痛恨のバラシ。

7月31日 湘南サーフ
1日休めば、すっかり気力体力も回復。
早い時間からサーフに入りシーバスを狙う。
時合いはもっと遅くなってからだと思っていても、チャンスがあるかもと期待してしまうが、やはり反応は無かった。

フィールドは平日にも関わらず、アングラーが多数。
シーバスダービー最終日のてけさん、グレさんを始め、seabearさん、コタカさん、Kさん、KENさん、hideさんが参戦。
青物を待つかのごとく回遊待ちを繰り広げたが殆ど反応は無かった。

そんな中、キャッチまで居たらなかったが、ワンヒットを拾えた。
この処、このポイントでのヒットパターンとして確立された感があるシンキングペンシルによる遠距離でのヒット。
離れた流れの中からシーバスを引っ張り出してバイトさせるこのパターンは、ヒットしたシーバス全てがバイト直後にエラ洗いをくりかえしていて、非常にエキサイトだ。

何時も通りに、潮止まり寸前の1時間は流れもかなり強くなり、引きおもりするルアーに期待がかかる。
そして距離50m付近でヒットした。
エラ洗いをかわし、寄せに入ると、ロッドから伝わる重みから良型を感じる。
一気に寄せるも波裏で走られ、ミスが起きた。
ズリ上げに入ると正面からシーバスは現れず、右にずれて現れたのでテンションが掛かりきらず、波にもまれてフックオフ・・・
完全にランディングミスで貴重なワンチャンスを逃す。

気を取り直して、再び投げ続けたがツーバイト目は無かった。
[PR]
by uniglobe1 | 2008-07-31 23:59 | 釣り
<< 8月の始まり。 寝不足は続く。 >>