地元のサーフへ

昨晩は、遅くまで起きていたのですが、12時少し前に急に地元のサーフへ行ってみたくなり、2時間程、砂浜を徘徊して来ました。

この処、余り芳しくない状況が続いているので、現状を打破する為にタックルを変更する事にしたのです。
当初は、シーズンイン直後のランカーを狙って、ヘビカバ気味のラインシステムを組んでいたのですが、肝心のシーバスは岸際に今一つ寄って居ない様にも感じられます。
ラインが太いせいで飛距離は伸びず、波裏直ぐのヒットがメインターゲットだったのですが、それも厳しい状況です。

其処で、状況が好転するのをのんびりと待って居る訳にもいかないので、ヒットさせる事を最優先にラインを細くして飛距離を稼ぎ、より広範囲を探れる様に変更する事にしました。
ラインだけでなくロッドも負荷を少し下げた物に変更して、メインで使っている10g台のルアーのロッドへのノリも良くする積もりです。

そんな事を考えて居ると直ぐにでもロッドを振りたくなってしまう物です。
ラインは用意出来て居ないまでも、久しぶりに使うロッドの調子を見たくて、急遽、徘徊となった訳です。
e0066115_2039479.jpg

2時間徘徊して、バイトはゴミのみ・・・
ヒットはお預けとなりました。

予想外に浮遊しているゴミが多く、殆ど釣りには成ら無かったけれど、久しぶりに使うロッドのキャストフィールは非常に良く、この秋のメインロッドとして申し分のない物でした。

今晩は、新たに100m¥7.560もするPEライン(TORAY製、F0)を買って来ました。
自称、1号で18lbだそうです。
又、直ぐにでもロッドを振りに行きたく成って仕舞います・・・
[PR]
by uniglobe1 | 2007-09-23 21:03 | 釣り
<< 釣り三昧 起きれませんでした。 >>