小爆

釣れる人と釣れ無い人の差は何か?
先週の仕事前釣行2日目は集中力不足も有ったので、正確には判らないのだけど、何かの差?違いがが有るのを感じる物が有りました。
魚が居る処までの飛距離と泳層はクリア出来ているはずなので、後はジグの特性とそれを動かすアクションがおそらく、問題となるのでしょうか?


2006年5月30日 火曜日 4:00~10:45
月齢2 中潮 水温?℃


壊れ掛けたジグをリメイクしたり、フェザーフックを作ったりしていたら、仮眠程度にしか睡眠は取れ無かった・・・
でも、寝不足でも遊びとなると気分は爽快!厳禁な物です。(^^)
磯に降り立つと、先行者は無し、今日は一番乗りです。
薄暗い中、タックルを準備して、右手の磯に立ちます。
海は思った以上にうねりがが残っていて、潮位が高いので、磯場は時々波に洗われています。

波を被らなそうな立ち位置から、朝一番はやっぱりジグサビキ。
3本針のサビキにヅグを装着して、キャスト~・・・

空は少し明るく成って来ましたが、カタクチの反応はまだ出ません。
本格的に動き始めるのは、明るく成ってからでしょうし、鯖は又その先と成るのが、この処のパターンでしたが、今朝は違いました。
カタクチがまだ釣れて居ない、4時半過ぎに、いきなりフォール中にヒット!
小型なので難なく巻き上げ、抜き揚げると、やっぱりサバ君でした。(^^)
e0066115_0423765.jpg

魚の処理をしていると、隣で投げていた方2人もヒットして居るではありませんか!
w(゜o゜)w オオー!
処理を済ませ、釣り座に戻ってキャストすると、何投もしないうちに、又ホール中にヒット!
良い感じ~♪
少し遅れてきた、mumintとまっちゃんも左手の磯で、竿を曲げています。

”今日は、ひょっとして、今年初の爆?と成るのかも?”と思いながらも、釣り続けるかどうかはお魚さん次第なので、”釣れるうちに釣っておかなくては”と、サビキを外し、ジグを昨日作ったウロコスペシャルに交換。
今度は磯場中央部からキャスト~・・・
投げ続けていると、今度は巻き上げ中にヒット!
引きが強く、少しドラグを聞かせながら、横へと走ります。
き・気持ちいい!
揚がってきたのはやっぱりサバ君です。
e0066115_12452.jpg

5時半までに5ヒット1バラシ4ゲットと、自分にとっては今年一番の高活性状態で有ったのですが、急に食いが渋り、6時にはマッタリモードと成って仕舞いました。
何故?
プラチナタイムが1時間前にずれたかの様な状態です。

7時に、仕事前釣行のmuminは、釣果に満足を得られないまま、帰っていきました。
お休みだと、まだ粘れます。(^^)
釣り人が大分増えたので、左手磯場でまっちゃんと投げ続けます。

日が高く成ってからも、距離はあるけれど、ナブラが立ったり良い感じの海ですが、釣果には繋がっていません。
向こうに見える磯場でもサバの姿は少なく、割と何時もと変わらない状態です。
そんな中、まっちゃんは食いが渋ってからも、釣り続けています。
何が違うのか?
ベイトが浮いては居るけれど、底にも居て、サバはそれに付いて居るのは判っている事。
完全に底を狙って、ジャークを掛けたり、小刻みに叩いたり、ずる引きしたり、あの手この手でやってはいるのだけど、明らかに釣果に差が出ています。
自分のやり方でもヒットは出て居るのですが、プラチナタイムでは無かった差が、この時点では大きな差と成って仕舞いました。

並んで投げているにも関わらず、あまりに差を感じたので、キャスト後ちょっと横に並んでみました。
ロッドをシンクロさせジャークを掛けると微妙な違いが有ります。
”こんな感じ?”とロッドの角度と振り幅、ティップの使い方を真似て居るといきなりヒット!
(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-釣れちゃいました。
2人揃って大笑い!
魚の処理を済ませてから、今度は”今まではこんな感じてジャーク掛けていたんだ”とロッドを振っていると、またまたヒット!今までのも捨てた物ではないのかも?でも、おかげでジグアクションのバリエーションは1つ増えました。
勉強になりました。
e0066115_1504111.jpg

最終的にキープは8尾で終了。
攻め方が良ければ、もっと釣果を伸ばせたはず、まっちゃんは軽くつ抜けしてました。
でもとても楽しめた、釣行でした。
やっぱり釣れるのは、楽しい物です。(^^)

帰ってから、まっちゃんやド級さん、自分のロッドワークからジグの動きを考えて居たら、少し何かが掴めた気がします。
次回釣行時にでも、掴めた物を、もう一度試して見たいと思ってます。

又行きます。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-05-30 23:59 | 釣り
<< 思考錯誤を繰り返して! 暇が有ればせかせかと~! >>