本格開幕

子供の頃、毎年夏になると夢中になって虫取りをした。
友達との間で自慢出来るのは、真っ赤で大きなカブトムシだったっけ・・・
ミヤマクワガタなどは取れた事がなかったけれど、ノコギリクワガタやカブトムシで十分に満足していた。

夏休みには、早朝3時位に起き出して、誰よりも先に雑木林の狙いのポイントに行った。
闇の怖さを感じずにライトを頼りに虫取りをした。

”あれから30年以上経つのに、やってること変わらないな~”とキャスティングを繰り返しながらサーフで1人、ふと思った・・・


今朝は、昨日に続いて同じエリアをランガンして来ました。
条件はほぼ同じで、海は凪ぎ、空には雲が全面にかかって居て適度な光量を与えてくれていました。
同じポイントから西に向かってランガン、先行者は無し。

違う点は、時間に少し余裕が有ったので、細かく刻んで行った事だけど、昨日のヒットポイントを過ぎても反応は出ず・・・

早々、甘くは有りません。

隣の芝生は青く感じる物で、”seabearさんの居る、東のサーフの方が状態良かったりするかな~・・・”
そんな邪念を振り解きながら、なんとか集中の世界へと入り込んで行きました。

どんどん移動しながらも、変化の際やカレントを感じるポイントは複数キャスティングしてチェック!
バイトが無い物の、昨日の状態からシーバスが入って居る事は信じられ、救いに成ります。

そして、キャスティングを繰り返し、ついにその時がやって来ました。

30m程沖合で、ルアーにバイトを感じました。
軽くエラ洗いされて、物の3秒ほどでフックオフしたのですが、何故か再びルアーにアタックしてくる気がして、近くに居るであろう其奴に向かって投げ続けました。
フックオフから3投目、ルアーを変えるかと考えて居ると、再びバイト!
今度は至近距離!
一気にリーリングしてべた凪の中、波に乗せることもなくランディング成功。
テールフックしか掛かって居ませんでしたので、抵抗させる隙を全く与えないで正解でした。
e0066115_20323385.jpg

ヒットルアーはタイドミノースリム175RH。
60チョイのレギュラーサイズながら、良く太って綺麗な魚体をしています。

気持ちが楽に成りました。
更に西に向かってランガンを続け、同じポイントで折り返し。
折り返し地点の波打ち際の地形が変化の有るポイントに立ち、何かを感じたので数投すると、今度も沖目でバイト!
・・・が、又してもフックオフ!
昨年もそうでしたが、沖目でのバイトは、フックアップしきれずにばれることが多く、今一つ物に出来て居ません。
今回は直ぐにルアーチェンジ、例のシェル仕様をチョイス。
一投目。
又しても、波裏直ぐでバイト!
追って来ていたのでしょうか?
追いあわせを入れ、一気にランディング。
e0066115_20201180.jpg

ヒットルアーはコモモスリムアワビ貼りBH。
フッコサイズにサイズダウンして仕舞いました。
でも、良しと出来、満足出来る結果です。

満たされた気持ちを感じていると、西の空に、雲の合間から満月が顔を出しました。
e0066115_2030769.jpg

これだから止められません・・・


折り返して帰り道はタイムアップ寸前の為殆ど投げず、東のサーフに居るseabearさんの処に顔を出してから、撤収しました。
>seabearさん
ぶつ持ち写真有り難う御座いました。

良い状況が続いているので、まだまだ寝不足の日は続きそうです。
[PR]
by uniglobe1 | 2007-09-27 20:30 | 釣り
<< 南風 予想通り >>