夏の風物詩

今日は、再びオフショアキャスティングゲームです。
石川にあるキャスティングが主催での企画で、狙いはシーラです。
先日のワラサ狙いのキャスティングゲームは、ナブラが立たず、結局不成立に終わって仕舞いましたが、今回はいかに?
自分は、陸っぱりでも、シーラは捕獲実績はなく、ネットで画像を見た事が有る位・・・
ちょっと不安(^^;)
にわか仕立ての、オフショアルアーマンですが、出来る限りの準備はしました。
良い結果が出せると良いのですがね~

相模湾
2006年8月19日 土曜日 6:00~13:00
月齢24 若潮 水温?℃


4時半位に駐車場に着くと、もう結構な人が船宿の前には集まっていました。
朝っぱらから、皆さん元気です。
自分は、昨夜は興奮してか?さっぱり寝続けれず、夜中に何度も目が覚めて仕舞って、なかなか朝はやって来ませんでした。
もう40才だとゆうのに、遠足前の小学生とほとんど変わり有りません。(^^;)
ちょっと心配なのが、寝不足での乗り物酔いです。
坊主になるよりも、有る意味恐ろし~

シーラ船に一緒に参加する、ド級さんとたろパパさんを待ちながら、駐車場で1人、タックルの準備を進めます。
持ち込むロッドは2本、メインのキャスティングロッドと、サブのジギングロッドです。
どちらも、この夏に購入した物で、まだ何の魂も入っては居ないんです。(^^;)
リールは6000PGと4000HG、共にPE34lbとリーダーは40lbの組み合わせにしました。

ド級さん、パパさんと合流後、受付を済ませ開会式、キャスティングの鈴木さんが開会を宣言した後、期待に胸をふくらませて、乗船です。
知らない人で一杯ですが、結構大型の船で、思ったよりも余裕が有りそうです。
乗船後に、点呼してから出船と成りました。
e0066115_2145473.jpg

見慣れた相模川の河口も船からだと心なし違って見えます。

潮色は岸際だけでなく、沖に出ても良くは有りません。
どうしたとゆうのか?
台風後の潮の入れ替わりと、魚たちの荒食いを期待したのですが、ナブラも立たず、鳥山も無く、
なんか今一?
先日のワラサ船での恐怖が蘇って来ます。
e0066115_4554637.jpg

船は浮遊物に付いているシーラを探しながら南下を続けます。
流れ藻や流木を見つけてはキャストする事を繰り返し、気が付くと陸地が小さくしか見えない海域まで来て仕舞いました。
こんなに走るとは!
きっと、近場で群れを見つけられれば、遠くまでは行かないはずです。
やっぱり状況は良く無い様ですね~・・・
今日も走り廻って終わりになる可能性が、多少ですが出てきました。
獲れたとしても、ふらつきのはぐれ者で、自分がヒットさせれる可能性は低いでしょう・・・
でも、なんとしても!小さくて良いから1匹は釣りたい!
アピール力が有って、尚かつヒット率を高める為に用意してきたルアーに希望を託します。
ジャクソン・ピンテール35改!
テールフックをブレードに変えた、ネットで情報を拾って用意したルアーです。
大物狙いは、1匹釣ってからでも遅くはないですから・・・

船は約3時間かけて走り、初島の手前で折り返し、帰途に期待を託します。
船長さんは、行きとは違って、帰りは潮目の中をゆっくりと船を走らせています。
シーラが居る可能性大?
海面に目をこらしてると、小さいですが自分の目で、初めてシーラを発見しました。
ふらつきの、単発?でも、誰もヒットさせれませんでした。
残念!
更に船を進めると、今度は3尾が群れて、船の後方に泳いで行きました。
期待に胸が高鳴ります!

10人以上のルアーマンが投げ続ける中、最初に静寂を破ったのは、やっぱり、ド級さんでした。
流石で御座います。
羨まし~(^^)
1匹目が上がったお陰で、船上がにわかに活気が出てきました。
自分も釣りたいです!が、現状では釣れない可能性も大?
1尾ゲットするまでは安心できないのです。(^^;)

釣り座をローテーションさせて、右舷に移った直後の事、自分のルアーを追ってきてる魚影を発見!
食わせの間を作る為に、スピードを落とした瞬間・・・ヒットしました!
船中、2ヒット目ゲットです!
えらい勢いでラインがドラグを効かせながら出ていきます。\(◎o◎)/!
す・凄いパワー・・・
シーラの走りに合わせて、船後方へ移動。
数少ない、ワンチャンス、なんとしても、捕りたい!
キャスティングの鈴木さんが、側に来て、ロッドワークを指示してくれてます。
何度か走られたのをかわし、なんとか船縁に寄せる事が出来ました。
船長さんが、タモを出してくれて、ランディング!
122cmの初シーラ、嬉しいです。
e0066115_5565861.jpg

興奮で足がガクガクしてます。
1尾獲れて、ホッとしました。

と、束の間、船が凄い勢いで走り始めました。
エンジン音が高音を発して居ます。
理由は?
鳥山を発見したようです。
鳥山の下にはイワシ玉が有ってその下にはシーラが付いていました。
e0066115_6404735.jpg

船が近づいたので、イワシは船の下に潜り込み、船の周りをシーラがぐるぐる回り始めました。
これからは、入れ食いタイム!みんなが、ヒットの連続です。
前半、苦労した分、喜びは一塩です。
ヒットが多い反面、バラシも多いですが、ルアー操作やロッドワーク等、勉強に成りました。

船長さんの好意で多少時間をオーバーしてから、帰途につきました。
沈めるタイプのルアーを余り持って来なくて、苦戦を強いられていたパパさんも最後の最後でゲット!
みんなで笑えてハッピーに成れてホントに良かったです。
帰りの船上は、みんなそれぞれの満足感に満たされていた様に感じました。
e0066115_6575827.jpg

前半、反応が薄かった分、企画を立てた鈴木さんも感無量といった処でしょうか?
自分も初シーラ船にしてメーターオーバーをゲット出来、大満足です。
雄雌1尾ずつ追釣して、トータル3本しか上げれなかったけれど、十分でした。
不安と焦り、感動と興奮、そんな釣行でした。
朝とは違って、帰りは新港に船が着きました。

今回お世話して頂いたのは、平塚港の浅八丸さんです。
とても感じの良い船宿さんでした
鈴木さんをはじめ、キャスティングのスタッフの方々には沢山のサポートをして頂き有り難う御座いました。
初めて経験したシーラ船ですが、こうゆう形からであれば非常に入り込みやすく、誰でも気軽に大物釣りが出来るので、お勧めです。
来年もきっと企画を立ててくれるでしょうから、その際は是非参加してみるのも宜しいのでは、ないでしょうか。

さて、次はどうしますかね~
[PR]
by uniglobe1 | 2006-08-19 23:59 | 釣り
<< づけ アシストフック >>