時間が有ればサーフへ

仕事中では有るのだが、夕方から3時間程待ち時間が出来たので、懲りもせずに今朝のサーフへと行ってみました。
明るい内に見るサーフは何か夜とは違って妙な感じで、投げ釣りをしている方や浜で遊んでいる家族連れ等、深夜には貸し切りに成るあのサーフと同じ場所とは思えないのでした。

人の少ない一級ポイントまで歩い行き、キャスティングを始めると、波打ち際でボイルが起きました。

手持ちで一番ナチュラルなカラーであった悟空をチョイスして投げ始めると、ナブラの主ではないこの子が波打ち際のブレイクからひらひらと現れて、ルアーをパックっと食べました。
e0066115_17343311.jpg

ヒットする瞬間の一部始終を目撃してしまいました。
恥ずかしながら、かろうじて40アップの初ヒラメです。
予想していなかった獲物ですが、キープして再び投げ始めると、やっとナブラの主が判りました。
e0066115_17411838.jpg

セイゴかと思いきやワカシで、青物好調が此処まで来ているのかと驚かされました。

暗くなって、更に西にランガンして、制限時間で折り返し、今朝とは打って変わって、アングラー少ない状況でした。
反応は無いまま仕事に戻る時間が来て仕舞い、シーバスは結局ノーバイトで終了でした。
[PR]
by uniglobe1 | 2007-10-22 17:53 | 釣り
<< 今朝も海 不安定 >>