類とも

7月22日 湘南サーフ
風も強いし、疲れも溜まっているし、流石に今夜は止めておこうかと思っていたのだが、食後に奥様が”今夜も行くんでしょ”と一言。
それならば、”やっぱり、行ってこ~♪”

昨日の状況からおそらく早い時間には潮が動かないだろうと予想して、あえて遅い23時入り。
Kさん、KENさんはすでにあがっていて、コタカさんとも帰り道遭遇した。
コタカさんに状況を聞くと、ランカーワンゲットとの事。

コタカさん
おめでとう御座いました。
何時も回りに気を使って立ち位置を譲って居る事の方が多く思っていました。
自分にも何度も譲ってもらいましたし・・・
チャンスに遭遇出来て良かったですね。
何が自分にそのタイミングを与えてくれるのかは判りませんが、自分も探しに行き続けます。

サイズも良く87cm、羨ましいものです。
おかげで、眠気も吹き飛び、モチベーションはアップアップ!
しかし、現実は甘くは無く、むしろ厳しい状況でした。

波はそれほどではないものの、南風が強く、時折二桁は有りそうな風が吹き抜けていました。
フィールドで遭遇した、グレさん、テケさん、カンカンさんと並んでキャスティングを繰り返し、今夜も回遊待ち。
風が強いせいで使えるルアーもやはり限られていた。
移動できる範囲で横にスライドを繰り返し、広範囲を探るが、流れ少なくシーバスのバイトは殆ど出なかった。

チャンスはおそらく流れが出てからと思っていたが、今夜もその通りになった。
向かい風の中、スライドスイムミノーは沖の流れからシーバスを引き出してくれた。
e0066115_21165753.jpg

サイズこそ大したことは無いが、思い描いたヒットパターンで見事に引き出せた実感はあった。

その後も、出そうな雰囲気は有るものの、反応は少なく、一度だけシーバスのバイトを感じたがのることは無く、そのまま終了と成りました。

グレさん、テケさん、カンカンさんお疲れ様でした。
又、お会いする事でしょう。
その際は、宜しくお願いします。
[PR]
by uniglobe1 | 2008-07-23 21:30 | 釣り
<< ひと休み イエローテール >>