ウェーディング3

湘南サーフ 5月5日

昨日は寝ずに朝まで釣りをして、その後昼間はseabearさん家族、M山さん家族と3家族でバーベキューをした。
久しぶりにじっくりとお酒を飲んだので、みんなが帰った後直ぐに寝てしまった。
気がつくと日付が変わった午前2時。
やらないとならないことが沢山有ったのに、不覚をとる。
みんなが寝込んでいる深夜、せっかく早く起きたので、予定はしていなかったのだが、再びウェーディングしに行くことにした。
こっそりと家を抜け出す。

サーフは風波ともに良い感じに成っていた。
昨日同様に腰まで浸かってキャスティングを繰り返す。
大潮で潮位が高く思ったポイントまでは立ち込めない。
表層には魚の気配は無く、潮も動いていないのを感じる。
止水の中に立っている感じで、良い訳は無いだろう。

扇形に広く投げ続けても反応はでない。
小1時間投げ続けていると西の空が白み始めた。
冬場とは違って最近は日が明けるのが早く、4時を過ぎるとどんどん明るくなってしまう。
移動して、明けの回遊を待つことにした。

このエリアでは、先日のカタクチの接岸以来、シーバスのヒット数は確実に増えている。
不毛な時季ですらつれ続けていた場所だけにかなりの数の回遊が有っても可笑しくは無いはずなのだが、確信は持てない。
そんな事を思いながら、投げ続けた。

そして、やはり回遊は有ったのだ。

リップレスのシェル仕様 日本アワビ貼りにバイトが伝わった。
合わせると、ロッドがしなってバットに重さが乗る。
ドラグを効かせ、ラインを引き出すランは、昨日に続いてたまらない。
今回もじっくり時間を掛けて、ヒラを打たせた。
最後には、殆ど浮いた状態で、抵抗することも無く打ち波に乗せてランディングした。
e0066115_22105163.jpg

写真を撮り、リリースを完了する頃にはもうすっかり明るくなっていたが、まだ出せる気がした。
追釣すべく投げ続けたが、結果は出なかった。。

上手く行き過ぎだとも思うが、良い波の時には思いっきり乗っておくべきとも思ったりする。
畳み込むように通うべきなのだろう。
明日再び覗いてみます。
[PR]
by uniglobe1 | 2008-05-05 22:21 | 釣り
<< 連続ゲットとはならず。 今期初、サーフで青物。 >>