何ヶ月ぶりなのだろう?

今朝は先日Kさんと遭遇したサーフへ、干潮からの上げ狙いで行って来ました。

サーフに降り立つと、思ったよりも波が少なく、台風のうねりによる波立ちを期待していたのだが、予想外だった。
空には月が出ているのだろうが、雲に覆われて見えては居ない。
光量的には自分の経験では良い感じで、先週から始めた砂歩きの中では、波、風、光共に条件は今回が一番良く思えた。

湘南サーフ

思った以上に潮が澄んでおり、”ミスチョイスかな?”と思いながらも、サスケ・チャートRHを選んだ。
最初のポイントで、キャストを開始。

向きを変えながらなキャストを繰り返し、3投目・・・
バイト!
ティップが入り、合わせると・・・乗った!
30m程沖合で、エラ洗い2発!
ロッドで抑え込んで追い合わせを入れ、リーリング開始。
それほどの突っ込みもせず寄せれる。
ロッドから伝わる感じでは、40cm台のフッコ、とはいえシーズン一本目なので、慎重にランディングする。

サーフでのシーバスは去年の12月以来なのだが、思った以上に気持ちは落ち着いていて、意識下なのだが、半分は無意識の様に体が動いている。
何か不思議な感じだ。

久しぶりのシーバスを無事にランディング。
小さいながらも、嬉しい瞬間だ。
e0066115_6913100.jpg

銀色に光る魚体は、驚いた事にヒラフッコだった。
昨年末、西湘で初めて釣ったヒラスズキ、今年は開幕から出会えるとは、何となく幸先良い感じがして、大きさ以上に価値の有る一匹となりました。

その後、小一時間程サーフを流すも、バイトはなく、今一つ集中力に欠けるので、早々に撤収しました。
[PR]
by uniglobe1 | 2007-09-03 06:18 | 釣り
<< オフショアin駿河湾 今夜ヒットしたのは・・・ >>