カタクチ様々です。

仕事がお休みの本日は、サバが居る事が判ったので、本格的にジグサビキで青物狙いをしようと思っています。
と言っても、小物釣りの合間にですが・・・
2007年バージョンのアンチョビも作りたいと思っているので、カタクチイワシも大量確保しなくては成らないからです。


2007年5月15日 火曜日 4:00~11:30
月齢27 大潮 水温?℃


白々と明けてきた磯場に降り立つと、風もなく、海は凪っていて、釣りをするには久しぶりの良いコンディションです。
この処釣れている情報が無いせいか、釣り人少なく良い案配です。

今日はタックルを2セット持ち込みました。
Max50gのショアジギングロッド LSJとmax30gのシーバスロッド EX-TIです。
4本針のショートなサビキに40gのジグと8本針のサビキに28gジグを組み合わせました。
カタクチを磯際から遠方まで補足する為に選んだタックルです。
今年のカタクチは、型が大型なのでアンチョビにするには良い案配です。

今朝はカタクチの魚影が濃く感じられます。
魚が掛かってもピックアップせずに、追い食いさせているとサビキは鈴なりに成ります。
これはこれで楽しいものです。

今一つサバは釣れる気がしないので、カタクチの確保に努めていると、予定外では無く、有る意味計画的でもあるのですが、大きな反応が出ました。
前日同様に、サビキに掛かったカタクチを何かが補食したようです。

スピーディーにリーリングして浮いて来たのは、磯場では初めてのフラットでした。
e0066115_092760.jpg

サビキにヒットしたのかと思ったのですが、ジグをしっかりくわえて居ました。
おそらく、”サビキに掛かったカタクチの暴れるさまが集魚効果を発揮して、一番目立ったジグにヒットした。”のではないのでしょうか?
これも1つのメソッドでしょうかね~

同じ方法で、カタクチ確保を続けて居ると、再び反応が出ました。
今度は小さめ?
e0066115_020098.jpg

揚がってきたのは、初物のワニゴチでした。
珍しい獲物が続きます。

その後、サビキにフッコが掛かり、ジグでマサバもゲット!
サビキでは何と!マイワシまで掛かり、カタクチも入れると、本日6目を達成しました。
e0066115_023518.jpg

つい先日までさっぱりな状態だったのに、ベイトが入ると変わるものですね。
カタクチ様々です。

昼近くまで、のんびり釣り続け、満足して釣り場を後にしました。
[PR]
by uniglobe1 | 2007-05-15 23:59 | 釣り
<< 夕マズメ シーズン初の真サバでした。 >>