2008年初釣り

1月2日                                              1
朝 湘南サーフ~河口
初釣りは、昨年末にシーバスの居所を見つけることが出来たエリアに行って来ました。
元旦の深夜23時に釣行を開始して、半端ではない寒さの中竿を振ってきました。
後で天気予報を見たら-1℃まで下がって居て、寒かった訳です。

スタートは先日と同じ場所からエントリー。
ディープウェーディングしてキャスティングする。
しかし、潮位が高い上に、多少波っ気が強くって、思ったエリアまでは近づけず。
ウェーディングしながら微妙に移動を繰り返し、ルアーを投げ続けたが、ノーバイト。
やはり波が高くてやり辛かった。

陸に揚がって、河口の様子を見に行くと釣り人の姿は対岸にしかなかったので、突端で朝まで回遊待ちする事にした。
タモ網まで用意して、準備は万端、正直釣る気になっていた。

突端からキャスティングを繰り返していると、 時々跳ねるボラ君以外は、表層近くには魚の気配はないのだが、バイブレーションで底周辺を探ると、大きなベイトにあたる感触がロッドから伝わって来る。
昨年末のコノシロに近い感触。
マイワシがこのエリアに入ってきていると聞いては居たが、感触が違う・・・

期待に胸を高鳴らせ投げ続けていると、ヒット!
狙い通り!
今年初物~
嬉し~
・・・・でも、跳ねない????
まさか、まさかね~

リーリングして浮いてきた魚体は銀色に光る・・・・・・・・・まさかのボラ君でした。

NO PHOTO

その後、seabearさんが合流。
激寒の中投げ続けた。
気温4℃位では暑い事も有った装備が今夜は話にならなく、手足はかじかんでしまった。
右手首は長時間のキャスティングで腱鞘炎状態。
タイムアップの6時前にはもう釣り処では無い状態に成って仕舞った。

奥様との約束もありタイムアップ少し前に終了としました。

その後、家に帰り暖まっていると、seabearさんから電話があり、自分が帰宅直後に回遊が有ってワンゲットとの事。
やはりシーバスは廻って来たのだった。
約束があって帰宅したとはいえ、終了間際には全く集中力が無くなった上に、フルキャストも出来ず、寒さに負けた事を感じない訳にはいかなかった。

心にリベンジを誓い、寒さ対策をしっかりしなくてはなぁ~と感じた釣行と成ったのでした。


夕 河~湘南サーフ                                      2
時間が出来たので昼間にデイプラ、午後からスクーターで河の偵察に出ました。
今回は、中流域の偵察。
此方もやはり仕事中に来るまで橋から見たことがある程度の知識しかなく、河川敷に降りたことは一度も無いのでした。
e0066115_1484476.jpg

前は気にもしなかったのですが、結構潮目が出たり、流れに沿ってさざ波が出たり、河の表層にも変化があったりする訳で、得る物は有るはずと思っています。

両岸を移動して、河川敷に降りて散策しました。
思った以上に狭いエリアで、上流域にはまだ行ってませんが、直ぐ其処のこと。
狙って攻めれるエリアは思った程沢山は無いのかもしれません。
本格的に実釣に入っては居ませんが竿を出せる場所は結構限られるのかとも思ったりはしています。
夜になってフィールドに立たなければ正確には判らないのですが、果たしてどうなのかな~?
まずは、河での一本目に辿り着くことから始まるのは間違いない事です。
大変だな~

偵察の帰り道。

一昨年も、昨年もすっかりお世話に成ったサーフへのエントリーポイントで信号待ち。
素通りする事も出来ず、釣れないとは思いながらも小一時間ランガンする。
e0066115_204266.jpg

何時来ても、このサーフは気持ちが良い。
海岸線に変化が有って、砂浜を駆け上がる白い波が美しい。
幻想的な風景に何度出会った事か。

今年もきっと色んな事があって又秋が来るのだろう。
其れまでの間にどんな準備が出来るか?
何も変わらずに同じ事の繰り返しは避けたいと思う。       
[PR]
by uniglobe1 | 2008-01-02 23:59 | 釣り
<< ダブルヒット。 謹賀新年 >>