釣りに行って居ない訳では無いのです。

今週も、仕事に追われながらも、何とか時間を作って釣行を重ねています。
シーバスを狙ってサーフに出ているアングラーの中でも釣行時間は比較的取れている方だと思うので、釣行数を結果に結び付けたいと思っているのですが、、現状は厳しく、何かを変えなくては結果など出せないだろうと思っています。
どのサーフも厳しい状況が続いているとはいえ、単発では多少の釣果は揚がって居る様なので、何とか結果を出したいと思っています。


5日 湘南サーフ 
何かそろそろ出るのではと思い、朝サーフへ出てみるが、何も変わらず何時もの様のノーバイト。
困ったもんだと思いながらも、サーフへはまた来てしまう。
釣れなくても竿を振れれば良い・・・などとはこれぽっちも思って居ないので、結果を求めての徘徊はまだまだ続く。


6日 
朝 湘南サーフ

折角のお休みなのに連日の釣行疲れから寝坊する。
シーバスの時間はもう終わりなので、しょうがなくヒラマゴでも狙って見ようかと何時もサーフへと向かうと、思った以上に波が高く、波口が荒れてヒラマゴには今一な状況でした。
飛距離が出て底を取ることが出来るGIGのピンクアバロンをロングキャスト。
程なく、小さい当たりの後、生命反応が・・・
小ソゲゲットか~と思いきや、揚がってきたのは中さばでした。
e0066115_19271257.jpg

その後はあたり無くそのまま終了でした。


夜 西湘サーフ
普段のサーフではなかなか釣果が出せないで居るので、休みの今日は少し西へと足を伸ばしてみました。
通いなれていないサーフは新鮮で、ベイトっ気も多く、黄昏時に成るとモジリやライズが多数で、海面は生命観であふれ、期待が持てました。
レッドベリーで鰯カラーのサスケを投げ続けていると、遠目でヒット!
手応えから、”フッコゲットか~”とリーリングしていると、先日来居なく成ったはずのワカダくんでした。
e0066115_19281615.jpg

シーバスらしきライズも沢山目撃したのですが、最後までヒットには至らず、終了と成りました。


8日 湘南サーフ
某氏からの支援情報があり。
偵察のみで終わっているサーフを覗きに行きました。
海は凪って居て、何時もの通り生命観が今一つ。
集中して投げ続けるも、ノーバイトで終了。。
睡眠を削ってサーフへと出ているので、何とか自分にご褒美をあげたいと思っているのに・・・


10日 湘南サーフ
夜、雨の中、サーフをランガン
波足が長く釣りずらい。
相変わらずバイト一つ無く、集中力も低下し気味。
とても釣れる状況ではなく、極端には引っ張らずに終了する。
シーバスとのコンタクトが途絶えて、3週間が経過した。
このまま、シーズンを終われる訳も無く、何かを変えて、結果に結びつけて行きたいと思う。


11日 湘南サーフ
休みを待ちきれず、貫徹でサーフをランガンした。
と言っても、長時間過ぎると、体力、集中力共に持たないので、深夜一時に釣行開始。
潮位に合わせて、2場所を移動する。
どちらのサーフもいい感じのカレントなども見つけられて居るのだが、全く反応が無い。
打つ手無しとゆうのが正直な処。
まるで、サーフに行き始めたころ、冬の何も釣れないサーフを再び体感している様だ。
シーバスの居場所を完全に見失ってしまった。
ノーバイトで終了。
何も釣れなかった徹夜明けの仕事はさすがに辛かった。


12日 西湘サーフ
珍しく、仕事が早く終わったので夕マズメサーフへの2時間勝負!
何かを変えたくて、再び西のサーフへと向かう。
明るいうちは全く反応が無く、ベイトっ気も前回に比べるとまるで少ない。
波間に子鯔が見受けられるが、その他は居なさそう・・・
e0066115_19223141.jpg

それでも、黄昏時には活性が上がり、ロングキャストしたルアーに久しぶりのバイト!
揚がってきたのは先日と同じ、ワカダ君でした。
e0066115_1923988.jpg

ヒットルアーは、タイドのリップレス。
しかし、このワンバイトのみでシーバスからのコンタクトは無く終了。

釣りに行っていないどころか、ほぼ毎日釣りをしているのでした。(^^)v
[PR]
by uniglobe1 | 2007-11-13 19:33 | 釣り
<< 秋も深まり行く SOROSORO SOROSORO >>