ランカーゲット!・・・拾い物ですが(^^;)

友達のmuminは、今朝、メッキ狙いで、某石積みへ出撃を予定しているそうな・・・
人の釣行予定を聞くと自分も行きたくなって仕舞うのは釣り人のさがなのでしょうか?
仕事前もあり、あまり時間ぎりぎりまで釣りは出来ないので、1人早めに入ってサーフでシーバスを狙った後合流する事にしました。
メッキに割ける時間は、あまり無いけれど、シーバスさえ釣れれば納得出来るかな?

湘南サーフ(西側)
2006年10月27日 金曜日 3:30~4:30
月齢4 中潮 水温21.5℃


サーフに降り立つと、海況は全体的に凪って居たので、多少でもうねりが入って波立ってる処を中心に攻める事にしました。
ルアーは、何時も通りに最初はアイマは封印して、タイドやk-tenを投げます。
世間一般で信頼の高いルアー達も、自分で結果を出せなければ、意味が無いわけで、信じれるルアーを1つでも増やす為に、なんとかヒットに漕ぎ着けたいと思って居るのですが、なかなか上手くは行きません。

最初にチョイスしたルアーを投げ続けていると、ふと足下に、何か転がっています。
もしや?と思い、ライトで照らしてみると、やっぱり!今年初の茶筒が転がっておりました。
瀕死状態ですが、指で突っつくと動きます。(^^;)
ラッキー!迷うことなく、キープ致しました。

後で合流する予定のmuminの分も拾おうと思い、シーバスを一時中断して西に捜索の手を伸ばしたのですが、2杯目はゲット出来ませんでした。

捜索終了後、某石積みに移動するにはまだ早かったので、元のポジションに戻って再びルアーを投げます。
結果を出したいルアー達を中心にローテーションして行きますが、アタリ無く時間だけが経過していきます。
釣れ無くても、少しもおかしくは無い・・・
むしろ、秋シーズンが始まってからの自分の結果は出来すぎている・・・
サーフでのシーバスが、そうそう釣れ無い事は、冬のサーフで痛い程経験してきているから・・・

移動する時間が迫ってきたので、最後に残しておいた、いつものコモモを投げる事に・・・
そうは言っても、そうそう釣れ無いだろう・・・
一投目、キャスト~・・・・・・反応無し・・・
二投目、キャスト~・・・・・・反応無し・・・
三投目、キャスト~・・・・・・反応無し・・・
やっぱり・・・・・・・・・(^^;)

コモモを投げ始めて、10投目位だろうか?
予想外な事が・・・
ファーストブレイクとセカンドブレイクの間の少し掘れた所で、いきなり、ヒット!
合わせを入れて、リーリングを開始すると、えら洗い1発・・・えら洗い2発・・・
シーバス!
信じられない・・・まるっきり前回と同じパターンなのです。

ロッドは、最近サーフではあまり使用していないsps962ss-tiでしたが、シーバスのパワーに負けることなく、上手く寄せ波に乗せてランディング。
e0066115_1263142.jpg

又しても、フッコサイズですが、ゲット出来ました。
自分自身、信じられない事ですが、どうやらパターンをつかんだのかもしれません。
サイズは今一つ伸びないのも、此のパターンで釣っているから。
同じサーフで、同じ様な場所に付いているシーバスは、サイズも同じ位の様です。
贅沢な話ですが、サイズアップを望むのなら、違うパターンで釣るしかないのかもしれません。
釣れ無くても、さらなるサイズアップを目指して、自分を変えて行く・・・
かなり難しい事ですね。

4時半をもって石積みに移動後、muminと合流したけれど、シーバスタックルでメッキを狙う気には今一つなれず、直ぐに終了としました。

茶筒が居ると有れば、ビックなシーバスも入って来るはず・・・
これから先、かなり期待が持てそうです。
どんなパターンで引き出せるか、さらなる課題をなんとかこなしたい物です。
作戦練って、又、行きます。

帰ってから、茶筒を計ったら、まさにランカーでした。(^^)
e0066115_12323077.jpg

[PR]
by uniglobe1 | 2006-10-27 12:37 | 釣り
<< ランカーチャンスのはずが・・・ 今シーズン最後のオフショア。 >>