有言実行

湘南サーフ(西側)
2006年11月5日 日曜日 21:15~22:30
月齢13 大潮 水温?℃


今朝の失敗を繰り返さない様に、干潮からの波立ちを期待して、釣行時間を決定した。

サーフに降り立つと、予想通りに波は立って居たが、想定外な事が発生!

”海が干からびている。”

決して乾いて居る訳ではないのですが、想像していた以上に潮が引いていて、普段ルアーを泳がせているポイントが普通に歩ける状態まで、潮が引いてしまって居たのです。
考えてみれば、今シーズンに入ってからは、このサーフを大潮の最大干潮時に来た事は無かったので、調査不足と言えばそれまでなのですが・・・

沖のブレイクで立った波がさざ波になって押し寄せている状態なので、狙うとしたら沖のブレイクの先でしょうか?
その為には20~30mはウェーディングする様です。
手前の水深の無いエリアも所々深く成っていたりして、足場は不安定な状況です。
ランガン開始地点からウェーディングして、沖に向かってキャストを繰り返しますが、反応無く、それ以前に沖のポイントの見極めが正直付けれないです。
自分のレベルでは、まだこなせない釣法なのかもしれません。

釣行時間の見極めが失敗だったか・・・
今朝が釣れなかっただけに、今晩は釣れるまでは帰らない積もりで来たのです。
朝まで粘ったからって、必ず釣れるとは限らないのだけれど、磯の釣友達から学んだ最後まで諦めない気持ちは、結果への一番の近道と思っているので・・・

”粘ってやる!”

このチャンスに、地形の状態を確認すべく、ランガンを開始。
タイドやサスケ、を使用して、海底の起伏をチェックしながら西へとスライドして行く。
通常の倍の速度で移動して、一往復を完了。
ルアーにシーバスからの反応は出ないまでも、海底の状態はよく判った。
想像通りの地形の処もあれば、予想外の処も有り、新たに判った事も幾つか有った。

前回のヒットポイントは完全にヨブになっていたし、一番シーバスを釣っているポイントは、砂の尾根で囲われて、潮が満ちてくると見えない大きなプールの様に成っている事が判った。
シーバスは潮が引くと出て行ってしまうが、満ち潮に乗ってやって来て、見えないプールの中に止まって居るのかもしれない。
広いサーフだけれど、飛距離が近いエリアのポイントは、前以上に目星をつける事が出来ました。

朝に続き、先に来ていた潤平君と別れた後、1人作戦会議を開き、希望する潮位に成るまで仮眠を取ってこのサーフで粘る事にしました。
2時~5時の3時間でなんとか結果を出すべく釣行を続行です。

果たして、結果を残せるだろうか・・・

湘南サーフ(西側)
2006年11月6日 月曜日 2:00~3:30
月齢14 大潮 水温?℃


目が覚めると、時刻は2時少し前、仮眠を終えて、タックルを用意する。

眠い目を擦りながら、サーフに降り立つと、僅か3時間程度で水位は上がり、海の様相は何時もの見慣れた状態に戻って居ました。
干満差は1mまでは無い筈なのだが、妙に水位が高く感じられます。
狙いに近い水位に回復している様で、うねりも入り良い感じです。

目星を付けていたポイントに直接入ると、干潮時に見えた40m四方位のプールは完全に水没して居て、その存在は想像でしか見えて来ません。
波立ちから、干潮の時の様相は僅かですが想像する事が出来ます。

エリアがはっきりしているので、迷うことなくスライドしながら投げ続けます。
表層からレンジを下げて行き、キャスト開始から30分、狙いが間違いで無かった事が判明しました!

50m沖に在る、帯状のマウンドの手前の駆け上がり付近でヒット!
距離が在るも、暗い中でえら洗いするのが見えます。
シーバス!
追い合わせを2発入れ、巻き上げると首を振って抵抗します。
ロッドはバットから綺麗に入り、反力でそれをかわし、休んだのを見計らって、素早く巻き上げ、波裏で待機。
波を選んで、ランディング!
見えた魚体は、でかい!重い!
フィッシュクリッパーを口に掛け、安全な処までズリ上げると、驚いた事に、この秋2本目のランカーサイズでした。
e0066115_12102498.jpg

82cm、4.5kgの鱸です。
よし!
勝った!

壺に嵌った感じです。

その後も気になったポイントをチェックするも、此方はノーバイト。
予定時間よりもかなり早めではあったのだけど、目標が達成出来たので、疲れを残さない様に3時半で終了としました。
今回は釣果以上に得た物が大きく感じます。
狙って捕れた、そんな実感を持てる釣行でした。
e0066115_12272592.jpg

空には、13番目の月が光って居ました。

この先、結果を残せるかどうかは判らず、その事に不安が常に無い訳は無いのだけど、それをはね返して行く強い心が在れば良いと思う。
最後はやはり、気持ちなのでしょうから。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-11-06 05:34 | 釣り
<< 海は大荒れ 加速度 >>