やってもうた!

今夜はseabearさんとhideさんのサポート役の積りで居たのだが、思ったようには行かなかった。

7月11日 湘南サーフ
ポイントに向かう車の中、先行しているコタカさんの情報から、時合いを待たずにもう始まった様だった。
気持ちは焦るが、携帯を忘れて再びタイムロス。
携帯で、釣り場に着いたseabearさんにコタカさんから聞いた現状を話し、彼がヒットを引き出す事を期待しながら釣り場へ向かった。

フィールドに降り立ち、先行者の二人のもとに向かうと、どうやらseabearさんがファイト中。
”シーバスヒット?良かった良かった”と近づくと、どうやら違う雰囲気・・・
なんとステルスと格闘中、おまけに2尾目だとゆう。
シーバス以上にステルスの魚影の濃さを感じえる
何とかズリ上げルアーは無事回収。
良かった良かった。

疲れきったseabearさんがやすんでいる間、空いた立ち位置に入りキャスティング。
何投もし無いうちに結果が出てしまった。

ルアーは昨日のヒットルアーのオリカラレットヘッドチャート。
至近距離であった。
クン!ググとバイトを感じた瞬間、いきなり走り始めた。
強烈な勢いでラインは出て行く。
やってもうた!
コタカさんも、seabearさんも自分もその暴力的な走りから最初はステルスだと思った。
20m以上軽く走り、ファーストランランが止まった瞬間、魚影が見えた。
???
エラ洗いしないのでシーバスらしくは無いが、ステルスの割には底に張り付かなかった。
???
ロットをフルに絞り込ませながら、何度も何度も走ったが、どうもステルスとも微妙に違う感じがファイトから伝わってくる。
???
引きの強さの割りにスタミナが無い。
ランをしのぎ続け、暫くやり取りをしていると、波裏までは意外とあっさりとよせられた。
其処に見えた魚影は、目の光るステルスではなく驚きのシーバスだった。

寄せ波にタイミング良く乗ったので、そのまま悩まず一気にランディング。
あがって来たシーバスは驚きのサイズだった。
e0066115_655568.jpg

83cm、4,1kg ランカーサイズのシーバスだった。
このサイズも回遊しているとは思っていたが、こんなかたちで手に出来るとは・・・
引きの強さは、ショートバイトして、体側面にルアーが掛かっていたからだった。
ランカーのすれ。
走るわけです。

今夜は南風が強く、やり辛い状況でした。
後から合流したhideさんがワンヒットをたたき出すものの、ランディング失敗でバラシ。
それ以外のヒットは発生しませんでした。
予想していた時合いよりも早い時間に始まり終わってしまった様です。
早い時間から入っていたコタカさんは4ヒット2バラシ2ゲットと良い結果ではありました。
常にパターンでは割り切れない事を感じなからも、満潮前後3時間が良かったので此れは此れでセオリー通りだったとも言えます。
明日はどんな状況になるのでしょうか?
気に成る処です。

ブツ持ち写真を撮っていただいた、コタカさんありがとう御座いました。
今夜から心機一転又頑張ります。

ランディング残念だったhideさん、その後はどうだったのでしょうか?
獲れても獲れなくてもチャンスはまだまだ続きます。
又ご一緒しましょう。

seabearさん、昨夜は残念でした。
良い時もあり悪いときもあり。
一緒に頑張ってシーバスを探しましょう。
青物と美味しい小魚もね。

さて、今夜も行きますかね~
湘南サーフへ。
[PR]
by uniglobe1 | 2008-07-11 07:21 | 釣り
<< まきまきまきまき。 依然、確変モード継続中。 >>