今夜ヒットしたのは・・・

夜中の干潮前後を狙って、昨年来、久しぶりのサーフを覗きに行ってきました。

サーフに降り立つと、先行者が複数居るのが足跡から判りました。
1人は直ぐに波打ち際で投げ始めている・・・
1人はそのまま目的地?に向かって居る?・・・
さて、自分はどうする?

波打ち際に立ち、パイロットのプラグを投げ始める事にしました。

刻んで行って、良い処で回遊待ちとゆう感じでしょうか?

刻み初めて間もなく、おそらく帰途に着くのだろうと思うアングラーが波打ち際を歩いてきます。
お決まりの様な気がしながらも”どうでしたか?”と声をかけると、何故か違和感のないお方で、初対面ながら直ぐにリンク先Kさんと判りました。

波打ち際に並んで立ち、釣りの事やら家庭の事やら・・・あれこれ話していると時間が経つのは早い物で、殆ど投げていないうちに時刻は1時半になって仕舞いました。
おそらく1時間半以上、話していたようです。

Kさんはダッシュで帰り、自分は30分だけ投げてから撤収しました。
月が頭上から煌々と海面を照らし、べた凪の状態の海では、余り釣れる気もせず、当然の様にノーバイトで終了です。

今夜の釣行は、Kさんとも初対面出来たし、サーフの視察も出来たので、取り合えず良しと言えそうです。
次回は、このサーフで粘ってみたいと思っています。
[PR]
by uniglobe1 | 2007-09-01 03:00 | 釣り
<< 何ヶ月ぶりなのだろう? 匂い >>