砂メッキ

湘南サーフ
2006年12月20日 水曜日 4:30~6:30
月齢29 大潮 水温?℃


年内も残り僅かに成って来ました。
チャンスをこの手につかむ為に、今朝もサーフへと向かいました。
サバさんが、先行で湘南サーフ(西側)をランガン中の為、自分は久しぶりの湘南サーフへ行く事にしました。

この秋のシーズンインを飾ってくれた、このサーフは久しぶりです。
サーフに降り立つと、海はベタ凪で、まるで湖の様な状態でした。
あまり期待は持てないかと思いながらも、集中しなくては始まりません。
邪念を捨てて、ルアーを投げ続けます。

開始から15分。
東から西へと細かく刻んで行くと、ゴツゴツとアタリがロッドに伝わってきました。
大きなアタリに反応すると、フックアップ成功!
リーリングを開始すると、手応えから、魚の大きさはシーバス以下で有る事が判明しました。
セイゴ?
大きなアタリの割には、するすると巻き上げられて、揚がってきたのは意外な事にメッキでした。
e0066115_8504640.jpg

サーフでメッキが釣れたのは、初めての事です。
先日のサスケでのゲットに続いて、今度はコモモスリムで釣れてしまいました。

ポジションを固定して投げ続ければ、メッキのアタリは多数発生します。
が、本命を探すべく、更にランガンして行く事にしました。

。 ・ ゜ ・ 。 ・ ゜ ・ ☆。 ・ ゜ ・ 。 ・ ゜ ・ ☆。 ・ ゜ ・ 。 ・ ゜ ・ ☆。 

西の外れまで行って折り返し、再びメッキが釣れた近辺まで戻ってもシーバスからの反応は出せませんでした。
残念ですが、厳しい状況が続きそうです。

タイムアップまで彼方此方をウロウロしてから会社へと向かいました。

年末モードで忙しくなかなか釣行出来ずに居ますが、竿を出す機会を増やさなければ、シーバスにはなかなか遇えそうに有りませんね。
諦めず、作戦を練って、又行きます。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-12-20 09:05 | 釣り
<< 思い通りには行かないものですね。 せっかくのお休みがぁ~・・・・・・ >>