まだまだ続く

湘南サーフ(西側)
2006年11月10日 金曜日 19:30~21:15 21:30~22:30
月齢18 中潮 水温20℃


今日は奥様が休みだったので、仕事が終わった後、家事を一切せずにサーフへと向かいました。(^^)

今回は、満潮からの下げを釣るので、潮位はほぼ希望通りです。
これで、結果を出せれば、バッチリなのですが、自然が相手だけに、自分の思惑通りには事が運んではくれません。
シーバスに遇える保証など何処にもないのです。

火曜日に海が大荒れしたせいで砂浜がかなり削られ、ランガンしているエリアの中間部2/3程の地形が変わって、変化が少なく成って仕舞いました。
前半部と後半部を中心にランガンしたのですが、反応無く、このままずるずる投げ続けても得る物は無いだろうと思ったので、場所を移動する事にしました。

西の外れまでスクーターで移動後、東に向かってランガンします。
初めて来るこのエリアは、サーフに降り立った事も無かったので、景観が目新しく、新鮮な感じがします。
国道の明かりなどが近く、さっきまで居たエリアに比べるとかなり明るい印象を受けました。
これなら、お化けも少なそうです。(^^;)
今夜は結果を残せなくても、何か新しい事を手にしたかったので、移動して正解でした。
サーフに降り立つと、沖側50~60m位の処で横一列に波が立ち上がり、手前で消えてから、波打ち際で砕けています。
浅いながらも手前は少し溝状に成って居る様で、ひょっとすると、これは何か良い感じ?
東に向かってランガンしていると、ルアーマンがちらほら見かけれます。

ランガン開始から10分位が経過したとき、距離約20m位でバイト!
ヒット!しました。
竿先が絞り込まれ、生命反応が・・・・・・・・・
ふっくあうと~・・・
4秒で、ばれちゃいました。(T_T)

神様が折角くれたワンチャンスがぁ~~~~~~~~~(泣)

暫く動けず、気を取り直して、その後も時間制限一杯まで投げ続けましたが、2度目のチャンスは有りませんでした。
しかし、粘れば行けそうな雰囲気はむんむんでした。

ランガン中にクロスしたアングラーには、片っ端から話しかけ、最近の状況などをリサーチ出来たので、参考に出来そうです。
東に比べて、人が多いのは難点ですが、平日の深夜から早朝に掛けては、それほどでもないはずなので、近々狙いに行ってみたいと思います。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-11-10 23:59 | 釣り
<< フルキャスト 月と星と雲と >>