至福の一秒間

湘南サーフ 5月30日

仕事が思ったよりも早く終わったおかげで、夜の9時には自宅で食事も終わり、すっかりくつろぎモードに入った。
仕事のほうも、忙しかった月末も何とか終わる目処は付いたので一安心、外は雨。

ネットを見ると思った以上に波が無い・・・          釣り出来るじゃん!

早速奥様に交渉?して出撃を決める。

夜の就寝前釣行です。

出向くフィールドは、ガソリン高騰のアオリを受けて今夜は地元でウェーディング。

リストデーター通りで波は無く、ウェーディング日和。

何時ものポイントで腰まで浸かってキャスティングする。

細かくも絶え間無く振り続ける雨。

釣り人は最初に1人すれ違っただけで誰も居ない。

フィールドを独り占めして贅沢な時間を感じる。

”釣れなくても良し、釣れればなお良し、でも出来れば釣りたい!”

10時前にはサーフに立ち、夜中には翌日の仕事を考えて帰途に着くつもりだったのだが、結局帰宅は佳く午前2時過ぎ。

おそらくセイゴクラスだろうと思われるワンバラシのみ。
エラ荒い一発フックアウト。
至福の一秒間でした。
[PR]
by uniglobe1 | 2008-05-30 23:59 | 釣り
<< アンチョビとキャベツのクリームパスタ エギング >>