西のサーフへ

昨日の朝は打ちひしがれて、今週の釣行はもうお休みしようと考えていたのですが、時間が経つと立ち直るもので、急遽西のサーフへ行って見る事にしました。
(立ち直りが早い性格も自分の取柄だったりします。)
西のサーフは昨年何度か訪れた事は有ったのですが、本格的な長時間の釣行は今回が初めてでした。

サーフに降り立つと、海の荒れがまだ残っていて、時折波打ち際で背丈の倍位に立ち上がったりしていました。
ウェーディングするのは危険だったので、立ち位置を手前にとり飛距離の出るルアーを投げて中距離をランガン。
普段やりなれていないゴロタのサーフは疲労度も大きく、釣行時間が過ぎて行くと眠気も襲って来て、集中力も低下して行きます。

地元のサーフとは違い、見渡す限り貸切状態なので、人っ子一人居ません。

中距離を2往復ランガンし、何の反応も無いまま朝が来て仕舞いまいました。

東の空が少し赤くなり始め、海面のざわめきが見える様に成った時、波紋を発見。
まだ真っ暗な中、狙い打って、ヒットしたのは予想外のこの子でした。
e0066115_16392565.jpg

体高が有って、一瞬ん平フッコに見えましたが、40アップのイナダでした。
此処でもイナダは接岸しており、好調さは何処も同じの様です。

人気の無かったサーフも青物狙いのショアジギングの人が多数現れ、にわかに活気づいています。
今日も良い天気になりました。
e0066115_16434168.jpg

自分はプラグを投げ続け、高いヒット率を維持しています。
どうもイナダは表層に意識が行っているのか、ジグよりも飛距離が出ないにも関わらず、有利な様です。

損傷の無い物をリリースしながら、結局11ヒット6リリース5ゲットと成りました。
e0066115_16415045.jpg

おととしの自分なら大喜びしたと思うのですが、シーバスモードに入った今は少し違う気持ちが其処には有ります。

結局最後までシーバスからのコンタクトは無く、明るく成り切ったサーフを後にしました。
[PR]
by uniglobe1 | 2007-10-30 16:35 | 釣り
<< SOROSORO SOROSORO 疲れましたね~ >>