ベイトは何処へ?

西湘サーフ
2006年7月4日 火曜日 4:00~7:00 8:00~9:30
月齢8 小潮 水温22℃


駐車ポイントに着くと、先日磯で会ったばかりのシーマンさんが居て、何か不思議な感じ?
釣りの世界は広いと思って居たけど、ドップリと漬かって仕舞うと割と狭いのかもしれないですね。(^^;)

段取り済ませて、サーフに降り立つと、先日とは打って変わって良い感じです。
わりと好きな波立ち加減で、濁り具合はよく分からないですが、今日はバッチリ釣りに成りそうです。

・・・が始めてみたら、今ひとつ
河口周辺から、始め、西へとスライドしたのですが、反応が出ません!
今回初めて、サーフでジグにサビキを装着したのですが、カタクチがほとんど掛かって来ないです?
ベイトが不在?
この状態だと、サバなどの大きな回遊は期待出来ず、はぐれた個体を狙うしかなさそうです。
結構厳しい状況です。
これじゃ、ランディングの練習どころか、一匹を釣ることさえ出来ないかも?

あっと、ゆう間に明るく成って、朝一の時合いが何事もなく過ぎて行きます。
シーマンさんは、渋い状況下ながらも、狙い通りにイシモチをゲット!
通い込んだ者ならではの強さを少し感じました。
仕事前釣行のシーマンさんと別れ、ベイトを探して今度は東へと向かいます。
しかし、此方でも、ベイトは不在でした。

天気も良く成って、取り合えず一休み。
空が青い!
e0066115_19333431.jpg

寝転がって空を見ていたら、小一時間眠ってしまいました。(^^;)
釣れてはないけど、気持ち良いです~
寝てる間に、釣り人は少なくなり、河口部周辺を除けば、何処でも投げれます。
e0066115_1939796.jpg

休憩後、再び西に移動。
カタクチが沸いてくるのを期待しながら投げ続けますが、一向に起こらず・・・

しょうがないので、磯場で同じ様な渋い状況下で何時もする、底を意識したジグ操作をし続けて居ると、いきなりヒット!
(渋い状況下でのヒットはホントに突然ですが、体は無意識に一連の動作をこなしてくれました。)
竿先から伝わる生命感は小!
小さいサバ?それほどのパワーは有りません。
距離感を掴みながら、打ち寄せる波に乗せると、イシモチであることが判明。
そのままテンションを抜かずに、後方に下がって無事ランディング!
魚が小さいからでしょうけど、今回は、結構上手く行きました。(^^)
e0066115_208955.jpg

ヒットルアーは、ムーチョルチア改ウロコ仕様25gです。
慣れていれば、ぶち抜くサイズでしょうが、練習ですから・・・
ヒットからランディングまで綺麗な流れで出来たので満足できました。
大きなパワー有る魚でも同じ様に出来る様に成りたいです。

その後は海に変化無く、日差しも強くなってきたので9時半で終了としました。
魚は余り釣れなかったけど、少しでも得る物が有ったので、今日は○!
又、仕事前にでも、サーフ行ってみます。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-07-04 20:32 | 釣り
<< イタリアンな食生活の為に その2 思い立ったら、西湘サーフ! >>