調査釣行


2006年12月14日 木曜日 6:30~8:00
月齢23 小潮 水温?℃


週末に、仕事前だけれど潤平くんと磯への釣行を予定しているので、今朝は調査がてら磯場に顔を出して来ました。
普段行っているサーフに比べると近い上に、明るくなり始めてからが時合いに成るので、朝はゆっくり目でOKです。
・・・が、油断しすぎて寝坊してしまい、6時少し前にダッシュで磯場へと向かいました。

磯に降り立つと、まだ時合いは来ていない様で黙々とみなさん投げておりました。
自分も少し遅れて戦線に参加です。
この処好調だったメッキも昨日は水温の低下のせいでなのか?サッパリ釣れ無かった様です。
今朝も不安が無いわけでは有りませんが、気にしてもしょうがないので、小型のジグで広く表層を探ります。

さっぱりアタリがない中投げ続けていると、視界の右端で何かがライズしました。
波紋が広がっています。
メッキ?
身体の向きを変え、波紋の辺に集中的にキャストしていると、今度は視界の左端で又ライズしました。
シーバス?

タックルは1/2OZ負荷のバスロッドにPEの1.5号がメインラインなので、かなり大きなシーバスまで対応は可能です。
ルアーをそれまで投げていたリトルビットからサスケ・ボラカラーにチェンジ。
ライズのあった中間点辺りにキャストします。

投げ始めて3投目、バイト!
反射的に合わせると、30m位の距離で魚が跳ねました。
えら洗い!
シーバスです!
目測50前後。
すかさずリーリングを開始すると・・・・・・・・・テンションが抜けましたぁ~
フックアップ失敗です。
(T_T)

かなり残念ですが、落ち込んではいられません。
群れで来ている可能性もあるので、投げ続けます。

暫く投げ続けていると、再びバイト!
今度は、フックアップ成功です。
引きは弱く、セイゴの様に思いましたが、なんと揚がってきたのは、メッキでした。
e0066115_172721100.jpg

サスケに襲いかかるとはたいした奴です。

シーバスを狙って投げ続けますが、メッキの細かいアタリのみで、大きいアタリはなく、この後、メッキもう1尾をサスケで追釣し時間切れで終了と成りました。
何時もの事ながら、仕事前釣行は後ろ髪ひかれまくります。
まっ、またすぐに竿を出せるのだからと、自分を納得させました。

水温低下で心配されたメッキも、もう少しの間ゲームは出来そうなので、少し安心しました。
シーバスも入って来ているので楽しみが増えましたね。
又、磯行きます。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-12-14 17:40 | 釣り
<< せっかくのお休みがぁ~・・・・・・ みたび西湘へ >>