10月の締め括りです。

西湘サーフ(西側)
2006年10月31日 火曜日 15:30~18:30
月齢8 長潮 水温?℃


久し振りに、生命感がたっぷりある海を見る事が出来た。
昨年末、西湘サーフに初めて行き始めた頃は、海にはベイトが沢山居て、マズメ時には小さなナブラがそこいら中で立っていた。
立ち上がる波の中にも、ベイトの影が沢山見えたけれど、今年はそんな状況には一度も遭遇していない・・・

初めて降り立ったサーフは聞いていた通りの状態でした。
道から海を見下ろした段階ですでにナブラが立ってるのが見え、サーフに降り立ってからは、まさにそこいら中で小魚の逃げナブラが発生していた。
e0066115_4233060.jpg

日が高いうちから投げ始め、何時何が起きても可笑しくは無い状況でしたが、反応はなく、
日没後に期待したけれど、やはり反応を出す事は出来ませんでした。
初めてのポイントとはいえ残念です。

この処、釣行回数が多く、夏に痛めた右肘の痛みがひどくなってきたので、引っ張らずに18時半で終了としました。
(余談ですが、右肘痛は”野球肘”とゆうらしく、回復には1ヶ月の療養か、1日50投以内に抑える必要が有るそうです。はっきり言って釣りのし過ぎのようです。(^^;))

ポイントの状況を把握する事は出来たので、次は夜になってから乗り込みたいと思っています。

湘南サーフ(西側)
2006年10月31日 火曜日 19:00~20:00
月齢8 長潮 水温?℃


まっすぐ帰って、体を休めればいいのに、ついつい昨日のサーフにも寄って仕舞いました。
(^^;)
1時間程度広く探って見ましたが、昨日と状況は変わらず、良い処無しで直ぐに終了となりました。
やはり、湘南サーフ(西側)は、シーバスが沢山居る訳では無く、かと言って、全く居ないわけでも無い、そんなサーフなんだと実感しました。
シーバスの居場所を把握する事が出来れば良いのですが、まだまだ到達出来ない領域の様です。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-10-31 23:59 | 釣り
<< 北の国からの贈り物 ランカーチャンスのはずが・・・ >>