悔しい事もある。

西湘サーフ 5月19日

日の出が早くなった分、地合いも早くなって、帰りの時間も早くなったが、帰り道に見る朝の風景は変わらない。
昨年末に仕事前釣行の帰り道、東の空には上ってきた朝日が輝いていた。
今朝も帰り道、西湘バイパスを走って居ると東の空に朝日が昇って来た。
e0066115_14394590.jpg

その時その時でいろんな気持ちで朝日を眺めるが、今朝は満足感半分、悔しさ半分だった。

早朝、先日と同じサーフにエントリー。
秋サーフの良い時程とは行かないまでも、かなりの高確率でシーバスは出ている。
サイズは狙えないだろうが、フッコサイズでも良いので、今年初のサーフシーバスをゲットすべくサーフに立った。
今回はシーバスがメインターゲットなので開始時間を1時間早くした。
当然先行者は無し。

パイロットルアーはスタンダードながらタイド140の背黒アバロンカラー。
最近は出番が無かったが、ビビビっと来るものが有った。

海は波足が長く少し釣り辛い状況で、タイドの飛距離では何とか波裏でのヒットが出せるかどうかと言った処だったが、開始から15分、予想通り波裏直ぐでバイト!
それほどのパワーを感じなかったので、頭を振らせる事無く一気にリーリング。
波を選ばずにランディングに入ったが、ドラグが緩かったせいもあり、ラインが滑って、ズリ上げ中に止まってしまった。
シーバスが暴れてフックオフ。
あせって駆け寄り、手でズリ上げ様としたが、その瞬間波が押し寄せて・・・・・・
ランディング失敗。

気持ちを切り替え、開始後間もなかったので2ヒット目を狙うが、そのまま最後までノーバイト。
ワンチャンスを生かせないと厳しいのはハイシーズンでも当然のことなので、この時季なら尚更当たり前ではあるのだけれど、残念。

狙い通りでは有ったのだけれど、結果は残せず。
少しほろ苦い帰り道と成りました。
[PR]
by uniglobe1 | 2008-05-19 23:59 | 釣り
<< ヒラメの煮付け 狙い通り >>