっとこれからで、おそらく潮止まりの24時近くまでチャンスタイムが広がる。

開始早々に”ク・クン!”とワンバイトを拾う。
シーバスだったと思われるが、ティップが入っただけで乗る事は無かった。

時間の経過と共に流れは強くなり期待は膨らんだが、明確なバイトが出ないまま時間は経過していった。

家に帰らずフィールドに立つ予定ではなかったので、手持ちのルアーは限られていたが、タックルボックスにはシンペンが2本入っていた。
ブルースコード115CRHホロとアワビ張りブルーバック。

ブルースコード115Cは風にも負けない良いルアーだ。
たいしたアクションをするわけでもないのだが、表層近くをテロテロ泳がせるとアピールは高いのかも知れない。
ありがたい事に今夜もシーバスを引き出してくれた。

ヒットタイムは22時40分。
昨日のヒットタイムプラス30分を目安にはしていたが、思った以上にその通りになった。

流れの強いポイントを泳がせていると距離15~20mでヒットした。
直後のエラ洗いをかわし、前回のバラシが頭を過ぎりながらも一気に抜き上げた。
ちょっと焦ったランディング。
e0066115_5464125.jpg

67cmと小さめなスズキではありましたが、この処、渋々だっただけに、サイズ以上に嬉しいものがありました。

その後、2匹目を狙って投げ続けましたが反応無く潮止まりをもって釣行は終了と成りました。

コタカさん、kobaさんお疲れ様でした。
コタカさん、ブツ持ち写真ありがとう御座いました。
kobaさん、リンクありがとう御座います。今後とも宜しく御願いします。
[PR]
by uniglobe1 | 2008-08-02 23:59 | 釣り
<< 8月総集編 8月の始まり。 >>