シェイクダウン

湘南サーフ
2006年9月28日 木曜日 20:45~22:30
月齢5 小潮 水温23℃


今晩の釣行は、家庭の事情で時間制限有り、タイムリミットは10時半です。(^^;)

サーフに降り立つと、海は凪ぎ、波が立っているのは、水深が殆ど無い処に限られています。
前回釣れた時以上に波立ちが少ない状態です。
波が立っている処は、サーフからは狙えないので、防波堤の突端から狙う事にしました。

今夜の釣行は、新しいリールのシェイクダウンも兼ね、ルアーも新規導入の、コモモスリムSF130レッドヘッドをまずは使用します。
波の際の水深のあるポイントを狙って、キャスト~・・・

ルアーが着水後、ベールを戻し、竿を煽って糸ふけを取ってから、リーリングを開始。
何時もと同じ動作をしていると、初投にも関わらず、”ゴツゴツ”とあたり・・・?
リーリングの速度を抑えると、”グ・ググ~ン!”ヒット・・・・・・?
ドラグが効き、ラインが出ていきます。
エラ洗い!
フックオフ~・・・・・・(T_T)
いきなりですか~! 
ルアーでの釣りは突然とは言え、一投目からでは余りにもビックリしてしまいます。
俄然やる気が出て、投げ続けますが、その後は反応が無くなってしまいました。

こうゆう時は、場を休めた方が良いのかな?と思い、今度はサーフへ移動。
波打ち際を様子を見ながら歩いて行くと、リンク先のalainさんがキャストしていました。
今夜の状況など、暫くお話しをしていると、正面でライズ!シーバス?
投げずには居られません、再び戦闘開始です!

波打ち際を、西に向かって、ランガンして行きます。
明確な当たりはあまり無いものの、波打ち際の至近距離でシーバスらしき、ミスバイトは有り。
釣れそうな状況で有る物の、ヒットにはなかなか居たらず、今晩一緒に行ったmuminに追いついた頃には、残り時間は30分に成って仕舞いました。

残り時間は、西の外れでキャストをし続ける事にしました。
西の外れは、部分的に水深が浅く成って居る様で、フルキャストして巻いてくると、途中でルアーが底付きしている感じです。
投げ続けていると、アタリを感じ、反射的に合わせると、ドラグがなき、ロッドが絞り込まれます。
ヒット!・・・・・・・・・しかし、直ぐに生命反応はなくなりました。
ボラ?シーバス?
同じ様なアタリがもう一度あり、3度目でついにのせる事に成功!
重量感が有る引きですが、夏場にいろんな青物やシーラなどを釣っていたお陰で、落ち着いてやりとりが出来ています。
波打ち際でも、無難にランディング!
ボラじゃなくってほっとしました。(^^)
e0066115_756286.jpg

タイムアップまで10分ちょっとの残りでした。
揚がったシーバスを見て、muminは俄然やる気に成っていたので、ヒットルアーのコモモを渡して帰途に着きました。

あがって来たシーバスは、実に何年振りかでのスズキサイズで、相模湾では初です。
開幕戦のフッコに続き、さい先の良いスタートが切れました。
シーバス秋の陣用に新たに購入したc3000も無事にシェイクダウン出来ました。
非常に調子よく、良い戦力に成ってくれそうです。

ランカー目指して、頑張るぞ~お~!
又行きます。(^^)
[PR]
by uniglobe1 | 2006-09-28 23:59 | 釣り
<< 釣りに行かなくても、釣りの事・・・ なんとかゲットしたけれど・・・ >>