6月はもう過ぎし日々

仕事に追われ、休みが取れれば釣りに没頭し、ブログのアップはまま成らず、時間はあっとゆう間に過ぎて行きます。
気が付けばもう七月、夏真っ盛りまで、秒読みと成りました。

ここ数年に比べ、カタクチの接岸が遅れ、シーバス爆は無く、サバの接岸も少なく、でも何故かワカシは早い時期から釣れ、拍子抜けしている方も多数なのではないでしょうか?
自然が相手の事なので、しかたがない事ですが、思った様には思った以上に上手く行かないものです。

6月1日 西湘サーフ
今一つな地元の磯場を離れ、サバ情報が聞こえる、西湘方面に久しぶりで足を伸ばしましたが、ベイトのみで、フィッシュイーター達は不在でした。

家を出て海沿いに向かう地元の橋の正面に、月が沈もうとしていました。
月の見た目の大きさは何時も同じはずなのに、時々大きく見える時があります。
何故なのか?不思議な感じです。
今朝の月もそんな月でした。
e0066115_21162221.jpg

海沿いに出て、海岸線を西に向かうと、後方の東の空が明るく成って来ました。
西に向かい、走りながらも、気持ちはすでにフィールドにあり、堪らない時間帯です。
e0066115_21172024.jpg

サーフに降り立つと、何時もと変わらないフィールドが広がって居て、薄暗い中、青物の回遊を待ちながら、ジグサビキを投げ続けます。
東の空が明るく成ってきました。
新しい朝の始まりです。
e0066115_21263590.jpg

仕事前の限られた時間の中で、結果が出ても出なくても、フィールドに立ちさえすれば、少しは気持ちが晴れるものです。
次回への期待を胸に許される時間まで投げ続け、釣り場を後にしました。

6月2日 西湘サーフ
週末休みのseabear さんと一緒に、サバを探して再びサーフへ仕事前釣行しました。
昨日訪れたサーフが今一つな状態だったので、更に西に足を伸ばし西湘サーフ西側へ。
休日の土曜日とあって、釣り場は激混み!
東の外れまで歩いて、やっと釣り座を確保する事が出来たのでした。

暗いうちから、何時ものジグサビキを投げ、見える範囲内の浜のファーストヒットをゲットしたものの、その主は意表を突くこの子でした。
e0066115_22103791.jpg

良い突っ込みをしていて期待したのですが・・・
結構それなりの大きさです。
e0066115_6124084.jpg

キープする訳にも行かず、海にお帰り頂きました。(^^;)

気を取り直して投げ続けていると、今度は着水直後の表層ツイッチにヒット!
100m近い距離を楽しみながらリーリング。
サーフでは何時ぶりかもよく判らない程久しぶりのサバの引きでした。
e0066115_6212718.jpg

今シーズンは、マサバをろくに釣らないうちに、ゴマサバの時期に成って仕舞った様です。
この時期、食べるには、此方の方が美味しいので良いのですが、マサバの強烈な引きをもう少しは堪能したかった気がします。

制限時間いっぱいまで投げ続けましたが、ゴマ1のみで、追釣は出来ず、浜全体でもたいした数は揚がらなかった様です。
サバの本格的な接岸とはまだ言える状態では無かったです。
[PR]
by uniglobe1 | 2007-06-30 23:59 | 釣り
<< 昨年とはうって変わって ベイトは居れども >>