リベンジ~(^^)

昨日の結果がどうしても納得いかず、仕事を調整して、午後、再びサーフへ出る事にしました。
今朝のマズメは昨日とは打って変わって、かなり渋い状況だった様ですが、魚が居ない訳はないので、新たな準備をして冬に通い込んだサーフへと行く事にしました。

西湘サーフ
2006年8月27日 日曜日 15:30~18:00
月齢3 中潮 水温25℃


サーフに降り立つと、日曜日と有って、人は少し多めな感じです。
釣れている様子もなく、みんなのんびりと釣りをしている感じです。
東に少し歩いて、何時もの流れ込みの脇で釣り座を取り合えず確保する事にしました。
海は100m位先に潮目が横に走り、ベイトが表層を泳いでいるのが沢山見えます。
結構、良い感じ?

前回に変えて今回は、ベイトのシラス対策として、シラスジグや疾風など何種類か小型のジグを持ってきたのと、1oz程度のジグには赤と白のフェザーフックを用意してきました。
サビキは何時もの4本針を使います。
やれる事は限られているけれど、良い結果を目指して・・・キャスト~

風は少し向かい風、思った程飛距離が伸びません。
暫く投げ続けていると、潮目の近辺でパラパラと小規模ではありますがボイルしているのが見えます。
どうやっても届かない距離・・・
海は波が低く、潮目も綺麗に見え、ベイトの小魚が表層を泳ぐ波紋も多数見受けられています。
フルキャストしたジグの少し先で、大きな波紋が、幾つか弧を描いているのが見えました。
鯖?
かなりゆっくりした速度で表層を泳いで居る様です。

ジグを40gのギャロップに交換・・・フルキャスト!
狙い通りに着水、表層をツイッチかけながらミドルな速度で巻き上げ・・・ヒット!
読み通りでした。(^^)
上がってきたのは、少し小振りな真サバでした。
e0066115_22332543.jpg

魚の処理をして、再び海に向き合うと、波紋が同じぐらいの距離で、何ヶ所か出ています。
ナブラが立たないまでも、魚っけは多く、波紋の動きを見ていれば、狙い打ち出来るはず!
何投後かに、再びヒット!
周りはさっぱり釣れていないのに、良い感じです。(^^)
e0066115_22374811.jpg

フェザーフックが効いているのでしょうか?
久しぶりに、壺に嵌った感じがしました。
追釣劇は続きます。
底まで沈めて、ジャークをかける事も何度かしましたが、今日は、表層狙いが良さそうな感じです。

5時の段階で6匹の真サバをキープ出来ました。
弓角を投げて居る方やジグを投げてる方が、少し不思議そうな表情をしていますので、ちょっと、えっへん!って感じです。(^^)
少しの工夫とフィールドを見る目が、身を結んだからだと思うのですがね~

帰ろうと片付けて居ると、いきなり射程圏内でボイル発生!
目の前の方は入れ食いです・・・
自分もほんの少し外れで参加、2尾ばかりキープして終了と致しました。

本日の釣果
e0066115_4595365.jpg

納得行く、釣行でした。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-08-28 05:01 | 釣り
<< 回復した筈では無かったNO 納得いかず・・・ >>