青物開幕目前です。

先週末は彼方此方からカタクチイワシの接岸が伝えられ、それに伴って西のサーフからはサバが揚がったとの情報が入ってきました。
沖でもサバが沢山釣れ始めた様なので、地元の磯でのジギング開幕が寸前に迫って来ている事を感じます。
そんな状況の中、いてもたってもいられず、休み前日にも関わらず仕事前釣行をしてきました。


2007年5月14日 月曜日 4:00~6:30
月齢26 中潮 水温?℃


まだ薄暗い磯に降り立つと、釣りものが少なかったせいでなのか、今朝も釣り人は少なめでした。
ルアーマンが数名と、籠釣りのおじさん達数名程度ですので、何処でも投げ放題です。
何時もの磯から、ジグサビキを投げます。

何投もしないうちに、カタクチがサビキにヒットしてきました。
竿先から伝わるプルプル感!
良い季節がやって来た様です。
8月一杯まではジグサビキの世話になりっぱなしな事でしょう・・・

ベイトが入ると色んな魚が急に寄って来る様です。
投げ続けていると、昨年もこの磯場でこの時期に釣れたイシモチがヒットしてきました。
e0066115_2234383.jpg

ジグへのヒットではなくサビキに掛かりました。
サビキを食べようとしたのか?サビキに掛かったカタクチを食べようとしたのか?
どちらかは正確には判りませんが・・・

磯から釣れるカタクチの群れはまだ小さく、サバ等はベイトの動向次第な事を感じました。

仕事前少しだけ余裕を残してタイムアップ。
e0066115_22503150.jpg

急に賑やかになってきた海を感じれて嬉しくなった釣行でした。
最終的にカタクチ15匹とイシモチを2匹確保して帰途に着きました。
[PR]
by uniglobe1 | 2007-05-14 21:50 | 釣り
<< シーズン初の真サバでした。 掟破りかな? >>