ウェーディングゲーム2

湘南サーフ 5月4日

西湘サーフでの青物狙いの前に、僅かな時間だがウェーディングしてシーバス狙いをする。
前回はセイゴのみのゲットだったのでサイズアップを狙っての釣行、潮位が上がって来た深夜からエントリーだ。

雨後の濁り等、釣れる好条件が揃っている事を期待して行ったのだが、前回のボイルポイントでは全く反応は無く、魚の気配は無かった。
雨後だからといって釣れるわけではないのだろうが、チャンスを拾うためにも通うしかないのだろう。
ピンポイントでは無く、腰まで浸かって広範囲を探り、回遊待ちに切り替える。
程なく、あっさりと結果がでた。

着水直後、かなり遠方でのヒット。
直ぐにそれなりのサイズで有る事がロッドから伝わる生命反応の大きさで判った。
SPS96はバットから綺麗に弧を描いている。
ドラグを効かせて時々ラインを引き出すファイトをみせる。

メインラインの傷み具合が気になり、泳がせて泳がせて、無理はしない事にした。
落ち着いてはいるのだが、なかなか弱らないそのランのたびに脳内でアドレナリンが放出され、気持ちは高ぶってくる。
久しぶりのスズキサイズであることは間違いないので、獲りたい気持ちもつよく、じれったいのだが焦りは禁物。
時間を掛け、泳がせて泳がせてヒラを打たせた。
浮いたところで、グリップをかけランディング。
e0066115_8234344.jpg

思った通りに久しぶりのスズキサイズであった。
至福の時間である。
サーフに上がって、計測すると73cm、3k弱のスズキでした。
e0066115_831228.jpg

さらに結果を求めては見たが、反応は無く、西湘方面に向かう時間が迫ってきたので終了と成りました。
良いウェーディングポイントにこれからが楽しみです。
[PR]
by uniglobe1 | 2008-05-04 08:39 | 釣り
<< 今期初、サーフで青物。 本日も変わらず。 >>