厳しい状況でした。

深夜11時前から朝の5時半まで、湘南エリアのサーフをランガンした。
波の状況を見ながら、2場所を車で移動して何とか竿を出し続けたが、波足はどこに行っても長く、厳しい状況に変わりは無かった。

風は北風に変わったものの、強く吹き始めるのが思った以上におそく、波が収まるのもそれにあわせて遅れた。
波打ち際より少し内側をランガンしたので、やわらかい砂に足を取られ、普段よりも疲労が強く、朝までよく投げ続けたとも思う。

月のない大潮、空には雲が無く、星がきれいに光っていた。
寂しい秋の星座達だが、南の水平線上に一際明るい一等星を見た。
東に上がって来たオリオンの輝きにも負けない明るさで水平線のすぐ上に光っていた。

南のうお座のフォーマルハウト

子供の頃から星は結構見てきたけど、光害の多い神奈川では水平線に近づく程、星は見えなくなるので、意外なほど南天水平線近くの星たちには馴染みが無った。

魚には出会えなかったけれど、得たものは有った。
[PR]
by uniglobe1 | 2007-10-09 19:58 | 釣り
<< 1ヒット! 1ゲット!・・・1外道 週末ではない、週末。 >>