釣り三昧

休み前の月曜の晩は、寝る事を考えずに、朝まででも投げ続けれるが、時合いを考えるとチャンスは下げ一杯の13時位までだろう。
大潮の後の中潮は夜間の下げ幅が大きく、流れを期待する事は出来る。
バイトチャンスのキーワードは流れである事は間違い無いので、今夜が良い状況に成る事を期待してしまう。
予想では良い状況が長く続くはずであったが・・・

湘南サーフ 7月21日
まだ明るいうちにサーフへと降り立つ。
この処、3時間前後のヒットタイムで有ったが、今夜は上げ一杯の今から下げ一杯の25時まで長い時間にチャンスが広がっている。
時間が有る事で気持ちにはゆとりがあった。

日没直後に、駐車ポイントで久しぶりに遭遇したシーマンさんの連れの方がワンヒットを叩き出す。
60台のレギュラーなサイズのシーバスであった。
早々のヒットに期待が膨らむが、自分にはボラのスレ当たり以外のバイトは無い。
スライドしながら所定のエリアを探るが、やはり反応は無し。
潮が動くのに、下げ始めから2時間位は掛かるのであろうから気長に時合いを待つ。

反応が出るのを待つ内に、hideさんとサバボウズさんが参戦。

潮汐の変化量が多いはずなのに何故か今夜は流れが出なかった。
向かい風が強い割には波立ちも悪く、海は凪、海水の透明度は高く、濁りは少なかった。
残念な事に、今にも出そうな雰囲気などは全く無かった。

集中して投げ続けたが、ボラに時々スレ当たりする以外は反応無く、先週の月曜の晩に朝まで投げてもノーバイトだった事を思い出す。

モチベーションを維持するのが厳しくなってきた頃、近くで投げていたアングラーがシーバスをゲットする。
80cm台後半のランカーシーバス。
単発のふらつきだろうけれど、投げ続けていれば遭遇出来る可能性は常にあるはず。
反応がたとえ全く出なくても、今夜は潮止まりまで集中して投げ続ける・・・

サバボウズさんは、11時に上がり、hideさんは一緒に投げ続けた。

ハニートラップを表層近くでテロテロと泳がせ続けていると、バイトが出ないもののシーバスの気配を感じた。
比較的近いエリアで感じたのだが、本バイトは何故か40m以上の距離で出た。
反射的に合わせを入れると同時にシーバスはエラ洗いを繰り返し、ロットで押さえ込んでもおさまらず跳ねまくっていたが、一気に寄せてそのままランディング。
前回のランカーに続いてハニートラップはシーバスを引き出してくれた。
e0066115_17172331.jpg

銀色の魚体は美しく、綺麗なプロポーションをしていた。

24時をまわり干潮まで残り約1時間。
それまでたるんでいた流れが急に強くなった。
何故?
潮汐表からは見えてこない流れの変化を何処で見分けるのかは自分の経験では全く判らないが、チャンスタイムが来た事を感じた。
それまで、全く居なかったダツも集まって来た。
シーバスの気配を近くに感じる。

今回もヒットは遠かった。
遠距離でのエラ洗いはドキドキさせられるが、たまらないものがある。
引きに負けるサイズではなかったので一気に寄せ、久しぶりにタイミングが合わなかったのでひと波待ってランディングした。
e0066115_17304635.jpg

サイズは一本目と殆ど変わらなかったが体高があって此方も見事なプロポーションをしていた。
ヒットルアーはオリカラのコモモスリム。
がっぷりと咥え込んでいて、活性の高さを感じた。

この後、残り30分を投げましたが反応は出せず終了と成りました。
このポイントは釣果にむらこそあれ、まだまだ続く気がします。
きっと、アップダウンを繰り返し、そのまま秋サーフへ突入して行くのでしょう。
ランカーチャンスも依然継続中の様ですので、まだまだ通う日が続きそうです。
[PR]
by uniglobe1 | 2008-07-22 17:24 | 釣り
<< イエローテール 時合い >>