遂に、たどり着いた・・・

台風のせいで、明後日位から海は大荒れに成るでしょう。
週末の大潮は、竿を出せる期待は持てそうに無い様です。
かなり期待していただけに、残念です。

今日の潮回りは、大潮前の中潮、だいぶ条件は良くは成って来ました。
海が荒て居ない今の内に、少しでもチャンスを拾う為に、今朝も再び西へと向かう事にしました。

湘南サーフ
2006年10月4日 水曜日 3:15~5:30
月齢11 中潮 水温?℃


サーフに降り立つと、結構な波が、彼方此方で打ち寄せてきています。
このポイントで、これだけ波があるのは、初めての事で、どうやって、何処を攻めるか少し悩みました。
考えた末に、一番波が立ってるポイントに直接入る事にしました。

昨年末のサーフでのシーバスは、かなり荒れている状態でも釣れていたのを記憶しているので、荒れていても、今は信じて投げるのみ!
潮位と荒れ具合から、ルアーはやっぱりサスケ!
SF120裂波で、波を切り裂き魚を引き出す事を期待して、キャスト~

投げ続けて居ると、いろんな角度から波が打ち寄せてきます。
波の立ち方から自分なりにポイントを絞り込んで、集中して投げ続けますが、なかなか、アタリすら出せません。
当然な事なのかもしれません、そう簡単に釣れ続けるわけは無い様な気がしたりもします。
(^^;)

でも、今日もサスケはやってくれました。(^^)/
波裏、至近距離でヒット!
前回以上に至近距離で、かなり波が有る中でのヒットです。
うち波に乗せて、難無くランディング!
e0066115_10374163.jpg

かなり厳しい状況では有ったかと思うのですが、なんとか引き出す事が出来ました。
時刻は3時40分。
まだ、開始から30分弱?
集中していたせいか、もっと時間が経過して居たのだと思ってました。
開始から、少なくても1時間以上経っているとは思った位です。

まだ、時間が有るので、2匹目を狙って投げ続けます。
フル・キャスト~・・・・・・・・・

・・・流石に渋く時間だけが経過して仕舞いました。
波もだいぶ小さく成り、少し東側は凪って居ます。
波が立っているエリアは、散々サスケを投げ探り続けて居たので、残りの時間は、波が立ってないエリアを、コモモで探る事にしました。
投げては巻き、投げては巻を繰り返し、少しずつ東にスライドして行きます。
5時を廻ると空が少し白んで来ました。
5時半迄は投げ続けよう、などと考えていたら、いきなり、波打ち際でヒット!
合わせを入れて、リーリングを開始すると、えら洗い!
見えた魚体は、で・でかい?・・・
何巻もし無いうちに、後ずさりながら、ランディングに入ろうとすると、波がなさ過ぎて、ランディング出来ない~
こんなの、人様の釣行記でしか体験した事のない状況です。(^^;)
かろうじて、打ち寄せた小さな波をつかまえて、引き上げると、そのあまりの重さでランディング途中で止まってしまいました。
に・逃げられる~

頭を過ぎったのは、昨年末に始めてサーフでシーバスがヒットした時に、波打ち際でばらして仕舞い、フックアウトした魚体が足の間をすり抜けて行った時の事。
タックル放り出してでも抱きつけば、捕れたのに、それが出来ず、結局冬場にサーフでシーバスを上げる事は、出来なかった。

今回は、迷いは無かった。
タックルを放り出し、微妙な位置に横たわるシーバスを横四方固め!
こうゆう時に限って、波が打ち寄せ、背中から浴びてしまいました。
でも、ゲット!
波の来ない処で、1人叫んで仕舞いました。(^^)
よし!
e0066115_11254773.jpg

重さ5キロ弱83cmの自分に取って十分ランカーと呼べるシーバスでした。
サーフでのシーバスを追い始めて一年弱、記憶に残る良い釣りが又出来ました。

時間切れにて終了。
ほくほくしながら、誰も居ないサーフを後にしました。

右手肘の腱鞘炎がひどかったので、これで、少し身体を休める事が出来ます。

でも、又直ぐに、サーフ行っちゃうでしょ~ね~。(^^)
[PR]
by uniglobe1 | 2006-10-04 11:39 | 釣り
<< 結構、ミラクル! 青物不在です。 >>